2022年08月08日

今日は室温何度まで上がるか

昔、Thinkpad G40を自宅サバにしていた頃、10日ぐらい留守にした夏場にG40が気絶した。暑かったのだねえ。
ノートPCで0℃~35℃ぐらいが仕様だったか。

よーし。今日はエアコンつけずに耐久リースじゃうあ・・・・・ DELL OPTIPLEX 7010SFF、東芝Dynabook R732/F、DELL LATITUDE E6400, Lenovo X201、どれが気絶するか? 

35℃ぐらいで気絶するかいって思うけどね。まーやったことないから分からんですね。

ついでにスマホも暑い中、外で使ってみようずら(笑) 直射日光あてたろ(笑) こらこら、すまほイジメ はんたーーーーーい!!  

posted by toinohni at 09:32| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テクノフロンティアが終わっとるわい

https://www.jma.or.jp/tf/

image

 

くそ。見逃した。私用でちょっと海外に行っていたもので(ウソ)。実家に帰省していた。7月末まで。ワタクシの実家は僻地の離島にあってインターネット環境がないのであるぞう。
いや、ワタクシの実家は貧乏なのでインターネットひいてないのだが隣近所では引いてあるぞう・・・・(´・ω・`)

しかし、オンライン展示会は一ヶ月ぐらい閲覧できてもいいじゃないか?  ってワタクシは思う次第である。リアル展示会と同じ日程にする意味があるんかーーーーーいバカタレ!!
なんちゅーて。

上のサイトの会場風景の小さな写真を見ていたら、ワタクシがおるで、わーびっくり。行ってもいないのにぃぃぃ・・・ それ別人でして。ハゲでメガネかけていてマスクしていて黒いバッグ背負っているの・・・・・それいつものワタクシの格好なのでして(笑)
いやーー似たような奴・・・・・ 親近感がわいてきました。

posted by toinohni at 06:18| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月05日

DELL OPTIPLEX 7010SFFのSSDがこんなんなっとります そーなんだ

image

容量が1/10を切ると赤く表示されるのは知っているのだが、空きが2.72GBというのはなんでだ? が問題なのだよ。

DiskInfo3では空きが40GBぐらいはあるのだよ・・・・ 何が起きたの?

   20日ぐらいDELL OPTIPLEX 7010SFFの電源切って放置していた。海外旅行にでかけたので(ウソ) 
帰省したので20日ぐらい電源きって放置。昨日もどって電源入れたわけだが、そのときOSが起動しなかった。なーーんでか。BIOS画面出してSSD, HDDの検出はしている。だが日付が大きく狂っていた。これはマザーボードのボタン電池がヘタってしまったんだな・・・ が、それとOS起動とはどのような関係が?   知らんけど、その後はWin 11が起動したので使った。

そして今朝。たまたまExplore見たら赤くなっとった。昨日は見てない。

うーーむ。DiskInfo3では空きがあるのにさ~。。。。。(´・ω・`)

 

  というわけで復元ポイントね、キーは。
https://www.partitionwizard.jp/partitionmagic/wrong-hard-disk-free-space.html


しかし、ワタクシのDELL OPTIPLEX 7010SFFではSSD220GBなので、たまにExplore見て真っ赤が出ていたら復元ポイントを削除ってやるしかないのか?  正常動作している直近のだけを自動的に残すってしないのか。どんどん蓄積してしまうのか?  まあこれもね、正常動作していた一ヶ月前のと、一週間前のと3日前のと・・・とあれば便利なのか? 
ワタクシは復元ポイントを使うのは年に1回ぐらいだ・・PCによっては一度も使っておらん・うーたん なんちゅー。

これ、以前もあった気がするが対策は忘れていた・・・・のではなくて、実はここに問題があったのだがね。

「構成」をクリック

こういう素直な場合には問題ない。だがワタクシの場合にはC:が2つ出ていた。少し名称は違うけど。その一つのc:に対して操作して、あららら、減らないなあ・・・・・と悩んだ次第である。どうして c: が2つ出たのかは知らぬ。
今度、同じ症状が出たら画面コピペしとくか。そーだねえ。

posted by toinohni at 05:27| 東京 🌁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月04日

DELL OPTIPLEX 7010SFFがね、2週間電源外しておいたらね 今日 起動しなかったの

帰省した。DELL OPTIPLEX 7010SFFはAC外した。そして今日、電源いれたらOSが起動しなかったのであーーーーる。
画面になにやら出ていたのでF2押したらBIOS画面が出て、適当に見たのだがHDD,SSDの検出は出来ているし起動順も以前の通りであった。
だが時刻がまったく違っていた。ってことは・・・・母板、つまりマザーボードのボタン電池がくるくるパーになっているのか?  可能性はあるか。DELL OPTIPLEX 7010SFFは2013年の製造だし。
AC繋いでいるときはボタン電池の放電はないからな。AC外して2週間でボタン電池はエネルギー使い尽くしたってか。・・
時刻を手動で設定した後にはWin 11が起動したがボタン電池に充電されたから、だろかね。

詳しくはわからんけどね。母板のボタン電池って何年もつのかね。

DELL LATITUDE E6400は一度ボタン電池を交換したね。E6400はCore2-Duoで2008年の製造だね。

てなわけですね。中古のPCを2週間放置するとOS起動しなくなるってかね。だが、AC繋いでしばらく待ったら起動するだろなあって気もするなあ。そのうち考えようって。。。。

posted by toinohni at 13:33| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月03日

東芝Dynabook R732/F 暴走というかハングというか

昼間に東芝Dynabook R732/FでスマホUSB接続していたらカーソルは動くがクリックが反応なし、とかの症状が出た。キーボード叩いても反応なし。

Ctrl + Alt + DELで出る画面が出たがカーソルで項目へ移動して選択してEnter押しても反応なし。
電源ボタン10秒押しで緊急避難じゃあ・・・も効かず。AC外してバッテリー外して、その後にバッテリー入れてACいれて電源オンで動作した。その後は正常。

原因。。。。。 東芝Dynabook R732/Fが気が狂った(笑) まあなんというかね、想像だけで室温が35℃超えていたよ。エアコンが壊れてまして(´・ω・`)
電源切った扇風機当てて・・・その後は動作している。

この手の電子機器は周囲温度として仕様上は0 ~ 35℃ だろからなあ。5 ~ 35℃だっけな。低い方はワタクシはそういう環境で暮らしたことがないのでわからんのですね。

だいたいは室内・・・・当然エアコンが効いてと思うだろ。エアコンは故障するんだーーよ。

でね、室温35℃を決めるのは部品としては何が?  上で暴走と書いたがICが熱でおじゃんになのって半導体としてはJunction T ≒ 150℃ だっけな。そこまで上がったかね。

てなわけでCPU,HDD等の温度モニターするツールを起動しつつ試して見からるか。エアコン止めて35℃から37℃ぐらいの部屋にしてだな・・・・ やらねーよバカタレ。

ただ、暴走かな・・・・・というときは温度も注意してね。

ついでだが東芝Dynabook R732/Fは今朝Blude Screenが出たのだよん。室温は28℃だったんだよん。これは熱とは関係なくWin 11が新コロ感染したんかーーーい?  ちがーーーーう!!

posted by toinohni at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月06日

FPGA市場ってどうなん 知らんけど  だったら調べてえ 検索ぐらいしてえ

https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/act/19/00008/091302732/

FPGA市場は、大手2社、すなわち米Xilinx(ザイリンクス)と米Altera(アルテラ、その後米Intel(インテル)が買収)が次々に打ち出す大規模製品にけん引されてきた。その流れにくさびを打ち込んだのが米Lattice Semiconductor(ラティスセミコンダクター)である*2。小規模品を投入し、低消費電力が必須のスマートフォンなどにも採用された。Microchipが今回発売した新製品は、大手2社が優勢な市場よりも、Latticeが切り開いた小規模市場を狙ったものといえる。

今回の新製品は「PolarFire FPGA」の「MPF050T」と、CPUコアを混載した「PolarFire SoC」の「MPFS025T」の2つ。前者のMPF050Tは48K個のLE(Logic Element)と3.6MビットのSRAM、150個の乗算機などを集積する。いずれも、PolarFire FPGAの既存品の中では最小規模だった「MPF100T」の約1/2である。

-------------------------------------------------------------------------------
大手2社の製品と競合しないのが賢いのだよ。で、Latticeは賢いのだよ。そこにMichrochipが参入だよん。
CPUコア内蔵って・・・たまにはデータシート見るか。CPUをIPで実現するのではなくて初めからハードとして入っているわけか。ってかね、そんなもの趣味の電子工作とは関係ねーすわ。どーや。

いや、趣味の電子工作用途ではないのだし(笑)

では、Lattice路線に参入するのはmicrochipの他にもあるってかね。まーそのうち記事を探そうって。

で、Microchipの製品の用途は?   そだねえ。。。。 まーワタクシが知るよしもにゃーす。

posted by toinohni at 10:08| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XilinxはAMDに買収されたのである なあぁにぃぃみつけちまったな

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1388278.html

米AMDは15日(現地時間)、FPGA製品などを主力としているXilinxの全株式を取得し、買収を完了したことを発表した。Xilinxの株主には、普通株式1株あたりAMDの普通株式1.7234株を提供と、AMDの普通株式1株に満たない現金を取得。今後Xilinxの普通株はNASDAQ市場で取引できなくなる。

--------------------------------------------------------------
  ワタクシがFPGAを知ったのは90年代後半である。当時はいくつかFPGAメーカーがあり、FPGA開発ツールを提供する業者もあった・・・気がする。
2000年代に入るとAltera, Xilinx, Latticeに収束した。2大巨頭がAltera, ZilinxでありLatticeは規模が小さかった。
目端の効く技術者は90年代でFPGAに目をつけFPGAの設計能力をとっとと学びマスターしたのであろう。HDL言語のマスターとツールの使い方をマスターすればFPGAの仕事はいくらでもあった・・・・か、どうかは知らんけど。
そして、2010年代なかば・・・・AlteraはIntelに買収された。遅れてXilinxがAMDに買収された。CPUメーカーとして知られるIntel, AMDがその幅を広げて事業拡大だ。
Latticeは買収話が噂されたが未だに存在するのである。Altera, Xilinxとは路線が異なり小型FPGAに特化した・・・ような気がする。
かつて技術展示会では、CEATEC, Techno Frontier などではAltera, Xilinx, Latticeと出展があったのだが2010年代後半では出展が消えた。Latticeは出していた気もする。

てなわけでワタクシがFPGAを知ってから四半期が過ぎたばい。

とっくに趣味の電子工作にも興味を失ったワタクシはXilinxがAMDに買収されたのを知ると・・・・ なんとも思わんのですわ(笑) どーーや。
とっくに引退しているワタクシなのである。どーよ。

知るかよ。

いや、言いたいのはね、90年代にはFPGAが登場し、その後は規模の拡大競争。液晶ディスプレイやデジタルカメラ、液晶プロジェクターが登場し、その後は解像度競争。CPUはクロックアップ競争と周辺内蔵の競争・・・・などが2010年頃まで続いたのである。
そして2010年以降はどのような競争があったか、思い浮かばん。FPGAは飽和、CPUクロックも飽和、液晶解像度も飽和。。。。。 なにか新手の飯の種はないものか(笑)
2010年代には機械学習、AI等の進展はあったのである。
スマホの性能向上もあったのである。

  で、FPGAの用途拡大は?   知らん。そこだで。もっともFPGAだけでビジネスができるかーーーい。ツールメーカーはできるじょ。そだねえ。

まあしかし、半導体分野ではM&Aは多々あるのであり・・・ あらら、最近はもう飽和したか。
AMDがZilinz買収した・・・で打ち止めか?   知らんけど。

アナログICでもTIがLinear Technologyを買収して久しいのである。なんちゅーて。

それとはもとかく、ワタクシの中古PC、中古液晶モニターは故障しないのである。故障しないモノが残ったというだけだがね。
PCは2006年のデスクトップPCあるし、2008年頃のDELL LATITUDE E6400も動いておるおる。液晶デスプレイはハードオフで買った中古を未だに使っているです。製造は2000年代ね。
画面にちょっと傷があって激安でしたね(笑)

このように故障しない電子機器を開発販売するメーカーは好印象を持つ。なんちゅーて。

で?

posted by toinohni at 09:58| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月04日

ドローンでこんなものも運ぶのかあああぁぁぁ・・・・

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220703-OYT1T50102/

北海道上士幌町で1日、小型無人機「ドローン」を活用して和牛の冷凍保存していない新鮮な受精卵を配送する実証実験が行われた。同町と連携し、ドローンで配送を行った「ネクストデリバリー」(山梨県)は、「牛の受精卵のドローン配送は世界初」としている。

牛の受精卵を積んで離陸するドローン(1日、北海道上士幌町で)=原中直樹撮影

和牛の受精卵を乳牛に移植した代理出産は国内各地で行われている。通常、受精卵は乳牛のもとへトラックで陸送されているが、今回はドローンで運んだ。

ポットに入った受精卵を移植師(左)に手渡す牧場関係者

実験では、町内にあるJA全農の施設で、1日朝に採卵された和牛の新鮮な受精卵の入ったポットが箱詰めされ、ドローンに装着された。離陸したドローンは高さ約70メートルまで上昇し、約7・1キロ離れた同町更進地区の熊谷牧場(熊谷肇さん経営)に約13分間で届けられ、直ちに乳牛に移植された。出産は来年5月になる見通し。
-----------------------------------------------------------------------
これ、不思議。このドローンはどうやってコントロールするわけ?  7kmぐらい離れている場所にドローンが飛んでいく。無線で制御する・・・として7kmぐらい飛ぶ電波って・・・・
さてと、電波法ではどうなのよ。どの電波を使っているのよさ。ここだぜ。

7kmも飛ぶ電波って・・・・電波法に違反してないか、そのドローンは? 

  というわけでドローンに付いて知りましょう。機種、バッテリー、搭載可能なモノの重さ、電波の届く距離、ドローンを飛ばすために必要な行政との他続き、どーや。

てなわけですね。

ドローンって電波がキレてコントロール失ったら、いずこへーーー???  ってならないように電波強度を監視していて一定散り弱くなったら戻る機能があるのだろか。バッテリーも残り50%になったら戻るとかサー。 まあそこらもどっかの機種の仕様書探してみっかね。
ドローンの運転するのに資格要るか?  待て待て。うーむ・どっかでドローン操縦塾だかがあって費用が20万とか30万とか出ていた気がするなあ。これは うろ覚えであるけどね。

つまり、ワタクシはドローンについて、あまりにも知らなすぎるのである。昔、技術展示会でドローンを見た事は何回もある。10年ぐらい昔だなあ。そのころは興味あったんだがね。

で? 

学校がある。
https://drone-school-navi.com/

https://drone-school-navi.com/school/%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e6%96%b0%e5%ae%bf/
内容によって受講料は変わるが、まーなんというか、高いの(´・ω・`)
27万とか25万とか・・・・・・・ どっひーーーーーー。まあ、それで仕事につければいいかもですけどね。
ドローン操縦者です、ワタクシ・・・・って事で仕事があるですかねえ。しらんけど。

posted by toinohni at 09:47| 東京 🌁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月03日

せどらー という職業というか職種があるらしい なあぁにぃぃみつけちまったな

Youtube動画。ハードオフからジャンクPCを買って修理して販売するうp主がいたりして。ジャンクPCをハードオフで1000円で買って修理して動作するようにしてハードオフに売ると5000円ぐらいになる。ハードオフはそれを1.5万円ぐらいで売る・・・どーや。この数字は適当ね。

だが、それでは儲からん。ハードオフに売るのではなくヤフオク・メルカリで売るのだ。その方が儲かる。
なるほどねえ・・・

と思っていたら、ガラクタをたくさん手に入れて修理というか動くようにしてヤフオク・メルカリ等で売るというビジネスがあるようだ。そういう連中を せどらー というらしい。せどり をする人を せどらー という。
ちなみに、昔の昔に安室奈美恵が流行った頃に安室奈美恵の格好を真似るバカ少女・女などをアムラーというのだった。思い出したで。奈美恵ちゃん。元気か。知らんけど。

で、せどらーの中には、それてって転売やあぁーーではないのか? と思うのもいるが、よくわからん。
転売屋は安くで買って高く売る・・・その際に商品に手を加えない。
せどらー はガラクタを安くで買って動くようにして(出来ない場合はバラして部品を売る)、高くで売る。これは資源活用、リサイクル、モノは大事にしよーーー、資源の浪費をやめようというワタクシが共感する精神に則っておるおる。

そこだぜ。よっしゃーー、ワシも せどらー を目指すぜ。どーや。

知らんがな。

一応、ワタクシの感想は、中古屋の派生じゃん、それ。ということは古物商の許可が必要だわな。よーし。取るか。犯罪歴がなければ古物商の許可は取れる・・・だっけな。
むかし、青木雄二の「なにわ金融道」で勉強したで・・・・ (´・ω・`)

というわけだが、問題はある。せどらー はガラクタ電子機器をどこで仕入れるか。ハードオフとか街のリサイクルショップとか、だろ。
せどらー が激増したらきハードオフは せどらー であふれるで(笑) そこだな。

目端が利く連中は せどらー で儲けて、せどらー が増えて儲からなくなる頃には別のビジネスを始める。賢いヤツらはそうする。
ワタクシのように、せどらー って儲かるらしいぜとYoutube動画で知ってから参入しようかなと考えているヤツらはバカなので何をやっても儲からん。どーや。

こういうのはな、昔からあって。パソコンベンチャーの例で言うと、パソコンが売れた、ビジネスとして成功だ、儲かった・・・と言う頃には撤退すべきなんだ。パソコンが儲かると知るとアホの大企業は参入してくる。こいつらはベンチャーの成功例を見ると真似する。松下電器が真似した電気と揶揄された時代が昔はあったののだ。どーや。
だが、パソコンはもう大手が参入して価格競争になったのでワシラ弱小ベンチャーが維持できるビジネスではない、とベンチャーのトップが判断して、次の飯の種に注力する・・・という事ができるベンチャー企業の創業者はいなかった。
成功すると成功を維持したい。次へ進む決断が出来ない。
儲かっているといつまでも儲かると勘違いする。ベンチャーに限らない・大手でもそうだ。SONYがCRTテレビでヒットを出して儲かった・・・結果、次の液晶ディスプレイ等の薄型テレビへのシフトが遅れてテレビ事業部門は衰退した。2000年代代の話だ。
SONYのウォークマンは大ヒットした。アナログのテープだ。儲けた、なので次のシリコンオーディオへのシシフトで遅れをとった。アップルにとっとと追い越されたのは記憶として残っている。
CRTテレビで儲かっている頃に、次を見据える能力がなかった。
テープのウォークマンで儲かっている時に次のデバイスへ投資するのを怠った。
パソコンで儲かったベンチャー企業のトップは次を・・・いや、これは辞めておこう。
ワタクシが知っているパソコンベンチャーのトップは次は通信だ、と捉えていた。それは正しいのだが、技術力がなかった。80年代にNTTのISDNが出たのだが、64kbps基本であり、大量のデータ通信には向かなかった。要するに映像・音声等を込みを扱うには遅すぎた。
その後、米国からADSLが入り、速度はISDNの数十倍。次は光ファイバーだ。そして、思い出すのが西澤潤一という研究者・技術者である。光ファイバーの発明者である(あくまでも個人の感想であり)。 光ファイバーの発明者はノーベル賞を受賞した。米国の科学者である。ちょっとまてよ、とワタクシは思った。もう四半世紀以上も昔の事だ。

つまり、目端が利く連中は他社が追随する頃には次のPhaseへShiftしているのである。同じことをずーーーとやっていて、それはそれで構造を維持するという役割はあるのだが、新たなビジネスを開拓するという事にはつながらない。

ベンチャーで成功した例としてソフトバンクがある。ソフトウェアのレンタルから始まり、PC関連雑誌の出版社も手掛け、iT登場後はADSLの普及に強引に頑張り、アップルの販売代理で急成長し、その後は投資会社としても活躍しているハゲの孫さんは、ワタクシと似た年齢なのである。

で、せどらー の話はよ?   すまん。忘れた(笑)

posted by toinohni at 17:46| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月01日

進相コンデンサが燃える 真相を知ろう 進相コンデンサの真相 どーや

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e817eb7632936af136b73c550a662a9865ee8fd
image


-----------------------------------------------------------------------
進相コンデンサってどんなん?   実物はよーーー出しい・・・ そだねえ。スイッチング電源や回路基板の電解コンデンサなら知っているけど進相コンデンサって実物見たことないし。
進相コンデンサの真相はいかに・・・・しんそうこんでんさの しんそうはいかに ププッ)

https://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/taca/capa/pmerit/index.html
image

    これって筐体は金属かい。

https://www.monotaro.com/p/3826/4283/
image

これって燃えないだぎゃー!!   と思うのだがなあ。

ああ、そうか。火災を起こしている進相コンデンサは古いのだった。40年前の製造、とかね。

>>>
2017~21年の5年間に同庁管内で起きたコンデンサーが原因の火災は49件で、うち85・7%が6~9月に集中した。大半は設置から40年以上が経過しており、20年8月に台東区の作業所兼住宅が全焼して住人の80代男性が死亡した火災では、60年以上たったコンデンサーの劣化が原因とみられている。1975年以前に製造された製品には安全機能がないという。
>>>

   ということです。60年以上たったコンデンサってさ・・・・わし生まれとらんぞ。。。ウソ。

とにかく進相コンデンサが燃える理由がわからないと思った記事であるが最近の部品ではないのだった。
30年ぐらい前の扇風機から発火したとか、の記事は数年前に見た記憶がある。扇風機だけでなくコンセントの電極間にホコリが溜まって湿気がついて電気が流れて発熱して火災になったというのも聞いた記憶がある。
だが進相コンデンサの発火は初耳である。

モノは大事に、もーたいなーい精神で行こう・・・・という事自体は良いのだが注意は必要なところは多々ある・・・ようですね。そだねえ。
ワタクシんちの一番古い家電製品は・・・・四半世紀前に買ったSANYOの一掃式洗濯機だ。買ったのは第一家電だ。SANYOも第一家電もとっくにないぞ。25年間故障知らず。さすがはSANYO・・・・昔は一流電気メーカーだったのになあ(´・ω・`)
故障しないので使うずら。
電子レンジや冷蔵庫は長持ちしない。松下の多機能電子レンジもハイアールの多機能電子レンジも長持ちしなかった。今はハイアールのシンプルな電子レンジを使っている。4年ぐらい持っているぞ。冷蔵庫はシャープのものが長持ちしなかったなあ・・・10年で故障した。

てなわけだが、40年も60年も使い続けるってエライ!! のかバカ!! なのか わからんところだ。

たまにはリコール情報でも見るか
https://www.recall-plus.jp/info?page=1
image

おやおや、ベンツ君、リコール出ているぞ・・・・・ 高級車も手抜きがあったんかーーーーーい。

リコールとか返金とか いろいろあるものだな。ワタクシは買い物は近所のスーパーやクリエイトなので知らんわ。ベンツ買いに車屋に行くことは皆無だもんねーだ。
まーしかし、身近の製品でも何かあるかもよーだ。

数年前にYahooモバイルの端末でバッテリー発火の可能性で・・・すでに解約していたけど端末をYahooモバイルの店に持っていったら3000円かな2000円かな、くれたので貰って酒買って飲んだ(笑)
なのでまったく何事もないなんてこたーないだすぜ、電子機器、電気機器は。

なむ。。う・・

posted by toinohni at 11:57| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする