2019年11月27日

写経だ、書き写しだ、書くのだ、書けえぇーーーー!!

  考えてみると小学校から大学まで先生が黒板に書きながら説明し、生徒・学生は書き写しつつ聞いていた事が多い。まーサボってノートをとらない事が多かったワタクシであるが。
その学習スタイルは意外と効果がある、あったのだなと最近考え直した。まーだいたいね、英単語は書いて覚える、漢字も書いて練習する、数式は導入過程を書いて覚える、公式も書いて覚える。そこだで。
技術系の受験対策も書いて覚える。だいたい計算問題がたくさん出るので自分で計算して正答を出すには書くしかない。頭の中で計算できるような便利なアタマではない。

ここにインターネット環境が登場し、コンピューター言語が多数登場し、しかもコンパイラ、IDE等がタダで使える。すると出版社は本のプログラム例をサイトからDL(down load)可能にする。そのぐらいしないと本が売れない。技術系サイトでもプログラム例はDL可能だ。
そこでワタクシはせっせとDLする。タダのVScodeでタダのg++, Pythonなど使い、DLした例題をクリック、クリック、あ、動いた!!   よっしゃ、学習 終わり!!   (笑)

そういうことを数年続けた結果、ワタクシのプログラミング能力はまったく向上しなかったのであります(´・ω・`)
ただ、環境構築には少しは詳しくなったである。特にPythonの場合にはPython versionとModule versionの組み合わせでは動作しない場合がたまにあり。その場合にはクリック、クリック、たのしーなー、という状況にならんのですわ。

というわけで言いたいことはプログラミング初学者は写経だ、書き写しだ、書くのだ、書けえぇーー!!   書くことでアタマに染みるものが多々ある。
とは言え、写経は短いコードだけね。誰が数千行も書き写すかよ、バカタレ!!
 
   いや、基本的なところは短いコードで十分なのだ。その短いコードは書き写せ!!  サイトからDLしてクリック、クリックして、あ、動作した!!  やったー、終わり・・・・ ではあかんのだ。

実は書き写すのも最近は楽でして。入力補完機能というものがあって。さしてプログラムって似たような記述が多々あるので、そこらはコピペして修正すると・・・・
そういうことをやっているとコピペがうまくなってEditorの使い方に慣れて・・・肝心のプログラムを書く能力は鍛えられていないという(笑)

つまり、便利なツールに頼るとね、初学者にとっては学習にならない場合もあって事だ。

と思った次第であるので、これから実験する。写経する。プログラムとしては10ぐらいで。全体の行数では1000行ぐらいにはなるが、コピペ多用します(´・ω・`)

posted by toinohni at 08:36
"写経だ、書き写しだ、書くのだ、書けえぇーーーー!!"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: