2020年11月10日

DELL OptiPlex 7010 SFF故障か 2013年製だけどなあ

半年ぐらい前からUSB3.0が不安定になった。たまにピッポロピーんとか言う。USB機器を挿したり外したりする時の音ね。USB3のデバイスは持ってないのでデバイスマネージャーでUSB3をアンインストした。これで音は出なくなる。PC起動したら、まずはそれだ。

そして今日。音がでなくなった。ヘッドフォン端子をモニターにつないでモニターのスピーカーから音を出すようにしている。音が途切れたの、なんか変だぞとなって、プラグをグリグリしたら音が出たので使っていたが2,3時間後にはでなくなった。
他にキーボードが使えなくなった、マウスが使えなくなったという症状が起きた。PCがハングアップしたので電源ボタン長押しで電源オフ。その後に再起動して動いた。やタッ

と思って使っていたら夕方にハングアップした。今日、ハングアップが3回。うむうむ。

故障の予兆というか、故障じゃん。

だが、電源オフにしてACコードも外して1時間ぐらい放置してから電源入れたら使える。。。治った・・・・ やタッ・・・ で、1,2時間後にハング・・・ のパターンのような気がする。

PCは移動なし、振動与えず。だが、今日はいくつか不具合が出たのであーーーる。

だから、故障だってば(笑)

USB3.0の異常、サウンド出ない、ハングアップ・・・・と来たら故障だわなあ。かな。

DELLサイトに診断ツールがあって試したらドライバーが古いとかで更新しとったぞ。BIOSも更新したぞ。画面見たら。そのせいでか・・・ではなくて、それやる前に不具合があったわけでして。

さーどーする。

こういうコンパクトな業務用デスクトップPCは・・・中古品探すか。買ったの中古だけどさ。

ハングアップしたら電源切って・・・・電源ボタン長押しね。 それで数分間放置後に電源入れて動く・・・・ これでしばらく使うか。

まさか、SSDの不調で・・・・?   購入時と違うのはSSD追加しただけなんだしてね。

まー何が原因かワイにわかるはずがない次第であるなのです。

とりあえず、次の中古マシンでも探して置くかいなっとm(_ _)m

posted by toinohni at 18:48| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

1アマってね、一番あまいんじゃないんだよおぉぉぉぉん

http://www.gxk.jp/elec/musen/1ama/index.html

アクセス数が85万超過しとる。。。 うーーむ、そのうちワガハイが100ぐらいは寄与しているで、きっと。
1アマはここだけで十分。法規は過去問読んでサイト調べればOK。C級出版の本を買う連中は金持ちか情弱サー。。。
久しぶりに復習するかにっと。いつかはアマ無線を・・・都市部のマンションではやらんよ。ベランダにアンテナ建てると怒られる・・・かどうかは知らないけど。

老後に実家に戻ったら土地は広いし隣んちまで遠いし(笑) とりあえず1アマは取ったが問題はカネだな。老後に実家でアンテナ建てたり高い送受信機揃えたりするカネをどうするか、だな。
いまさら4アマ程度の事はやる気しないし。4アマだと電波弱くて実家の島では相手がおらんうーたん。隣の島まで50kmぐらいはあるぞ。。。 そか、短波だ。短波で電信だ。そしたら小さな出力で世界中に届くらしいぞ。。。 だが、やらん(笑) 1アマは最高出力でやる、キリッ)

  って妄想がありまして。

最近はスマホで相手に連絡して、これから電波だすぜーとか言ってから電波出すらしい。すると、スマホで おう、受かったぜーとか来るらしい。 ん?   なんのための通信?  サー。
まあ妄想ですけどね(笑)

というわけで最近は問題が変わったのかどうかちょっと興味もあって見た。

http://www.gxk.jp/elec/musen/1ama/H32/H3209.html

令和2年9月の問題・・・・・アクセス数が280でしてん。少ないなあ。いや、そんなものか。

https://www.hamlife.jp/2019/09/16/amateur-license-class-data2019/

アマ全体では330万人累積とか言う取る。養成課程講習で2,3,4アマは取れるらしい。だから数は微増を続けているわけかい。で、受信機・アンテナ等のメーカーはウハウハ・・・しないだろな。開局する連中がでれだけいるか。
1アマは1%弱だ。0.96%だとか。ほーーー、オレってすごいじゃん(笑)
実務は何もしらんのなのです。

で、まあ復習という意味では上のサイトの記事が良い。ざっと一気読みしてみよう。

学んで時にこれを習う亦うれしからずや、とか言ってな、意味はしらんけど(´·ω·`)

posted by toinohni at 16:19| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電験三種サイトでこういうがあってビックラーしたなのです なんだとぉ

https://denken3web.com/blog/riron/non-sinusoidal-ac/

電験三種って少なくても高校生以上が受験すると思っている。工業高校の生徒など受験するだろ・・・と思うよ。工事士とかも。
社会人でも電験三種受験する連中は多いようだし。それも電気系学科卒でない連中も多いらしい。なので合格率がたいへん低いようだ。

だが、上のサイトはすごいぞ。ついに小学生向けの解説まで始まっているのか。受験資格に制限はないから小学生でも中学生でも受験するのは可能だろよなう。とりあえず、次のようなの見て驚け、ちみぃら。

image

   この漢字が読めない高校生だったら電験三種以前の問題で先ずは国語の勉強が必須だで(笑)

このぐらいの漢字が読めないならば普通の文章を読んで意味をとるって事もできまいよ。

くーすきにしたまへ やー (´·ω·`)

posted by toinohni at 15:45| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

技術の勉強を再開するでガス

技術系の最高資格である技術士の試験には適正科目とかいうものがある。昔の昔は大卒だと7年の実務があるといきなり二次試験を受験出来た。予備試験は免除だったのである。ワガハイも昔の昔に大学出て企業で働いた頃、いずれは取りたいと思った資格である。
だが、すぐに興味なくした。社内で技術士の資格を持つ人がいたが、パッとしないのである。管理職ではあったがね。
電子機器の開発・設計する部門ではメリットはないなと思って忘れていた。40年ぐらい昔の話サー。ワイは年取ってしもたで。
で、10年ぐらい前に技術士の試験ってどうなってるのかなあ、と思って調べたらワイは一次試験から始めねばならぬのであった。試験制度が変わっていたのである。一次試験は修士卒だと免除されるらしい。。。。くそーーー、ワガハイも修士ぐらいは取るべきだったなあ。。。。貧乏学生を2年間は耐えなければならず、やだね、働いてカネをもらって自活する方がマシだよねと思った次第である。2年間も大学のように ぬるま湯 で時間を無駄にしてたるかってのよ テキトー。

そこで1次試験を受けた。合格した。一次試験は合格率50%ぐらいだろ。勉強して受験すればだいたい受かる。その試験に適正という科目があってびっくりした。

https://www.engineer.or.jp/c_topics/000/000025.html

なかなかりっぱなことを書いてある。ただ、試験というものは正解はこれだと分かるので適正を不合格になる奴はいないだろう。いたらバカか正直者かどちらかだ。
で、疑問は高い倫理観を持つであろう技術士が何人もいるであろう大企業においてウソとインチキがはびこったのはどうしてだ?  三菱自動車のインチキ、日産のインチキ、他の車メーカーのインチキ・・・・ 技術レベルが高く倫理観も高いであろう技術士がいても役に立たんではないか(笑)

まあ、技術士がそういう分野で働いていたかどうかは知らない。品質部門とかさ。

てなわけでワガハイは技術士一次合格で興味なくした。役に立っとらんのではないか、技術士のみなさんよって感じだ。まあ自己満足の一つではあろうけどね。

少なくとも電気・電子系の技術士で独立して活躍している人は。・。。。探せばいるかなあ。昔のワイの職場の上司も50代なかばで大量人員削減の際に退職金上増しに釣られて退職したのだが、その頃に技術士に合格して自宅で技術士事務所を運営・・・・したらしいが。
だれがそいつに仕事頼むねん?   どうやって営業するねん。じじいの技術士に誰が仕事頼むねん・・・・ ってかね。

ただ、僕は次の一文だけは心に刻んでいる。

(継続研鑚)
10.技術士は、常に専門技術の力量並びに技術と社会が接する領域の知識を高めるとともに、人材育成に努める。

これだけは涙がでるほど感動するなのです。これはバカがバカを騙す構図の一つか。それとも意味があるのか。
プロ野球で言えば、上手になりたかったら練習するしかない、と三冠王3度の天才・落合がよく言う取る。これがバカには通じない。球団が組んだ練習のスケジュールをこなしているから練習していると思っているバカがたくさんいるのだ。で、練習終わったら接待付き飲食店にレッツラゴーだ。バカタレだ(笑)
王は畳が擦り切れるほどバットを降り、長嶋は自宅地下にトレーニングルームを作って密かに練習していたというぞ。

で、技術士はバカばかりだから継続研鑽を綱領に明文化しないとサボる連中ばかりだろってことだ(笑)
自己研鑽って前提だろ、常識だろ。。。。と思っていたのだが明文化した時点で実際の技術士は馬鹿ばかりだとバレたわけだ。

ワイは技術士のような高度な技術は持っていないし、こういう倫理に対しても疑問だらけなので技術士には向かないですわ(笑)

ただ、自己研鑽は自分の意思で続ける、当然である。暇つぶしとして最適だからである。どーよ、なにがよ、知るかよ(笑)

以上、前フリを終わる。本題だが、その前に一つ蛇足を先に書く。
素粒子論の入門書を読んでいると自分が興味ある事がなかなか出てこないという場合がある。素粒子の質量に関してだ。規則性がわからないのだが、ヒッグス粒子が素粒子に質量を与えるという話はある。だがヒッグスによる質量は2%であり98%は量子色力学から出てくるという記述もある。
カイラル対称性の自発的破れによるものだ、、、という記述もある。
量子電磁気学は精密科学になった、電子の異常磁気能率とかは実験値と理論値が有効数字10桁で一致するとか自慢話が必ず出てくる。
素粒子の場合には質量に関して、そういう自慢話 がまったく出てこない。出てこないということは実はあまりわかっていないということなのだろうよと想像するけどね。
つまり、あまり言及がないということは書けるだけの明確な理解がない、あるいは書くのが専門的になりすぎて一般向けでは書けない、って事だろとしておく。

技術分野でもそういうところはある。

例えばWi-Fi。検索するとヒット数はかなりのものだ。中には技術的な内容も少しはある。変調技術とかね。だが無線の出力としてはほとんど詳細はない。
電波法との絡みとか出力の詳細とかは ほとんど ない。 一般向けにそんな事を書いてもしゃーない、ということなのか、実は書き手も理解が浅いので書けないのではないか。
技術系のサイトでも出力に関してはほとんど書いてない。ちなみに出力が20mWとか書いてあるのは説明に入らないのだ。
AM放送の場合に出力はどう表現するか。例えば民放で周波数が1000kHzで出力が100kWであるという場合に、それは何をあわらしているのか。搬送波の電力か。変調すれば帯域が広がるぞ、それはどうするんだ・・・ ってかね。
wi-fiの場合には帯域が広い。なので帯域も考慮した電力を定義してあるのだろう。しらんけど。
10mW/MHz とかのように表現するだろうなのです。ところがWi-Fiの解説ではそこまでは書かない。ようするに出力については数字としては触れないのだ。一般向けには説明し難いからだろうなあ・・・・としておく。
だいたい電力ってなんだ?  ということから説明しないとならんぞ(笑) 電気回路の基礎から話をしないといかんぞ。
でも技術系サイトであれば、そのぐらいやれよって思うけどね。

というわけで自己研鑽だぜ。。。。自分でとっとと調べやがれ、だぜ。。。。

ワガハイも座右の銘を「自己研鑽」として掲げておくか。A4に印刷して額に入れて神棚に祀るとするか(笑) 稲 麦 草 タンポポ ヤブガラシ

posted by toinohni at 11:36| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

下記の雑誌 の話 なんですとぉ

I/O (アイオー) 2020年10月号 (2020年09月18日発売) 表紙

いち ぜろ ではない。 1/0でもない。1を0で割るな、算数の基本だ、バカタレ・・・という話でもない。
工学社のエレクトロニクス雑誌 I/Oである。アイ・オーと読むかも知れないがアイ・オーというメーカーがあるからな、関係ないけど。

タイトル 自作派のためのコンピュータ技術情報誌と書いてあるが 嘘っぱち である。自作には役立たない記事が多いであるなのです。

ただ、なんというか、紙の質は良いし適度な厚みだし妥当な価格だし・・・で、儲かってんかに?  どうだろな。この手の雑誌はだいぶ減ったからねえ。

インプレスのDOS/Vマガジンはまだあるですかね。。。あった気がするが月刊誌ではなくて季刊誌か隔月か不定期か、どうなってんだろ。知るかよ。

パラパラと読んでみたが内容が多様多彩、記事が2ページぐらいで種類は多い。まあなんというか、単なる情報の羅列掲載みたいな気もする。
だが、ようするに技術ってものの対象は広いのだ。もはやPCの組み立てでは記事になるまいに。新しい情報、そういうものの提供を心がける良い本である。買わないけど(笑)
ワガハイは貧乏・金無しなので図書館で読む、借りる。

不思議なことに文字が大きくて視力低下した高齢者・年寄(おれおれ)などには良い作り方だ。ということは読者は年寄りと小中学生か?  おおお、。

いろいろな記事があるが、興味があるものがいくつかあれば十分ですね、なのです。

今後も存続することを期待する次第であるなのです。
StampDecor_84890

posted by toinohni at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

むかしむかし、某国の某地方に ある寺がありまして  なんですとぉ

懐かしいす。ある寺 に坊主がおりまして・・・・ なんですとぉ・・・・

いや、そういう話ではなくて。このLOGO好き。

昔からアルテラってどういう意味なんだろうと思っていたが、企業としては消えたのでもういいや。

posted by toinohni at 14:22| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテルFPGA なのです もはや アルテラ は名称もない・・かも

https://www.cvent.com/events/iftd2020-fpga-/event-summary-7eff5b5cb3154ea0a8b6d3651639128a.aspx?cid=em&source=elo&campid=psg_APJA_psgao3_JA_2020_IFTD-2020-JP_C-MKA-16598_T-MKA-19981&content=psg_APJA_psgao3_EMIW_JA_2020_IFTD-2020-JPIN2_C-MKA-16598_T-MKA-19981&elq_cid=3952658&em_id=63043&elqrid=7d9992af6f46467f8656e8dfddf2ae23&elqcampid=39861&erpm_id=6528535

こういうイベントはともかく、インテル 日本って のもあるのでして。

https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/company-overview/profile.html

あら、代表取締 の人、どっか別の企業で見た人だわ・・・・ まーーー。

で、FPGA

当然、Intel だわな・・・・・ うーーむ。どっかの中古でAlteraのロゴの探そうっと。

インテルの森に ある寺 があってな・・・・ ある寺 の坊主が。。。。。 なんて言えんじゃないか。

まあすきにしなはれ。

XilinxはAMDに買収されるらしいし。。。。。 FPGAもとっくに曲がり角か。いや、とっきに曲がったんだな。なんのこちゃ。 なむぅ・・・・

posted by toinohni at 07:37| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

電気機器の不良・故障は接点不良が多い たぶん


脱衣場の壁の蛍スイッチ。蛍が点灯したりしなかったしたので新しいのと取り替えて古いのは分解してみた。壊した。もう戻らんよ。で、構成がやっとこさ分かった。が、この写真ではどこが接触不良かはわかりづらい。中央に可動部があってな。取り外したけど。
20年も使えたから良しとする。

---------------------------------------------------------------------------

 
ステレオミニジャックとRCAジャックとの変換器。左側のをグリグリすると使えたり使えなかったり。接触不良の典型。
これは銅の二股部分の先がRCAのジャック部材の外側と接触するような構造だ。銅にバネ成分があって少しは圧力があるのだろう。経年変化でバネが機能しなくなって接触圧が弱くなったと推察するなのです。
ここ、銅とRCAの外側を接触ではなくてハンダ付けしたら確実だろ。。。。と思ったがコストアップになる。銅と銅のハンダ付けは簡単だが異種金属ってそれなりに技術がいるでばらん。
左側もピンジャックと銅とは圧力で接触しているのである。ここはキツイので接触不良は起きない。
つまり、こういう構造は接触不良になる可能性は高い。とは言っても、購入から20年ぐらいになるかも・・・ですなのです。15年かな。まー、故障してもゴラァ!! と言う話ではない。

だが、ワガハイが思うに20年も30年も使える、故障しない電気機器があってもいいではないか。メーカーの技術力はそこに活かせたまへよ。なに?  代替需要で食うので長持ちすると儲からん?  何言うか、このバカタレー。
地球の有限な資源をどのように考えておるのか、ちみぃは。某家電メーカーは技術力が非常に高くて保証期間を過ぎると故障するように設計しておったそうだがな。ホンマでっかね。
企業が儲けるために地球資源を乱雑に使い尽くすというのは善良で温厚なワシが許さへんのですなの。
最近はリサイクルが重要になってきましたね。捨てる・・・場合でも完全な廃棄ではなくて使える部品・部材等は再生しようではあーーりませんかって事ですね。

で、上の2つだがな、不燃ゴミ、小型家電、金属類・・・・どれが妥当であるですか。ここらは実はワタクシはゴミ収集後の処理を殆ど知らないので、どのように活用されるのか知りたいところであります。
小型家電でラジカセやシェーバーを市は収集するのだが、それをどのように処分するってーのよ。まさか手作業で分解はしないだろうしよ。
そうだ、市のゴミ担当課に聞いてみようっと・・・・・ なむうぅ・・・・

posted by toinohni at 11:29| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまには音楽を聞いたりして

ミニステレオとRCAステレオジャックとの変換器(ケーブル)を買ってスマホの音声出力をYAMAHAのアンプに繋いでスピーカーから音を出した。
すると、おーーー、音が出るんですね。そりゃそうだろな。

安いSimフリーのヤマダ電機のオリジナルスマホ、EveryPhone ACはSim挿してない。ようするに電話として使えないというか使わない。室内でWi-Fiでたまに使うだけであるが、音楽プレーヤーというアプリがあるのでして。そりゃあるわなあ。

そこで再生してみた。グラフィクスイコライザー付きなので音場を少しは楽しむ事ができるようだ。何種類かから選択、そしてユーザーが設定可能なものが。
ヘッドフォンで聞く場合となんとなく感じが違う。低音がずんずんと響くし、広域も伸びる。設定を換えて おお、こういう感じか・・・・とたのしーであるなのです。

で、何を聞くかというと昭和歌謡である。天地真理、山口百恵、ダウンタウンブギウギバンド、吉田拓郎、山本リンダ、フィンガー5。フィンガー5のガキが、いや、ちびっこが高音を絞り出すように出すってのも懐かしいナあ。もうオジサンだから無理だろな。とっくに引退しているけど。
そして、ワガハイは気づいた。何が好きか。ベースだ。ベースのリズムだ。これが心地よい。
ベースだ。一塁手がいるのはベースだ。そのベースじゃねー。
ベースのリズム。
そして、耳に心地よいのはギターだ。山口百恵の「曼殊沙華」のはじめのギターのソロ。あれは素晴らしく心に響く。阿木燿子・宇崎竜童の作品の最高傑作が「曼殊沙華」であると朕は思うしだいなのです。

そういえば昔、5chサラウンドとかってものがあった気がするなあ。フロント左右に2個、リア左右に2個、リア・センターに1個。これは音楽だけでなくDVDでもそういうのあったし。アメリカのアクション映画みていたら、後ろから声がしてワイはびっくりした事がある。なつかしいぞ。四半世紀ぐらい昔だ。

よっしゃ、今日から趣味が音楽だ・・・わっはっは。 MusicScoreとかのアプリで作曲しようぜ・・・・・・ こらこら なむぁ・・・・・・・

posted by toinohni at 10:16| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

半導体分野はいつもM and A なんですとぉ

https://eetimes.jp/ee/articles/2010/20/news081.html#utm_medium=email&utm_source=ee-elemb&utm_campaign=20201025

IntelとSK hynixは2020年10月20日、IntelのNAND型フラッシュメモリ事業をSK hynixに約90億米ドルで売却することに合意した、と発表した。2025年までに取引を完了する予定。IntelのCEO(最高経営責任者)、Bob Swan氏は、「SK hynixとのコンビネーションは、顧客、パートナー、従業員の利益のためメモリエコシステムを成長させると信じている。Intelにとっては、差別化された技術への投資をさらに優先させることができ、顧客の成功に大きな役割を果すことができる」と語っている。

-------------------------------------------------------------

インテルはFPGAのアルテラを買収し、NAND型フラッシュメモリ事業は手放す。NAND型だけに、なんどすとぉ!!   なんだとぉ!!   こらこら。

まーしかし、ソフトバンクは数年前に英国ARM社を買収したものの先日はARMをNVIDIAに売却すると言うとった。
  現代の錬金術師・孫はたったの3,4年でARM買収のカネの元は取ったということか。さすがはちょ~一流の錬金術師である。ただ、ARM社買収の時は、IoTがあぁーー、シンギュラリティーがあぁーーーーとかの妄想を垂れ流していたの思いだす。そのためにはARM社の技術が必須であるのであーーるず・・・・とかは、妄想のホラ話だったんだ。さすがは錬金術師である。すばらしい。その時々によって都合のいい妄想とホラを広げるのが現代の錬金術師のテクニックなのだな(笑)

   デジタルIC分野だけでなくアナログICでもM&Aはある/あった。Linear TechnologyはAnalog Devocesに買収されて3,4年?   LTCの回路シミュレーターLTSpiceは規模制限がなくてワイも10年ぐらい趣味で使っているのだが、Analog Devidesも回路シミュレーターを提供していてな。これは規模制限があるものだけど、Analog Devicesが開発したものでもない。
そのうち、LTSpiceでAnalog DevicesのICをシミュレーションできるようになるだろう・・・かどうかは知るかよ。今でもできるIDはある。

ただ、M&Aが日常コーヒーな世界である。日常さわんじ、違う、日時用チュⅢ次、違う、日時用差ちゃんじ ぞんぞん ちごーーよ、それ。日常茶飯事 アイーーーそれそれ!!   

よってアナデバがいつまでLTCを維持するのかも不明なのです。
国内ではOKIの半導体がロームに譲渡されてから久しいなのです。
国内ではエルピーダというメモリ専業メーカーがとっくに消えて久しいなのです。
ルネサスもちびしー なのですね。JDIも赤字です なのです。

離合集散、呉越同舟、M&A、という大海のうねりの中を生き残るのはタイヘンなのです。で、インテル 入ってるの人は素性のインチキバレてテレビから消えて久しいなのですが、今は何しているであるか ワタクシは知らない なのです。

で、インテルの小会社の森の中の ある寺 だが、そこの住職が言うには、10n の世界に入ったとか。これは正直 すげーーーーと思いますもんね、わし。
まあしかし、ワガハイは ある寺 の提供するフラッグシップFPGAを見ることはなかろう、うむうむ。
数年前は技術展示会にFPGA各社は出典していて、そこで評価ボードを見る事はできた。フラッグシップFPGAの評価ボードとなるとデカイ、広い、高い!!   基板の半分は電源回路だったりする。まー電力消費は激しいであるなのです。

インテルが ある寺 を買収し、XilinxはAMDに買収されるとの話が先日出てきて、FPGA分野も時代の曲がり角を曲がったのであると考えるなのです。

さてと、安いFPGA評価ボードでも探すか・・・・ 暇つぶしには良いかも・・なのです。

posted by toinohni at 07:42| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする