2020年04月19日

英語出来ませんが、知るかよ なあぁにいぃ・・・開きなおっちまったな

https://www.voanews.com/covid-19-pandemic/covid-19-cases-top-1000-crisis-prone-cameroon

カメルーン。アフリカの西側。大西洋に面している・・かな。

一般的にアフリカは紛争が日常茶飯事、そして食糧危機とか衛生状態の劣悪とか話題はそういう面が多い。
ドイツの植民地であったが、その後に英仏の植民地になり、結果として英語を話す地域とフランス語を話す地域が出来て、対立するようになった。隣のナイジェリア国境近辺ではナイジェリアの武装勢力が襲ってくる。国境防衛をどうするか、内部での対立をどうするか・・・ということに加えて新コロの危機だ。
衛生状態、医療のレベル。そこらを考慮すると感染者が急増する可能性は高い。・・・と僕は思ったのだが、現実はそうでもない。

つまり、僕はカメルーンに限らないが感染者がアフリカ諸国で出た場合には感染拡大が急速になってイタリア・フランス等を直ぐに超える、と予想した。
ところがそうではない。感染者、死者数は増加しているのだが、爆発的な増加ではない。イタリア、スペイン、フランスのようなドッビューーン感がない。

それはなぜか?   感染者数、死者数をカウントする能力がない。その可能性はある。だが、感染しても死に至るケースがイタリアほどではない、というのもありそうだ。

さらにアフリカ諸国は先進諸国のような密集した都市部が少ないというのもあろう。

とは言え、感染者数は増え続けている。これは注意だ。

中国が新規感染者数が頭打ちになったと中国共産党言う。信用できるかどうかは問題だけど。

その中国はアフリカ諸国に出張っていて、いろいろ悪評があって、だいぶ嫌われているような記事もある。

新コロは我々の社会の現実を直視するには良い環境を作ってくれた。

だれが調子よいことをテキトーに言うとるのか、注目だ。

もっとも北朝鮮では新コロの感染者は一人もいないという北朝鮮ほどデタラメを言う国はなかろうよ(笑) 北チョのデブは最近出てこないが生きているのか?

で、カメルーンだがな。2月の総選挙で不正発覚したので一部は3月にやり直したはずだが、結果はどうなのよ、きちんと書けよ、バカタレの鎌足!!

posted by toinohni at 14:04
"英語出来ませんが、知るかよ なあぁにいぃ・・・開きなおっちまったな"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: