2019年09月17日

VScode on Win 10(1903) なんちて

出版社から例題をDLして保存して展開する際に、
>d:\出版社からDL\ハゲハゲ出版のPython例題\ というFolderに展開してですね。
そこをVScodeで開く。すると左枠にソース・ファイルがズラズラと並ぶである。あとは、クリッククリッククリックさー・・・・、となるといいなあ(笑)
tasks.jsonの設定は、Ctrl + Shift + b で実行だ。そしてCode RunnerはCtrl + Alt + n で実行だ。さらに、Teminalで開くにしてから、> python hagehage.pyと叩くのだ。それで動作するのだ。どうよ!!

ところが、今日、上の3つの方法のうち、Code Runnerでは動作しないのだ。Pythonがなんだかファイルがみつからないんだもん、って言って何もしないんだもん。PowerShellでして。

まーこれは例によってPathの日本語が悪さしている・・・と思った次第である。そこでPathを英記号に換えた。そしたらCode Runnerでも動作したんだもん。

で、実はPathに日本語があって動作しなくなったのは初である。今までのFolderは動作異常はなかったのである。たまたま日本語が何か悪いコードに該当したのであろうか。

Pathに日本語があると良くない・・・・という話は昔から知っているが動作するのが多いと日本語を使うんだもん。FPGAの開発ツールでも業者の担当者が、Pathの日本語は辞めて下さいよおぉーーと言うとった。20年ぐらい昔。うむうむ。

そういうわけなので動作異常が出たらPathに日本語は入れない。今、Pathに日本語があっても動作しているものはそのままだ。うむうむ。なむ

posted by toinohni at 10:28
"VScode on Win 10(1903) なんちて"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: