2020年05月13日

英語で知るアフリカの今 なあぁにいぃ・・・英語できんくせにぃ うるへー

https://www.voanews.com/africa/sources-ethiopian-forces-somalia-shot-down-kenyan-plane
エチオピア軍がソマリアでケニアの飛行機を撃墜・・・あー。

まず、エチオピア、ソマリア、ケニアの3国の関係はどうなのか?  朕は知識がないのである。バカ朕である(笑)

ここら、よーわかんないもん、わし。

ここらはバッタの大群によって、バッタ バッタと人が倒れ・・・ ちゃうわん。バッタ被害もある地域である。ソマリアは昔から扮装で話題になっているなあ。
バッタの大群。近隣諸国同士の扮装は日常茶飯事。やっぱ、黒人劣等論が正しいか。米国のノーベル受賞者が黒人劣等論を言い出して話題になったのも50年ぐらい昔か。
奴隷として米国等にさらわれ・・・・ うむうむ。
ここらだなあ。

西欧列強の植民地ぶんどり合戦でアフリカ諸国は西欧列強の争いの構図が遺伝として残り、当の西欧はEUという一種の共同体の設立当でまとまりを見せてきたものの、それがアフリカ諸国に影響することは少ない・・・・テキトー。
北アフリカでは独裁者のカダフィ大佐が殺されて20年ぐらいになるのか、10何年か。アラブの春という民主化の動きが。。。。期待されたものの、元の木阿弥どころか事態はもっと悪くなって内戦状態だという。リビアの話だよよん。

リビアは石油・天然ガスが豊富である。そして、アフリカ内陸部では天然資源が豊富である。そこに貪欲なバッタみたいな先進諸国が食いつく(笑)

まあしかし、アフリカはアフリカだ。今の状況が続きますね。そうだろね。アフリカは・・・大陸なので ちょ~広いのである。ヨーロッパの数倍の広さである。

それはそれとして、カメルーンの総選挙のやり直しの結果は出たんかい。3月の話だがな。

posted by toinohni at 13:40
"英語で知るアフリカの今 なあぁにいぃ・・・英語できんくせにぃ うるへー"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: