2021年09月18日

ワタクシが気に入ったキーボード なんちて

フルキーボードをいくつか持っているが・・・つーか、中古ノートPC数台あるので外付けキーボードが必要なので、つーか、ノートPCのキーボードは使わない派なので・・・そんなのありか。

つーわけでキーの打鍵の感触が良いキーボートとして2mm Strokeを探したら安いものはテンキーなしのスリムタイプなのでSANWA SUPPLY SKB-SL18BKN買った。ヨドバシに注文したら翌日の朝の8:30頃に届いたぜ・・・・ 素晴らしいぜ、ヨドバシカメラ、おら大好き!!
image

これはキーボード叩いたときの感触はいままでのメンブレン方式のと違う。快適である。
ところがワタクシが使う場合の欠点があるのだった。左端下のCtrlキーが小さい。それはSpaceキーが上のキーの4個分の幅を持っているのでバカタレ設計だろ。Spaceキーを3個分の幅にしてよく使うCtrlキーの幅を広くするのが好ましい。ただ、SANWAの設計者はそう考えなかったんだろな。
数日使った感想は、キー打鍵の感触は良い。だがスリムボードは使いにくい。矢印きーは小さいしPage up,down等と兼用だ・・・ これはノートPCのキーボードでは普通ですね。
なんで、こんな小さいキーの・・・ワシャ、こんな小さいの嫌じゃーー!! となって結局はフルキーボードをメインに使うワタクシであった(笑)
このSANWAのテンキーなしのスリムキーボードはノートPCで使うことにする。DELL E6400はキーボードのキー1個壊れているんでね・・・・(´・ω・`)

さて、ではフルキーボードして何を使うか・ワタクシの手持ちのキーボードは次のとおりである。
iBUFFALO BSKBU18
SANWA SKB-L1UBK
ELECOM TK-FCM085
BUFALLO BSKBU100

そして、ワタクシが10分ぐらい文章を書いて試した結果、BUFALLO BSKBU100 をメインで使うことにしたのであーーる。

ちなみに 760円@ヨドバシって・・・・・ (笑) 笑うところではないぞ。

よく見ろ、そのデザインを。下端あたりにゆるい丸みを持たしている。いいのだ、そういうちょっとした工夫が。打鍵感触は手持ちのキーボードずのなかで最もよい。ただし、SANWAのスリムのパンタグラフ方式のとは違う。打鍵はSANWAのスリムのが良い。
しかーーし、フルキーボードは便利。
ワシ、小さいキーボードより大きいの好き。スマホのような小さな画面よりデカイPCモニターが好き。ちいさいおっぱいよりでかいのがすき・・・こらこら。

というわけだが、実際にパンタグラフ方式のストローク2mmのキーボードを使ってみて分かった事がある。
ストロークはメンプレンでも2mmから4mmと幅があるでばらん・・と思うよ。そして、打鍵の感触はストローク長だけでは決まらない。ここね。
打鍵の感触は実際にキーボードを叩いて使って、まあ20分ぐらい使ってみればわかる。
これは靴でも同じだ。靴屋で履いてみて、これ いいかもーーで買ってもね、家で履いて、散歩に出て1時間ぐらい歩いて、ああ、これは吾輩の足に良いわあ・・・とわかるのである。
使わないで、フィット感がわかる・・というのは錯覚であり妄想であるぞ。

だが、ワタクシは高給キーボードの感触というものを経験したい。3万円ぐらいで売ってるわな、東プレとか・・・・・ ああいうの、どういうの・・・・貧乏・金無しのワタクシが味わう事ができぬものであろう。。。ああ、ワタクシはカネがあったら一度は高給キーボードで駄文を書いてみたい・・・・ カネがあったら高給ソープで女優並のソープ嬢にあれこれされたーーーーーい、カネだ、カネがあればできる、カネがあれば何でも出来る、えいえいおーーー!!
   あれ? 

posted by toinohni at 18:40
"ワタクシが気に入ったキーボード なんちて"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: