2020年03月03日

ヤマダ電機ってのがあってな なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

父娘の対立による「お家騒動」の泥沼化で業績不振に陥っている大塚家具が、ヤマダ電機の傘下に入り、再建を目指す。3年連続で赤字の大塚家具は、不採算店の閉鎖や人員削減などを進めながら財務基盤を強化するために中国系企業などの提携先を模索してきた。そんな苦境の中、助け舟を出したのはヤマダ電機の創業者で経営の実権を握る山田昇会長だった。

----------------------------------------------------------
  ヤマダ電機は多角化を・・・かね。家電量販だけでなく住宅リフォーム、自社ブランドのスマホ EveryPhone 、今度は家具屋かい。

昔、コジマとの競争を制して成長を続けたのだが、ここのところ歯車が狂い始めた感があるともないとも・・・テキトー。

記事にあるような共倒れは起きない。いざとなったら切って捨てればよい。とテキトーにワタクシは妄想する次第である。
ついでにいうと、家電量販店と高級家具では組み合わせとして良くない。家電量販店と家具屋であれば、ニトリとか島忠とかのホームセンタークラスが最良であるとワガハイはテキトーに思う。

まあしかし、家具屋が話題に成るって貢献はしているよね、大塚家具って。

posted by toinohni at 13:05
"ヤマダ電機ってのがあってな なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: