2021年07月31日

トランジスタ技術という月刊誌かある なあぁにぃぃみつけちまったな

これ、50年ぐらい前からある気がする。ワタクシが子供の頃からあった。中学の時に初歩のラジオ・ラジオの制作という月刊誌があって、近所の高校生のお兄ちゃんは「トランジスタ技術」というの持っていて。
よっしゃ、ワイもいつか「トランジスタ技術」を読めるようになっちゃる・・・と思ってから半世紀・・・(´・ω・`) 光陰矢の如しと言いましてね、えーえー。

で、CQ出版からメルマガが来る。LTSpiceでの回路例、問題があったりする。昔からこういうのやっていて、未だに続けている奴らがおるおるおーーーーるず。持続する・維持するって大事だよね。
ところで、ワタクシはこういうのあまり好きではないのだ。
image

なんじゃ、こりゃ?   読者増やすため出版社も頑張ってますってか。
そういえば、トラ技、インターフェースでアニメ出てきたのいつ頃からだろなあ。20年ぐらい前から出ていたか?  
昔、1980年代はトラ技は広告で分厚かった。エレクトロニクス分野に勢いがあった時代だなあ。その後、低迷。2000年代なかばには、随分 薄くなったなあと。広告が激減したのだった。広告はWebでやればいいしね、何も紙に依存する事はない・・・・ってんで出版社は苦境。
で、トラ技は上のようなアニメ使って若い読者を増やそうとしたんだろうなあ。すると、ワタクシのような昔のタイプの者は、なにこれ?  になちまう。
つーか、トラ技を40年間購読していれば内容はもうわかって。バターンがあるし。。えーと、40年はウソさ。実際は四半世紀だな、25年間は購読したど。いや、20年かな。1980年代はトラ技の広告を外してスリム化するのが流行ったぞ。だって、それやらないと本棚が直ぐに埋まるで。

てな感慨にふけってまして。。。たまには本屋でトラ技、インターフェースを眺めて見るか。買わないけど。ワタクシは本はなるべく買わない方針どす。捨てるのメンドイのどす。本を30冊ぐらい縛って資源ごみで出すのどす。重いどす。

でな、このアニメの作者、誰だっけな。トラ技・インターフェース等に記事を書いた人の娘だか親戚だか・・ってうろ覚えなんですけど。それは別の人か。

トラ技を紙ではなくPDFで売ってくれ・・・と思ったのだが、あるの、それ。でもべらぼーに高いのでして。1年分のトラ技がDVDにっての一回買ったことがあるが、二度と買わん。高い!! 
紙を止めて、ダウンロード販売に特化すればいいのによ・・・紙の出版社にこだわらなくてもいいのによ。紙だと印刷、流通とカネかかるだろよ。と思って20年。いまだに紙から離れられない業界だ。
さてと、こう薄くなっては月刊誌ではなく季刊誌になってもいいのではないかって思うワタクシ。

posted by toinohni at 07:53
"トランジスタ技術という月刊誌かある なあぁにぃぃみつけちまったな"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: