2019年07月06日

UbuntuではじめるLinuxサーバーにトライして四苦八苦の巻

https://shell-mag.com/portal-linuxserver/
だいぶ分かり易い。運営者は本も出している。図書館にあった。
で、このサイトの第一回から30回までトライ・・・・だが、WordPress, バージョン管理、アクセス制限等は試していない。
さて、四苦八苦したのはフォトギャラリーを作る回である。手順は記事のとおりに。と思うがなあ。
フォトギャラリーのサイトにつながらない。いろいろ調べた結果(テキトーね)わかったことはmariadbというデータベースが動いていない。それが動かないと写真を置けないからだろなあ。
Win 10 (1903) DELL OPTIPLEX からTeretermでサーバーDELL LATITUDE E6400 Ubuntuに接続する。ま~サイト記事の通りだ。
そこでmariadbの状態は、

sudo systemctl status mysqld
mariadb.service - MariaDB 10.1.40 database server
Loaded: loaded (/lib/systemd/system/mariadb.service; enabled; vendor preset: enabled)
Active: failed (Result: timeout) since Mon 2019-07-01 09:14:54 JST; 1min 34s ago

これはTimeoutでこけているねんです。

sudo systemctl restart mysqld と叩くと応答がなく。90秒ぐらいして次のが出た。
Job for mariadb.service failed because a timeout was exceeded.
See "systemctl status mariadb.service" and "journalctl -xe" for details.

restartしてから応答がない間にCtrl + cでコマンドに戻ってsudo mysqlとすると動作したのでmariadbは起動しているんだよ。90秒ぐらいは動いているんだ。。。よっしゃ、90秒間は使える!!   てかね。

似た症例を探すとあった!! 発見!!
https://narusejun.com/archives/24/

  mysql = mariadb って知った次第である。で、このurlの記事にあるAppArmorという機能の存在を知った次第である。ようするに起動はしたがOSが起動を検知できないのでTime outになっているそうだ。そこで次のように叩く。
sudo aa-remove-unknown
そしてスタート
sudo systemctl start mariadb

 これでフォトギャラリーが使えるようになりました。パチパチパチ。。。。だが、問題が。
夜にDELL E6400 サーバーの電源を落とし。翌朝に電源入れて。サーバーが稼働ですね。で、フォトギャラリーにつながらない。見たらmariadbが起動してない。正しくは起動して90秒ぐらいでtime outだ。症状が復活したがな!!
という事は、電源入れたら上の二つのコマンドを叩けってかよ。ということになる。
sudo aa-remove-unknownは電源入れるたびに必要だって・・・・ここらがですね、Linux,Ubuntuの仕組みがいまいちわかっていないので哀しいワタクシ。
よーし、LPICでLinuxの勉強だぁ!! 
ちなみにフォトギャラリーの画面はこういうの

image

posted by toinohni at 12:52
"UbuntuではじめるLinuxサーバーにトライして四苦八苦の巻"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: