2024年01月31日

中国経済の動向 知らんけど 傾向はこういう感じ

image

 

 

https://finance.yahoo.co.jp/quote/000001.SS/chart?trm=2y&styl=cndl&frm=wkly&scl=stndrd&evnts=&addIndctr=&ovrIndctr=

こういうのは上がったり下がったりするのだが、たぶん。全体として長いスパンで見て下がり続けているって事だ。
これがどのような現実かは中国の大都市での実感として何人かが状況を書いている。大都市、都市部とかの商業地の人出とかね。
興味があるならば探すといろいろと出てくるであろうぞの。

世界の工場として製造業の繁栄を謳歌した時代は過ぎた。海外資本が撤退を続けている傾向にある。不動産大手が倒産した。どーたらこーたら。経済誌等を読みませう。
そして新コロの変異株の発生の話もあれば、新コロではない肺炎の感染の話もある。

ま~とせないしませう。って感じ。

上がったり下がったりするのが株価。そのうち上がり始める・・・可能性はある。それがいつかはワタクシら凡人には分からぬであるぞの。
日本の株価は上がってきて高値で飽和か。上がったり下がったりするのが株価。上がり続けたらぱっちんだろし。
てなわけだが、日本の株価が上がるとワイは嬉しいのである。ワタクシの持つ金融資産が・・・・・・・ププッ)   って感じなのであるぞの。
というわけだが貧乏・金無しに変わりはない。スーパーは業務スーパー使うし。外食は松屋の朝定食で290円の卵かけ・・・・・・・うるへーーー。
最近はびっくりドンキーの卵かけご飯朝食だ。330円だが御飯を小盛りにすると55円引きで275円だ。どーや。それでいいのだ。土方ではないので御飯は小盛りでいいのだ。
貧乏・金無しのワタクシのちよっとした贅沢がびっくりドンキーの卵かけ御飯朝食なのだ。どーーーや。それも月に1回だけどな(´・ω・`)

で、上海、香港ともに上のように下がつ続けている。いつまでも下がるわけがないのだ。下がったり上がったりするのだ。
ほんまかいな。
国内の企業も治癒動くの事業主閉鎖・撤退というの何件もあろう。海外資本が撤退するとどうなるか。それはね、しーーーーらない。
失業率の増加、新コロ感染の拡大、政府批判の増大、・・・とかなったら暴動・・・というのは最近はないなあ。住民と行政との紛争は年間で数万件はあるらしいがね。
大きな暴動に発展するわけではないみたい。ある程度、大衆が裕福になったら暴動はなくなるのかね。
知らんけど。

posted by toinohni at 20:12| 東京 ☀| Comment(0) | 人文・社会科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月05日

中東とかイランとかイラクとかワケワカラン なあぁにぃぃ気づいちまったな

https://www.nikkansports.com/general/news/202401050000146.htmlimage

ソレイマニ氏はISに対峙(たいじ)した英雄としてイラン国民の人気が高い。一方、ISは声明でソレイマニ氏が「イラクやシリアでイスラム教徒に対する多くの虐殺に関与した」と主張した。(共同)
-------------------------------------------------------------------------

イラン・イラク対立。イラン・IS対立。ISとイラクは? 
イスラエルとパレスチナは対立。これは長い歴史が絡んでいるので簡単にどーたらこーたらはならん。

よーし、Bard先生に訊くぞ。
image

  どっひゃらららー!!   回答拒否されたああぁぁぁ(笑)

では、Bingチャット先生はどうだ!
image

  さらに訊くワタクシである。

 

imageimage

シーア派、スンニ派。うーむ。スンニ派の中でも過激組織であるイスラム国。うーむ。

イラン、イラクのみ民族構成ってどうなのか訊いたです。image

なるほどねえ・・・ そうだったんですね。よくわかりました(ウソ)

そういえば高校で世界史の授業があったなあ。よーし、世界史を学びなおしだふ。
image

特に地中海世界から中東あたりの歴史をだな。インダス文明は紀元前2600年 ~ 前1900年ごろまで栄えたというのは知ったけど。それから4000年ぐらい過ぎても紛争ばかりの地域だわす。
ま~インドは平和みたいだが。

で、イスラム国って首都はどこだ?   国境はどこだ?   知らんけど。いや、ほんまに知らんのだ。別に国として領域があるわけでもないようだし。うーむ。アフガンとかパキスタンとかの山岳に潜んでいるのか。だから知らんってば。

人類は戦争の歴史、紛争の歴史。上の本をパラパラ見たらそんな感じ。神様もたくさんいるし。なんちゅーーー て。

posted by toinohni at 11:21| 東京 ☀| Comment(0) | 人文・社会科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月04日

インダス文明というのがあった そうなんダスか なあぁにぃぃみつけちまったな

一般に科学というと自然科学だけを連想する人が多々おろうが人文科学・社会科学という科学もある。哲学・文学や経済学・歴史学も科学なのである。たぶん。詳しくは知らんけど(笑)

そこで次の本を図書館で見つけて読んだら意外と興味が出てきた次第である。

https://www.shinsensha.com/books/5881/
インダス文明ガイドブック

インダス文明は紀元前2600年 ~ 前1900年頃にインダス川流域で栄えた、なのだ。だがどのようにして滅んだのか、詳しくは分からないという。
なのであるが紀元前2000年って今から4000年ぐらいも昔であるぞの。その頃は地中海沿岸での勢力がどうなっていたか。まだローマ帝国は起こっていない。
古代文明はエジプトではナイル川流域、イラン・イラクあたりではチグリス・ユーフラテス川流域、インドではインダス川流域、中国では黄河や揚子江流域というように大河流域でほとんど同期して起こった・・・らしい。
なんで同期して起こるか?  なんでだろう、なんでだろう、なんでなんで。な―んでか?
それはねぇ・・・・・・・ 知らん。

とは言え、古代文明が栄えた地域は現在では衰退している。発展途上国ばかりだ。それはどうしてか。ここで妄想すると民族・文明のエネルギーを使い果たしたのだ。文明のエネルギーってなんだよ?  知らんけど。ま~妄想な。
栄枯盛衰は世の必須なのだよ、ちみぃ。

てな感じで古代史に興味が出てきた次第である。

ところで日本では大河流域で文明が起きたか?  大河というと多摩川か。荒川か。縄文人が流域に住んでいたろうな。つーか、紀元前2000年頃ってどないだ? 

インダス文明は滅んだがそこの人たちは別の地域に拡散したのであって、ならば似たような文明を築くはずだ・・・・とか妄想したり。つーか、インダス文明が滅んだ後もインダス川流域で暮らし続けた人たちも大勢いたはずであり、そいつらは何してたん?   待て待て、そいつらがインダス文明を維持するような活動はしなかったのだろ。うむうむ。
ワケワカラン。

というわけで真面目に読む。明日から本気だす!!

ちなみに上の本は、シリーズ「古代文明を学ぶ」とあるので他の文明に関しても本が出ているはずだ。よっしゃ図書館でさがすぞう。Open-mouthed smile

posted by toinohni at 08:13| 東京 ☁| Comment(0) | 人文・社会科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする