2024年04月23日

Fontって大事だよね ふぉんと にね なにを!

数学の本ではベクトルを Aの上に→。そういうのText Editorですいすいと出て欲しいわけさ~。

こういうの誰かが作ればいいのか?  それともユニコード記号ですでにあるのか。あるのなら使い方を知ればいいのだがね。

ハドロンのうちバリオンはクォーク3個、qqqである。メソンは q(~q)である。~qはqの上に棒を乗せた記号なのだ、本では。そういうの書きたいなあ(´・ω・`)

そもそも本で用いられている記号がどうしてパソコン等で利用できないのだ?  本のFontはあるから印刷されてきれいにでているのだろ。本のFontをパソコン等に流用すればいいのではないかいな。Fontなので ふぉんとに?   (笑) なにを!

ħはあるなあ。どこから探したか忘れたがコピペ。Google日本語に登録した。ただ、ħの横棒が見づらくて。
ħ MS明朝 にしてみました。

てかね、数学記号、ギリシャ文字等をスイスイと書けるようにしてくれたまへよ、賢いGoogle, Microsoftの皆様。

わざわざLatex導入してどーたら・こーたらでなくて、とっととスイスイとできるようにしてほしいものだでや。
Fontさえ作ればいいように思うのだがなあ・・・ド素人のワタクシは。そもそも印刷物の教科書で表示されている記号等がパソコンで使えないって退化・劣化ではないか。プギャあ!!

と、ワタクシがブータレてみました(笑)

 

 

posted by toinohni at 09:59| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日一項目 なのだ

image

メモ帳でのユニコード文字の入力なのだ。Copilot先生に訊いたのだ。

では、秀丸ではどうするか、なのだ。Alt + Xはないようなのだ。知らんけど。マクロを使えばできるとかの記事を見たので後で試すのだ。

で、ワードパッドではメモ帳と同様なのだ。

メモ帳では U+03B1 の直後のAlt + Xでも効いたで。つーか、U+叩かないでいいのだから叩かぬですね。

では、LibreOfficeではどうか。これからCopilot先生に訊くのだ。

何でも聞いて下さいとCopilot先生はいつも優しいのだ。どーーや。

ちなみにユニコード一覧はWIn11のツールの中に文字コードというのがあるので見るのだ。まあネット検索してもよかろうがね。好きにするのだ。

ところで花粉症だ。天気は曇りで花粉は少ないとでているのに鼻水が出て はなみずき きれいな季節。なにを!
これが花粉のせいなのか室内の埃・ダスト・ダニの死骸等のせいなのか、知らぬのだ。どうも花粉だけではないなあ・・・・とワタクシは思う ます。

部屋をもっときれいにしろ ます。

Ջ  ՋΚΨΩ█╫╚ⱵꝎꝎ  OLWではユニコード直接入力できないようなのでコピペるしかないようですわ。うむうむ。

posted by toinohni at 08:10| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月21日

Gemini先生とあーーーそぶ

間違った回答に対して、間違い箇所を指摘すると訂正してくる。ワタクシの指摘が正しい場合にはね。
そこらが実に会話が成り立っている感じがする。ワタクシの家庭教師とやり取りしている感じなのである。
ま~回答を鵜呑みにするなという注意書きはある。それはCopilot先生もそうである。

AIなので間違いはございません、キリッ)     という姿勢はないのだ。当然だが。

というわけでGemini先生にFeedbackして性能向上に貢献しませう。Copilot先生の回答も間違っていたらFeedbackしませう。
ワタクシひまなので(笑)

posted by toinohni at 09:56| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日一項目 遅々としてでも進め 愚脳のワタクシ なんですとぉ

整数を a = 100,000 のように3桁区切りにするのは
C++  a =100’000   のようにアッポストロフィーを使う
Python a = 100_000  のようにアンダースコアを使う
両方使えるようにろしやああぁぁぁ!!    ぷぎゃあ

Pythonのコメントも // が使えるようにしろやあぁぁ /* ~   */ が使えるようにしろやあああああ

出力時に  a = 100,000 と3桁区切り表示にする関数はC++の標準ライブラリにはないそうであ る。さっきCopilot先生に訊いた ます。そこで自分で関数書けというのどす。

Copilot先生の回答なのだぉ ます。

std::string format_number(int number) {
    std::string str = std::to_string(number);
    int n = str.length();
    for(int i=n-3; i>0; i-=3) {
        str.insert(i, ",");
    }
     return str;
}

文字列にして処理するだぉ ます。BoostにもないってCopilot先生は言うとっただぉ。
だおだおだおーーーぉぉぉん!

  ちなみに整数の桁数が int の範囲をこえたら long long int にするのだお ます。

他にも 整数として b = 1000000000 の場合、0を数えるのが面倒なので double z = 1E9 とかいてから、それを整数にキャストすればどーーや。
(int)z ではなく、static_cast<> を使うんやでぇだぉ ます。

しかし、今朝も花粉症の症状出たぉ。鼻水が出てきて はなみずき の季節。なんだとぉ。
天気予報サイトでは花粉は少ないと出ているぉ。ま~あるから症状がでるぉ。
待て待て、ヒノキ花粉ではなく室内のホコリ等が原因では?   なにしろ掃除しないからなあ。なにを!

posted by toinohni at 07:09| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月19日

ワタクシ 勘違いしてました ます。

image

去年、GPT-3かな。訊いた時に2020年までの情報で学習したとか。Google Bardはどうだったか。
ワタクシはGPT-3は2020年までとしてもCopilot先生は後から出てきたし2023年あたりの情報を持っていると勘違いしていた。
さっき、訊いたら2021年までってさ~。とはいえ、特定のツールがあって・・・どーたらこーたらという。
まあそのうち2024年の情報も取り込むようになろうます。

ここらβ版というか試用版というか、日々 デバッグ中というか。Gemini先生もCopilot先生もたまにデタラメ回答があるし(笑)

過剰な期待はあかんのである ます。 Gemini先生は注意書きを提示してますね。

image

まあそんなのものだで。チャットAIの回答を鵜呑みにする奴は くるくるパーパーだろうとしよう ます。

posted by toinohni at 11:19| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日一項目 Boostってものがあるらしい なあぁにぃぃみつけちまったな

  C++の初学者向けの本の中に少し出てきた。BoostというライブラリはC++の準標準ライブラリという立場らしい。知らんけど。
しかし、本を検索したら2冊しか出てこん。しかも2000年代の。つーことは流行っていないってことか。
待て待て、それを使うユーザーは初学者ではないだろって事か。そうかもなあ。

まあワタクシはC++標準ライブラリもろくに使いこなせないレベルなので放棄。

実はインストールだけはしてある。例題も某サイトのコピペで動作確認はしたのである。

ワタクシの趣味はコンピュータ言語の習得を試みる事である。決して習得しようなどという高望みはしないのである。ワタクシの趣味はインストールすることである。インストールして活用しようという高望みはしないのである。
ようするに愚脳なのである。浅学非才!! 不勉強が身に染みる なのである。どーーや。

例えて言うと軽いジョギングをする連中は決してフルマラソンに参加しようとは考えないのである。どーや。

で?  

posted by toinohni at 07:34| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日一項目 \ とか / とか \とか 出すにはどないすんじゃろか

[\] これ叩くと \  おお、円記号だ。
/  スラッシュだ。 [ろ]を叩くと \ 円記号じゃあ あーーりませんか。
ばっくすらっしゅ で変換すると\ 全角じゃあ あーーりませんか。

おい、半角の\はどうやってだすのじゃ?  

こんこんちき!! これか・・・・ \\\\\   おお、でたぞ。出た出た出たほい。

しかーーし、OLWのフォントをメイリオからArialに換えたら半角の\が出たほん。だが、今度は \ が出ないぞの。。。

コンコンチキのパカタレ(笑)

このキーボードとフォントの仕様はなんとかならんのか。くるくるぱーぱーか。なにを!!

というわけだが、いつの間にか cd hegehage/test/ のように / でも機能するのだね。

いままで、\\でエスケープしてとかの当たりはどうなっているのだろうか。知らん。

OpenCVでパスの指定をする時に  \\  って使った気がするなあ。数年前。でも今は / だけで動くぞの。

ま、いいか。

ワタクシの希望はキーボードの通りのフォントが出て欲しいってところなのですねう。

この¥と\(これは全角なので半角を同時に使いたいわけさ~) の問題はワタクシとしては昔から混乱であった。どや。

ま、いいか。

posted by toinohni at 07:06| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月17日

一日一項目 昔のVisualStudio2022 CommunityのProjectがビルドでけん

VisualStudio2015 で作ったProjectがVisualStudio2022 Communityで動かん。

自分が作ったProjectではなく本の例題だがな。作って覚えるC++ってかね、そんな感じの。

本の例題なので当時は動いたのだよ。ワタクシは お勉強したのであるよ。

そこでワタクシは考えた。10年ぐらい前のアプリを商用で使っている場合には当時のコンパイラ等の環境はそのまま残しておかないとあかんではないか。だって新しいバージョンのコンパイラではエラーでたら困るであるます。

というわけで実際はどうなのかなあ。。。知らん。10年前のアプリを未だに使っているって・・・・おるおる おーーるず(笑) 知らんけど。

そういう時に、Pythonであれば仮想環境作るの楽ですね。Pythonバージョン、モジュールバージョンをまとめて隔離できるし。

まぁ、ワタクシはソフト屋に知り合いはいないのでわかりませぬ。アプリを更新もせずに10年も使うユーザーがいるかどうかも知らぬであるます。

posted by toinohni at 14:35| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EeverythingというWin11の検索ツールで謎の表示がある なあぁにぃぃみつけちまったな

image

おいおい、2027年が過去になっとるってか。これはターミネーターか。なにを!
ファイルは
image

アプリは
image

これは EaseUS  Todo Backup free 12.8というクローン化ツールですね。で、これを起動すると新しいバージョンの案内がでますが、決して更新してはいけませぬ(笑)

更新するとクローン化ができなくなります。新しいバージョンでクローン化の処理を使いたい場合には有料版を書いなはれと言われます。つまり、12.8がタダでクローン化できる最後のバージョンなのだよよん。
これ、一度失敗したのだがワタクシは中古PCが5台ありまして。その中に12.8のインストーラーがあったので助かった次第であります。
SSDのクローン化って年に1回ぐらい使うか使わないか、ぐらいだけどね。

バージョンアップの案内が来た・・・更新すれば性能は上がるはずだ・・・と愚脳を釣るのですねえ(笑) ワタクシも一度は釣られましてん(´・ω・`)

で、なんで2027年って表示なん?    知らん。 ま、害はなかろう。放置。

放置、放置、そうだ、報知スポーツ見ようっと。

posted by toinohni at 10:02| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LTSpice24.0はどこにインストールされるか、で四苦八苦 ま~たですかぁ

LTSpiceⅩⅦではOneDriveの件でエライ目にあったが、LTSpiceⅩⅦも17.2からインストール先が変更になったようでOneDrive/ドキュメントにライブラリを配置するというクソ迷惑なことはやらなくなった。
ほんで、この度、LTSpice24.0.1に変わっとるのでインストールした次第であるが、17から24とは飛びますねえ、飛びます・飛びます(笑) ハージョンを2024年だから24.0って変更したのかしらねえ。知らんけど。

で、インストール先。LTspice.exeのある場所とライブラリのある場所は異なるのである。これはLinux風の配慮ですかね。知らんけど。

"C:\Users\Administrator\AppData\Local\Programs\ADI\LTspice"  ここにLTDpice.exeがあるのであった。ま~斬新ってか(笑)

ライブラリは
"C:\Users\Administrator\AppData\Local\LTspice" examples, libs 等がある。

そして、不思議なFolderがもう一つ
"C:\Users\Administrator\Documents\LTspice" ⅩⅦの時はここに
LTSpiceⅩⅦというFolderがあって下にexamples,libsなどがあった。ⅩⅦはもう使わないけどね。
しかーーし、"C:\Users\Administrator\Documents\LTspice" ここにはimage

これだけ、あるのは。これはなんだろか。

しかし、なんだけどAnalog Devicesも説明がないからなあ。ここらの。ⅩⅦはサポート終了しましたというのは表示があるのだがねえ。
そして、LTSpice USer’s Clubというサイトがインストールに関しては何の役にも立たぬ(笑) まったくやる気がない感じ。

もっともYoutubeでここらの解説をしている人もいるようだが。そのうち見るかい。

この件に関してCopilot先生に訊いたらデタラメ回答しやがった(笑)草 森 タンポポ

posted by toinohni at 09:43| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする