2021年08月25日

痛風である 症状が出るまでの行動に規則性がある なんですとーーー

激痛で立ち上がれないという症状は数年前。両足に出た。右足が痛んでピーク過ぎた頃に左足が痛くなって、両足で痛いでござる・・が3,4日続いたのである。
その後は両足激痛は出ていないが夏場には結構痛いであるが出る。片足。
まず、毎日、体重計に乗っていた習慣が途絶えた。体重が83kg超過すると出るのだ。80kg未満で痛風が出たことはない。なので77kgぐらいまで減量しやがれ・・・・と言い続けて数十年(笑)

食事で肉が増えた。これは酒のつまみである。酒を飲むとワタクシは食欲増進、つまみパクパクモードに入る。さらにワタクシは貧乏性であり、美味しい肉だと腹いっぱい食べたくなる。
例えば、ミミガー・・・豚耳である。圧力鍋で煮る。酢醤油みそでタレ作る。旨いのである。作ったらみんな食う。
近所のスーパーで豚耳の煮込みを売っていた。独自の料理だ。醤油甘煮とか。買ったら一日で食う。美味しいので腹いっぱい食べるのだ。美味しいと あるだけ 食べるのだ。
これが魚でもそうであり、豚肉、牛肉でもそうであり。美味しいと全部食べる。貧乏の遺伝子なので、食える時に食う。ご先祖は食うものが少なくて苦労したので遺伝子は食える時に食えとワタクシに言う。
なので体重が増える。酒量も増える。酒のんで食欲増進で つまみパクパク。肉食い過ぎ・・・

てへー。

で、痛風が出る。いてーのである。

そして、体重計に乗らなくなったし、血圧測定もしなくなったし、一日5000歩数の散歩もしなくなったし、ヒンズースクワット一日100回のノルマも無視だし。

こうなると痛風が出るのである。

そこで、毎日の予定表を書いて壁に貼って、○とか☓とか書いてだね、なんとかしなくては・・と思った次第である。

今までは安い「ロキソプロフェン」を飲むとだいぶ収まったのだが今回は効きが弱い。あかん。もうしむーーーーーー(笑)

posted by toinohni at 16:22
"痛風である 症状が出るまでの行動に規則性がある なんですとーーー"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: