2021年01月20日

KDDI G.Fast やってんの 本当に

https://auひかりso-net.com/article/mansion-type/

image

タイプGが 俺んちに来ない。うちはタイプVである。電話線使って664Mbps出るとか言うので室内の工事は必要がない。光モデムを交換することになるだろうが、それだけですむならば、ぜひ導入してきださいなあ・・・ たのむ。

だが、東京でも普及し遅々として。都市機構の、ようするに巨大団地では採用しているのかね。

ワイんちの小さな集合住宅は放置かよ。くしょーーーーーー。

つーか、別に今の速度で不満はないのだけど(笑)

posted by toinohni at 12:13| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

出羽亀 もとい デジカメはちょう・ちぴしーあるね

https://news.nifty.com/article/magazine/12208-931953/

多くのカメラユーザーはいま、大いなる不安を抱いている。
2020年4~9月期のニコンの営業損益は466億円の赤字(前期は175億円の黒字)に転落。2021年3月期も750億円の営業赤字(前期は67億円の黒字)と、過去最悪規模となる見通しだ。

---------------------------------

キャノン、ニコンは一眼レフカメラの老舗である。たぶん。デジタルカメラが登場してもやはりキャノン、ニコンである。
ワガハイは1990年ごろかな、カシオがQV-10を出した時にイッキハバラを巡って買ったのである。320*240という低解像度であるが、これは伸びる。。。この分野は急成長すると確信したのである。
そのとおりであった。そんなオモチャみたいなデジカメとバカにしていた老舗も参入したのである。解像度は年々上がり、画質競争、機能競争、価格競争が激しくなったのである。ソニー、松下電器など家電メーカーも参入し激しい競争になったのであった。
結果としてデジカメを市場に初めて出したカシオは撤退したのである。残念無念!! なむぅ。

で、オリンパスは昨年にデジカメから撤退すると発表した。ほんで次はニコンか・・・と噂されるのである。だが、待て。赤字だからとニコンがカメラから撤退したら他に何が売れるのだ?

なんてね。

スマホのカメラでいいもん、わし・・・・ってのが大衆でして。デジタル一眼レフのようなデカイ本格的なカメラを欲しがるのは一部のマニアだけなんですぜ。だからデジタル一眼レフカメラは無くならないが数は限られている。
その限られた数をキャノン、ニコン、ソニー、他が奪い合う構図だ。見苦しいのねぇ。そだねぇ。
かといって手軽なコンデジで儲かるわけでもないしなあ。。。。それこそ、スマホカメラでいいもん、わいは・・・ってなちまう。

ちびしーぞ。それはニコンだけではなかろう。デジタル一眼レフなんてものを誰が欲しがるかいっっっ・・・ いや、だから少数のマニアとプロが・・・・
そう、そこだ。少数のマニアとプロが市場だ。それに見合うだけの供給ができればよい。市場規模に会うように供給側も縮小して、そのうち収束するだろと思うんだよん。
こういうのニッチっていうんだっけ?   しらんがな。そだねぇ。

posted by toinohni at 09:45| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

スマホ PC タブレット が8:30になるとウルセーなのです

thunderbirdのカレンダーに毎日の日課を書いていて。それ8:30に音出して知らせるのである。Googleやスマホのカレンダーも同期しているので数台がにぎやかに知らせるのである。

ところが、9:00にブッブーと言うのがある。なんでや・・・と調べたら1台だけ9:00になっていた・・・待て待て、これはおかしい。8:30の設定で同期してよん、なのだ。
いや、ということは1台だけ同期しなかったということか・・・ 要検討ですね。

わかった。アラーム通知を30分前か1時間前か・・・の違いであったす。つまらん。

posted by toinohni at 10:26| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

ちょ~・ワケワカランのですけど わら いね むぎ タンポポ

Pythonちょう・入門とかのタイトル見ると、書いている連中や出版社はバカだろなと思う。

   とにかく、超入門とかタイトルにつけてバカを釣ろうという根性が気に入らんし笑える。

な、出版社のボンクラ連中よ、そんなタイトル本を書店で見たら、その出版社の本はオレは絶対に買わないからな、バカの一員にはなりたくないずら(笑)

物理では超対称性という用語がある。それはバカの物理ファンを釣ろうとするための用語ではない。

つーわけで、本が売れないとか出版不況とか・・・ 自分らで売れないような本を作っていて何を言う取るのか、ちみぃらは(笑)

世の中、バカが蔓延しているのだぜ・・・・

と、バカの一員を自覚しているワタクシが言いましたよってに。ここな、自覚があるかないかが大事なんですぜ・。。。。 てへてへ。

posted by toinohni at 13:55| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

SONYという企業がありましてな ほー 提灯記事が多いのが特徴でんがな

https://biz-journal.jp/2020/12/post_194929.html

東京株式市場でソニー株が上値を追い、連日、年初来高値を更新している。11月4日、19年ぶりの9000円回復を果たした後も騰勢が続き、11月25日には9854円をつけた。10月28日、通期の業績見通しを上方修正して以降、好業績銘柄株物色の中心的な存在となった感がある。

-----------------------------------------------

SONYをエレクトロニクスメーカーだと思う連中は高年者以上だろう。下の世代はゲーム機メーカーだと思っているだけかもな。
好調な業績だがエレクトロニクスの比重は低い。昔は、昔の昔の昔は、トランジスタ・ラジオで大ヒット、VTRで大ヒット、ウォークマンで大ヒット、CRTの平面テレビで大ヒット、ゲーム機PS2で大ヒット・・・・・という記憶はあるが20年以上も昔の話だ。

映画・音楽・金融・ゲーム・エレキと多角化している。エレキの儲けは比重として低い。

パソコンのVAIOは売却、カーオーディオから撤退、テレビは10年連続の赤字垂れ流しの後に分社化がギリギリ黒字、スマホは売れず・撤退の時期は近いだろう。
それでも全体としては好調だ。エレキの他の分野が好調なのでね。

というように知っている人は知っている。だが、バカ記者はつぎのように書いている。そういう発想こそがアホだっちゅーのよ。

>>>
創業以来、10年周期で消費者を熱狂させる斬新な商品を送り出してきた。しかし、2000年のプレイステーション(PS)2以降、世界的規模の大ヒット商品は生まれていない。第2の創業にあたり、エレキ事業で“ソニーにしかできない商品”を生み出すことができるかが問われている。
>>>

  いや、だから問われていないってば。わからんのかな、記者は。バカなのかな記者は(笑)

そんなふうに市井の善良なる人が期待しているって雰囲気で書くこと自体がチョーチン記事なのよ、わからんかなあ。誰も期待していないし、それ問われてもいないのだってば(笑)

既にSONYの経営陣は経営者の仕事が適正なプロファイルの構築にあると理解している。20年ぐらい前のバカのCEOは、選択と集中とかのアホ経営評論家の言動にコロッとだまされて自分で考えずアホ評論家の意見を取りいれて低迷を長引かせた(笑)
選択と集中というバカの標語に騙された会社をこかしそうになったのが松下電器産業の中村やシャープの町田だ・・・知らんけど。
松下電器はプラズマを選択して集中してコケそうになった。大失敗だった。なー中村くん。その周囲の経営幹部のちみぃら。
シャープは。。。いいや。もう台湾メーカー出し(笑)

この発想・・・エレキ事業で“ソニーにしかできない商品”を生み出すことができるかが問われている。・・・・・ バカの典型だった。だれも問うていないってば(笑) そこ、わからんかなあ。定型句で出てくるのか、その文章が(笑)

だいたい、山水、赤井電機、アイワ等が消えたのは企業が市場に対応できなくなったからだろ。市場が変わる、それは人々の生活様式が変わる、欲しい物が変わる、・・・・ 人が欲しいモノを作って売る・・・と売れるだろよなあ(笑) いらないモノを作っても買わないと思うよ。

ただ、経営陣にもバカがいて、Aというモノが売れる、よっしゃ、Aだぜ、うちらもAを作って売るぜ・・・・ってAを選択して集中して自滅するパターンもある。

経営陣のレベルってものは重要だ。CEOだけではない。そして、例によって例のごとく、三菱自動車とか東芝のようにトップが周囲にイエスマンを集めて腐る。
そういうのも経験則としてしられているものの、バカのトップはイエスマンだけ集めて腐る。自分の任期が終わるまで持てばいいとかんがえるのではないか。バカだから(笑)

三菱自動車のトップは・・・ 亡くなったらしいなあ、あのひと。

経済誌であれば、経営に関して正直に書けよ、チョーチン記事ではなくてよ、と思う次第である。バカの経営陣ではダメだと正直に書きなさいって(笑) 相手に怒られるぐらいの記事を書いてこそ、経済誌の役割があるというものだで。。。。。テキトー。

posted by toinohni at 14:38| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

昔の話だが

20年ぐらい前だから昔だよね。当時はワタクシは映像等に興味があってテレビとかVTRとか持っていたし。もっと昔はレーザーディスクなんてものも持っていたで、どーよ。
その後は薄型液晶 + HDDレコーダーとかブルーレイ・レコーダーとかだったが、10年ぐらい前にテレビは捨てた。テレビなんぞ見とったらバカになるで。
ただ、バカになってしまった後で捨てたので今もバカのままである(笑)

で、言いたいことはそこではない。配線をなんとかしやがれ・・・と当時は思った。アナログでR,G,Bで3本というのもあったからなあ。最近はHDMIになってスッキリする方向ではあるが、まだだ。
電源コードをなくしたまへよ(笑)

信号用のケーブルはアナログからデジタルに変わり、細くスマートになり。だがACコードだけは未だに依然として頑として昔の昔のままだ。これは細くスマートに作れないものか。
材質とか工夫してさ。ってか、高くなるからやらないって発想だろうなあ。電力等の技術系の規格を細くスマートな形状にしても満たせばいいんだろがよ。と思っている次第である。

他にLANケーブルで電力伝えて、相手側のACコードいらなくしろよ、バカタレ・・・と思っていたのだが、これは用途によっては可能らしい。
技術系のサイト記事で90Wmax供給可能というのがあった。詳細は読んでないので知らないけどね。

ケーブルなくせや、バカタレ!!  って言うと、無線があるではないか!!  だが、それだとしてもACケーブルがいるのである。
屋内で電気配線をデータ通信に使う仕組みが昔出てきたが流行らなかったろ。あの規格はいまもあるとは思うが製品があるかどうかは知らない。

とにかく、技術は日進月歩という割にはそうではない事実が多数あって、ほんまは劣化してまっせという分野もある。
お上のリコール情報を見るがよかろう。
https://www.meti.go.jp/product_safety/recall/index.html

品質は向上していない。ものづくりがあぁーーーーとか言う連中はここをなんとかしやがれ・まさいまし。

さむいぞ、くそ。暖冬ではないようだな、この冬は。北陸・北海道では大雪らしいし。

寒い時は室内でヒンズースクワットを30回ぐらいするとね、ポカポカするんだよおぉぉぉぉん。

posted by toinohni at 07:20| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

頑張る人たち・・・ワイとは人種が違うで なんですとー

https://www.fukeiki.com/2020/12/upq-end.html

家電製品などを企画・販売する「株式会社UPQ」(アップ・キュー、東京都千代田区)は、すべての在庫販売終了をもってブランドを廃止すると発表しました。

2015年に設立の同社は、社員1人の家電メーカーなどとしてメディアで注目を集め、スマートフォンやモバイルバッテリー・カメラ・スーツケース・電動バイクなどの企画・販売を手掛け、製造は主に中国メーカーに委託するかたちで事業を展開していました。

しかし、スマートフォンの販売に必要な技術基準適合証明を取得せずに販売したほか、スマートフォンバッテリーの発火やカタログ誤記の頻発など数々の問題が相次いだことで信頼が失墜するなか、ブランド廃止の決定に至ったようです。

なお、生産管理支援などで協力関係にある家電ベンチャーの「Cerevo」(東京都千代田区)が、2021年1月1日付でUPQを吸収合併し、製品サポートなどを継続することも併せて明らかにしました。

-----------------------------------------------------------------------
  UPQの社長が中澤裕子いいましてな・・・・おお、モムスのあの子か・・・というのはちがいまっせ。勘違いでって、中澤裕子ちゃあ、中澤優子ですぜ。モムスはなんてったっけ。わすれたが、ゆうこ、だけ覚えている(笑)

https://plus.paravi.jp/business/002496.html
起業時の記事だが、普通の若い女性でんね。カシオに28歳ぐらいまでいたらしい。

だが、こけた。理由は記事を読んどくんなはれや。株式会社Cerevo会社がUPQを吸収して存続会社になるとかいうとる。

まあしかし、ガンバる人は頑張る。頑張らない人は頑張らない(オレだ、ワタクシだ、わいだ、朕だ、麻呂である、ボクだ、あちしですぅ)

なんでこけたかの理由の一つに品質問題がある。一因である。昔、パソコンベンチャーでアキアってのがあった。小型・デスクトップPCである程度は数が出た。ワタクシがいた職場でも数台は購入した。だが、長くは続かなかった。やがてAKIAはCASIO傘下になり、消えた。CASIOがPC事業に乗り出してカシオペアという小型Win マシンを出した。ボクは買った。小型ノートは当時は東芝の小さいのとカシオの小さいのがあった。2つとも持っていた。東芝のリブレットはクロックアップして遊ぶのが主流であった・・・ホンマでっか。
しかし、流れが変わった。PCから多くが撤退した。
そして、AKIAの創業者は・・・名前忘れたワイ、 薄型テレビのペンチャー企業を立ち上げた。企画をする、設計・製造・販売は外注にまかせる。米国でそういう企業が台頭していた時期でもあるなあ。20年ぐらい昔か、15年ぐらい昔か。
家電量販店でもその低価格薄型テレビは一時期は展示されていたが消えた。品質問題でこけたと聞く。もっとも品質問題がなくても乱立した液晶薄型テレビメーカーは淘汰されたのであった。

世の中には目端が訊く奴らが少数いる。その中でも行動力がある奴らが少ないがいる。さらに人格も少しはマシというのもいるらしい。起業家はいろいろな能力があるだろうし、時の運というものにも恵まれるだろうが、第一に何かやりたいという気持ち、そこが原点だろうと想像する。

ちなみにボクは寝て暮らしたい(笑) 高校で部活などしんどいことはやったことがない。おかげて上級生・下級生の間での礼儀も知らん。人に挨拶がキチンとできる訓練もない。オレって何者?    知るかよ。

そういうわけで、起業家とか芸タレとか、目立ちたがり屋はボクとは人種が違う。

それはともかく、次のビジネスとして何が目玉か・・・・ 目端が利く連中は掴んでいる。そうではない連中はしるかよ、だ。
で、誰かが何かやって儲けると、バカどもがわれもわれもと参入する。昔はベンチャーが何かやってうまくいくと大手が参入して市場を奪うというシーンがあった。

今は大手は昔ほどの意欲も何もない。ベンチャー企業がうまくいってもうけていても大手が真似して参入して市場を奪うという姿勢も勢いも意欲も向上心も何もない。たぶん。テキトー。

そうであれば、大手の参入は困難であるが、市場としてワイが食っていけるだけのものはある・・・・というニッチな領域をワイは探して、ドッカーーンとビジネスを仕掛ける・・・・という夢を明け方に見たが忘れたので、夢の続きを明日の明け方で見る・・・ どーーよ。

夢の続きは、夢で見るのである。どーよ、何がよ、知るかよ。


ちなみに、UPAスマホって数年前に見たことあるが、うれるかよこんなんが・・・ いらんわ、バカタレが・・・と思ったのであった。なむうぅちち。。。

posted by toinohni at 18:23| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

昔の繰り返しか

https://ednjapan.com/edn/articles/1912/26/news026.html#utm_medium=email&utm_source=ee-elemb&utm_campaign=20201219

これに限らずだがね。昔の繰り返しか・・・ってものがたまに出てくるなあ。

ま、多くは語らず、だ。ワイは。 技術は日進月歩とか言う・・・そういう一面は探すとあるが、そうでないシーンも多い。逆に後退しているって一面もある。そこらもキチンと指摘できるサイトであって欲しいものだが、チョーチン記事を書くのが仕事なんだろなあ(笑)

posted by toinohni at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

タンタルは燃える タンタルソースではないぞ

https://ednjapan.com/edn/articles/1905/08/news026.html#utm_medium=email&utm_source=ee-elemb&utm_campaign=20201212

EDN Japanが運営していた電子掲示板(BBS)サイトに『バッテリーを逆接しました』というタイトルの投稿があった。このBBSサイトは筆者もメンバーとして利用していたのだが、2018年にサイトは閉鎖されてしまっている。

さて、「バッテリーを逆接しました」という書き込みの話題に戻ろう。筆者も基板に電源を逆に接続した経験はある。しかし、電流値が小さかったので部品は破損せず、正規に電圧を接続したら基板が正常に動作したという記憶がある。この書き込みの投稿者は、バッテリーをダイレクトに逆接続したということらしく、電流制限がされていなかったようだ。そのため、基板にかなりのダメージが残っているようだ。

--------------------------------------------------------------
タンタルは燃えるもの、リチウムイオンバッテリーは燃えるもの、タンタルソースは美味しいぞ・・・・
って話ではなく。この記事を読んでワタクシはムカッパラがたった次第である。内容がいつの話なのか分からないからである。
タンタルコンデンサはショートモードで故障する・・・・30年ぐらい前から知られている。もっと前か。忘れたが、30年ぐらい前にワガハイがいそいそと設計土方をしていたときに、職場では御触れが出てタンタルコンデンサは使用禁止になった事がある。市場で電子機器の製品が発煙発火を起こしたからだ。全社としてタンタルコンデンサは使用禁止な。
その後にタンタルコンデンサも改善されて使用禁止は解除・・・・になったかどうかは知らないけどさ。ワガハイはそこはすぐにクビになったので(笑)

30年ぐらい前に電解コンデンサの液漏れが生じた事があるの思い出した。電解コンデンサがションベン漏らすのである。我慢しろ、少なくとも10年は我慢しろ、ションベン漏らすんじゃない!! これは原因究明ができて、そのコンデンサメーカーは対策した。どこだっか忘れた。東南アジアのメーカーだったか、国内メーカーでかも忘れた。

その頃、ソニーの乾電池が液漏れ起こした事件もあった。ソニーの乾電池もションベン漏らしたのである。まーションベンは許す。うんこ漏らしたら許さんもんね、わし。

というように事象がいつ頃に起きたのかは記事に書いて欲しい次第である。

上の記事の話が2010年代の話なのか、2000年代の話なのか・・・ ついでに燃えるタンタルはタンタルコンデンサのメーカーはどのような対応をしたのか、今ではどうなのか、いろいろと興味は拡大するのですね。
こういう話にはなんだか 萌えるワタクシ (笑)

電子機器の故障のうち、コンデンサの不良によるものは比率として多かろう。特に電解コンデンサは寿命があるので要注意だ。ただ、寿命とは言っても寿命10年とか言う場合に10年すぎると御陀仏・昇天するというものではない。規定の容量の何%まで低下したら寿命とする、ってな感じなので電解コンデンサとしての機能はまだある。
ニチコン、ニッケミのコンデンサメーカーのサイトに電解コンデンサの使い方・注意点など書かれている・・・昔は読んだ。最近は知らん。

で、ショートモードで壊れるタンタルコンデンサ、導電性高分子コンデンサもショートモードで壊れるんだっけな。最近のは どのぐらい頑丈になっているのか知らないけど。

というわけで、受動部品も興味をもって眺めると面白いかもよ・・・ たぶん。

posted by toinohni at 09:39| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

UWBとかいうもの

UWB(Ultra Wide Band)という言葉は15年ぐらい前に聞いた気がする。その後、消えた。それが最近、復活しつつあるような気がしないでもない。日経エレクトロニクス10 で特集があった。

帯域幅が500MHz以上とか言う話だ。そこでAMのラジオ・・・5級スーパーなどの制作経験のあるワタクシは考える。どうやって500MHzもの帯域の同調回路を作るのだ?  どーよ。

というわけで変調方式から送受信回路まで知りたい次第である。とりあえず昔はQAMとかの技術は知っていたし。マルチキャリア方式ってのも知っていたし。復習を始めてですね、ちょっと詳しくなろうと。

ド素人相手に、「現代のスマホ・地デジ等は技術的には符号理論とディジタル信号処理技術のカタマリなのである。」と、ドヤ顔したいのと同様にだな、
UWBはこれこれとあれこれのカタマリなのであーーる、と能書きをたれたいのである。

ドーーヨ、なにがよ。
StampDecor_157628 - コピー

posted by toinohni at 09:48| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする