2021年04月16日

dynabook R732 でアーーーソブの巻

電源ボタン押して直後に F2を連打するとBIOS設定画面が出るのでした。

F12 押す場合は起動順の選択画面が出た。これ使おう。

というわけでUSBのUbuntu20.04LTSを起動だ。

で、Anaconda-navigatorと叩くとNavigatorが起動する。そして、RStudioをインストだが途中で止まって新しい環境作ってインストしやがりなさいましと出たので rstudio という環境を作ってインストした次第である。

しかーーーし、何か変だジョー。RStudio versionを見たら 99.9.9 と出たばい。なんで?  Navigatorのアイコンたくさんある画面では Rstudii 1.0.4 とか出ていたばい。
これはまたなんで?   肝心の Rは 3.6.1 でした。これ、最新は 4.0.5 だっけな。

というわけで、どないしたらRStudioのバージョンを最新のものにできるか?  RStudio Helpでは、これは最新のものです、と出たばい。嘘つきで R ばい。

いや、別にRStudioつかうのにU20を起動する必要はないのだけどさ。まあ暇つぶしですから。
人生は 死ぬまでの 暇つぶしである・・・・ by 昔の偉い人

で? 

posted by toinohni at 08:22| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

dynabook R732 起動が遅くなった どひひひ

Win 10起動に時間がかかる。気がした。SSDにしてから快適だった・・・きがしているのだが。

検索していくつか試した。

起動時にタイムアウトの設定が30秒、これを10秒にした。すると起動後にWin 10のマドみたいなのが一つ出て、それが10秒ぐらい続いて次へ移る。タイムアウト10秒はそれだったんか。ということは20秒は短縮か。ほんまか。
つぎにページング。Memory 8GBなのでMemory不足になったらHDD使うってのいらんだろから無しに。
それで再起動・・・・
うむうむ。少し改善した・・・・気がする。

DELL OPTIPLEX 7010SFFはWin 10起動でストレスないのだがなあ。マシンパワーが違うけど。
dynabook R732ってこんなものだろに。Lenove X201と似たようなレベル。

ただ、USB3 32GBでUbuntu20.04LTSを起動したあとの、Win 10の起動での遅さは解決していない・・・気がするが、U20使う気にならんし(笑)

そのうち、Win 10 WSL2 でU20 GUIが使えるようになったら使おう。テキトー。

蛇足だが、Google Driveのアイコンがグルグルして長い。1個のファイルを再試行していますってのが長い。なにそれ?

image

なんですとーーー!!   いや、それはVisualStudioの何かのファイルデンがな。違うな。

これはVScodeのファイルだ。だが、それは一つではなくてたくさんあるのだぜ。なんで1個だけ同期できんの?   知るかよ。なので放置。上のメッセージ出たらグルグルは止まったのでいいや、もう。

posted by toinohni at 06:30| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月15日

東芝 dynabook R732 なんか調子。。。いいのか、わるいのか

元はWin 7であったものを中古屋が Win 10 を入れて販売していたものである。たぶん、業務用のノートPCで企業が一定年数使用後に大量放出したのだろう。減価償却だか、どーたらこーたら。

で、USB3メモリ 32GBにUbuntu20.04(以下 U20と略す)をインストしてR732の起動時にF2を押してBIOS画面出してUSBからの起動をトップにして、レッツラーゴー・・・・
なのだが、どうしてだか Win 10が起動してだな。あらら、らー。
で、再度シャットダウン、電源ボタン押し F2連打でBIOSだして・・・ってやっていてU20が起動した。
それはいいのだが、その後 U20をシャットダウンしてUSB外して Win 10の起動だ・・・という時に、起動に時間がかかる。HDD LEDが点滅しているので何か処理をやっている・・・・とは思うのだが時間がかかりすぎだ。SSDなのでとっとと起動するのが普通だったのだ。

で、Win 10ばかり使っているとシャットダウンして翌日にWin 10起動とやっても起動は普通に早い。
一回、USBからU20を起動して使ったあとで、Win 10の起動に異常に時間がかかる。何が置きているとゆーーーのよおぉーー? 

U20起動の際にはLinux特有の画面が出てトップにU20があり、その下にMem Checkとかあり、一番下に Windows 10がある。これってみたことあるぞ。GRUBか?  いや、うろ覚えだけど。
一度、それが動くと次のPC起動でUSBはずしてWin 10起動だあ・・という際にも何かあるのかに?   U20の起動の際にWin 10側に何がしかの影響を与えたというのか。

今の状態だとU20を使うメリットがない。SSL2を有効にするとVBox + U20が使えなくなったのでUSBから起動すればいいんじゃと思ったのだが、現時点では実用にならんのである。
常にU20ばかり使えば無問題!!  ではあるが、だれがするかバカタレ。
Win 10 <---> U20 をスムーズに切り替えて快適に使いたい次第である。

ワタクシに方法を教えろ、Google様!!  

posted by toinohni at 10:18| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月13日

東芝 dynabook R732 の不思議・・・ってほどの話ではないのだが

自宅で使う。ワタクシは政府の方針によって不要不急な外出はひかえおろう・・・・なのでして、まあヒキコ森とも言うですね。
なのでスマホにしてもノートPCにしても外で使う事はあまりない。

たまにガストに朝飯を食いに行くときにノートPCを持っていく事はある。がら空きなので快適である。場所が場所だけに午前中の8時頃は客はワイだけってことも(笑)

で、気づいた。r732のバッテリ状態のアイコンが右下にある。カーソル当てると80%が利用可能です、と出る。なんでじゃー、なんでおまいは100%にならんのじゃー!! 
 
昔のリチウムイオンバッテリーは満充電するより80%充電の方が長持ちするとかの妄想があったの思い出した。これ、そのうち100%可能に変更する。
現時点でバッテリーの持ちはワタクシの場合、問題にならない。ガストはACアダプターが使えるし、ジョナサンも使えるんだよん。飲食店はそういうの増えたよね。近所の図書館も使える机があるんだゆおおおぉぉぉぉんんんん。どうよ、なにが?

かんがえてみると100%でも80%でも、どうでもいい話なので放置決定である。

  それはそれとして、オリンピックの聖火リレーは今頃どこを走っているだぎゃー。
新コロ感染拡大の中、こういうオリンピック開催するということは困難な状態でもなんとか工夫して開催して成功しようぜ。。。という姿勢を感じてよい。萎縮しすぎて何もしないというのが一番良くない。
海外客も選手らもワクチン接種したり、観客は詰め込まず、審判員は全員マスクして、選手、観客らの宿泊施設も警戒・用心してだな、気を緩めないで地道に努力しようぜ、うむうむ。

まあしかし、5月大型連休も小池のオバちゃんは自粛推奨であるぞ。
つーかね、英国がロックダウン、ワクチン接種の効果が出てきて、ロックダウン緩和の検討しているとか言うトルが、だいたい緩和すると次は第5派になろうよ。

WHOの親分も収束の気配がないというとるし。うむうむ。

だが、選抜は無事に終了したし、大相撲春場所も無事に開催し終了したし。プロ野球も始まっているわけでして。
観客は詰め込まず、用心・警戒怠りなく、だね。プロ野球選手らも感染して話題になったけど。

  で、R732のバッテリーと何の関係が?   しらんもんね、m(_ _)m

posted by toinohni at 19:50| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランジスタ技術という月刊誌がある 知っ寺ーーー

https://toragi.cqpub.co.jp/tabid/120/Default.aspx

  まあしかし、昨今のエレクトロニクスは国内メーカーの元気の無さが普通になってしまった。電気製品は市場に溢れている。安い東南アジア製品の・・・
テレビもパソコンも洗濯機も冷蔵庫もエアコンも必要である。需要はある。だから供給するメーカーが儲かる。安くでまずまずの機能の製品を海外メーカーが供給する。市場はある。だが、国内メーカーは元気がない。
シャープが台湾メーカーの小会社になって数年だ。サンヨーは消えて10年ぐらいになるか。アイワもサンスイもとっくに消えた。PCもスマホもありふれて普通にある。国内メーカーが作らなくても困らない。

そう、国内エレクトロメーカーが作らなくても、モノはある。製品は手に入る。そこだで。

で、トランジスタ技術が薄い。薄い上に記事の内容は順繰りグルグルで似たようなことばかり繰り返している。もちろん、この分野を学び始めた少年・少女・若者らにとっては何もかもが新しい事であり、ワクワクするだろう。ワタクシも半世紀前はワクワクした(あくまでも個人の 思ひで であり )


年取ると、こういうものに興味はなくなるの(笑) こういうものに興味を持つ若い連中だけが順調に成長してくれればいい。その数は別に多くなくてもよい。どうせ優秀な連中は限られているのである。テキトー。

さてと、酒でも買いに行くか。近所で戸建て30棟の建築現場があるが最近は日が伸びたせいか夕方も6時過ぎても作業している。働き者がたくさんいるのだ。
この働き者がたくさんいる中で週休3日にしようとか妄想を言い出したバカどもがいる。それって、休みの3日間は社外で働け、って言う取るのだぞ。週休3日で今までと同じ給料出すわけがないだろに(笑) 副業が当然の時代に持っていこうってかよバカタレ!! 

でな、トラ技等も書き手がいないらしい。いや、正しくは書いてもカネにならないから誰も書きたがらないって事ではないかね、出版社さんよ(笑)
そのうち週休3日になったら、3日間は原稿書きで暮らす連中が増えるぞ(笑)安くても書くぞ、ってのが・・・・

posted by toinohni at 16:52| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

オレって天才じゃね? うーーーーむ 違うと思うなあ なんですとーーー

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00593686?isReadConfirmed=true

日刊工業のWeb-Siteである。こういう場合に、技術思考の者は決してホームページと言ってはならない。その言葉はバカに迎合するアホの連中が使う言葉だからである。てへ。

でな、無料会員なんですがワタクシ。読める記事は月に10本と制限されている。しかし、そんなこたーワタクシは気にもしないばい。

日刊工業で10本読む、電波新聞で10本読む、日経で10本読む。△□新聞で10本読む。・・・・トータルでタダの100本ぐらいの記事をワタクシは読んでやる・・・心意気である次第なのだばい。

新聞社も出版社もWebからカネを得るにはどうしたらいーか知恵を絞っているであろうが、ワタクシはカネ払わんからな。タダの記事で十分である。詳しく知りたくなったら2ch.sc, 5ch.netで探すであるばい。。。。(´・ω・`)

こういう戦術がいつまで続くか傍観しているよ(笑) 新聞社のWeb-Siteなんて広告載っけて儲けているんだろ。。。。と言う意見は成り立たない。ワタクシはFirefoxのAdd-onsで広告ブロッカーを使うからである(笑) 稲 麦 タンポポ。

Web-Siteで広告出したらカネが入る・・・という単純な図式は成り立たない。広告など見たくない連中が多数だ。なので広告ブロッカーが機能向上を続けるのだ、どーよ。何がよ。(笑)

ワタクシは一日に50ぐらいのメールが来るのである。メルマガというものですね。それ、配信停止処理すればいい・・・・のではない。配信停止するとね、無料会員で読める記事が読めなくなるとかの いじわる をするんだ、あいつら(笑)

メルマガは来たらゴミ箱に直行にしとけば無問題!!  なんてね。

記事は読みたい、メルマガは要らん。そういうワタクシの希望を実現するソフトウェアを探してみようかなーーー こらこら。

で、年度が変わった。5ch特有の 3/32 を今年も見た。気づいたかい。知らんけど。

posted by toinohni at 16:34| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

性能の高いPCは価格も高いのである そりゃそーだ

AIの本を見ていたらGTX 1080で動作確認しました、と書いてあった。グラボーのGTX 1080の価格を検索したら ドッヒーーー以下100回繰り返し。

ワタクシのDesktopPCは DELL OPTIPLEX 7010SFFという廉価モデルでありグラボーは搭載しとらんのですわ。搭載しようとしてもLow Profile, 低電力モノに限定されますのですわ。たぶん、性能はさほど高くならないであろうと思うずら。
というわけで、AIだ機械学習だ・・・は記事だけ読んでます。
将棋AIで学ぶディープラーニング って本が図書館にありまして。借りたのですわ。
これは・・・・
趣味でやるにしてもゲーミングPCが必要なんですわ。。。。。 ワイはゲームやらんのですばってん。

ハイスペックPCでバシバシ・・・・ 電気代もドシドシ・・・・ 貧乏・金無しのワタクシには不可能ですばってん。
では、クラウドサービスを利用ってのはどうだ?   時間貸しらしいぞ。って記事を読んだのだが、毎日使うのであればゲーミングマシンの中古探して買う方がマシじゃね? 

とにかく、カネだ、趣味も遊びもカネだ、仕事もカネのない企業では設備投資もしないから中古の低スペックPCが壊れるまで使うど、カネだ、世の中カネだ、カネダマサイチは400勝投手。

なむう。。。な日々が続く。

天気がいいので桜でも見に行こう。満開であろう。そして、小池のオバちゃんが自粛しろと言うとるので花見客はおらんうーたん。ワタクシが桜世界を独り占め、こそーり焼酎を飲んじゃる!!

posted by toinohni at 10:48| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

半導体が品薄? そりゃまたなんで?

https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1306243.html

最近、PCショップ店頭を覗いてみると、価格表には「売り切れ」の文字が目立つほか、在庫棚も空きが目立つようになっています。

品薄が深刻になってきているのは、AMD Ryzen 5000やGeForceシリーズ。

Ryzen 5000シリーズに関しては、昨年11月の発売直後から在庫不足が続いており、2月に入ってからは店頭で在庫を見かける事もほぼ無し。「次回入荷は未定」(ショップ)という状況で、CPU単体の入手は非常に困難な状況。ちなみにIntel CPUは一部モデルは品薄ですが、シリーズ全体で見ると入手しやすく、価格も下落傾向となっています。

----------------
なんで。製造工場が最近ストライキしたという話もないし、製造工場のある地域で大地震が起きたとかの話もない。日本では東北で大地震があってトヨタは部品不足になったという話はあるが、半導体不足の話ではなかったし。

すると、これは・・・ 半導体製造工場は世界に台湾のTSMCだけがある・・・・からか。いや、他にもたくさんあるだろう。

そこらの分析を経済学者・評論家はとっとと調査してワイに教えろ。頼みますm(_ _)m。

なに、その上から目線は。 てへ。

国内の半導体メーカーは仕事減ってんだったら、いまだ、作れ、作りまくれ、今が大チャンスだで。。。 っってか、国内の半導体メーカーが作るLSIは用途がなかったりして。

だからな、この分野の経済に詳しい評論家諸氏の活躍時であるぞ。今がチャンスだ。てへ。

posted by toinohni at 16:13| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

トラ技という月刊誌があるんですわ ほー で?

https://toragi.cqpub.co.jp/tabid/944/Default.aspx

3月号はFPGAの特集だが執筆者を見ると昔と変わらんなあ(笑) そりゃ、長生きしているんだろ。

知ってる名前ばかりだわん。

まあしかし、ワイのようにちょう・ベテランはともかく、今の20代の技術者、技術者もどき、技術者みならい、技術者補佐(あくまでも個人のテキトーな考えであり) から見たら新鮮であろう。
いいのだ、それで。この月刊誌をいつまでも読んでいる奴は何の発展もないのだ(笑)
職場でも地位が上がったら読むものは変わってくるだで(あくまでも個人の妄想であり)。

とはいうものの、トランジスタ技術という名称も時代に合わなくなっている。この雑誌が出た当時は時代にマッチした。マッチングした。適合した。真空管からトランジスタに変わる頃。。。今から50年ぐらい昔ね。
今はトランジスタ単体でなにか作るということはニッチ分野ではあるかもしれないが、一般的ではない。機能はICに入っている。LSIに入っている。デバイスは進展した。デバイスを使いこなすのが技術者の技量の一つでもある。

そう、デバイスを使いこなすのだ。そこだよ、ちみぃ。そのためにはどういう知識が必要か。そこだね、ちみぃ。

システムとかソフトウェア関連とか、ハードもソフトも製品には必要なのだけど、かといってCQの「インターフェース」月刊誌がその役割を果たすかというか、そうでもない気がする。つーか、最近は読んでないけど。
もっとも分野限定して複数の雑誌を出す事で読者を釣って儲けるのだというのが戦略かもしれないけどね。

昔の昔、ワタクシが紅顔の少年である中学生である時は「ラジオの制作」「初歩のラジオ」という月刊誌をたまに読んだ。近所の高校生のお兄さんちには「トランジスタ技術」という月刊誌があった。たまたま、トランジスタ技術を見たワタクシはビックリギョウテンしたのである。
レベルが違うのだ。内容は分からんし(笑) 中学の時の、あらら、小学6年だったかな忘れたが、トランジスタ技術はワタクシの憧れであった。うーーむ。懐古趣味かよ。

では、今の少年・少女らが見て憧れるような月刊誌があるのかどうか。
ワタクシは工学部・電子工学科に進んだのである。子供の頃に見た近所のお兄さんちの「トランジスタ技術」がトリガーであった。

今の分野で子供らに夢となるような、あるいは人生の職業選択の際のヒントになるような、そういう月刊誌があるのだろうか。エレクトロニクス系に限らず、だ。
うーーむ。知るかよ。

posted by toinohni at 12:19| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

スイッチング電源って SWPSだと思っていたのに SMPSってのも表記があるのかに

https://www.kumikomi.jp/smps/
スイッチング電源とは、スイッチング素子を用いて電力の変換・調整を行っている電源装置の一つです。電力の変換・調整を行うことで、出力を安定化させています。Switched-Mode Power Supplyを略してSMPSとも呼びます。

-------------------
あらら、らー。ワタクシはSWPSだと思っていました。SWitching Power Supplyで。

  うーーーん。SMPSは M と W が上下反転するといいんじゃね?

いや、言葉として、ワタクシは、すいっちんぐ でんげん、とは言いますが、すいっちど もーど パワー さぷらい とは言ったことがないし聞いた事もない。

うーーむ。これはなんで?

学術用語では、Switched-Mode Power Supply と言い、製品レベルではSWitching Power Supply と言うのであるか。知らんけど。

昔、スイッチング電源の開発・設計をやった時期があるけれども、すいっちど もーど ぱわーさぷらい と言った事は一度もない(笑) すいっちんぐ でんげん と言いまして、SWPSでありまして、SWitching Power Supplyでありまして。

きっと、SWitching Power Supply という陣営と Switched-Mode Power Supply という陣営がいるんだろな。ワタクシは SWPSの陣営です。SMPSではござらぬ(笑)

これ、さっき気づいた。SMPS とかいてあっても SWPS だと思っていた。 M と W は似ているからさ。うーーむ。
知らんことってたくさんあるのだよ、ちみぃ・・・・(笑)

posted by toinohni at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする