2021年01月13日

Seesaa + OpenLiveWriter

  OLWのエディターに画像をコピペして投稿できるので便利である。
51626498

先にMatplotlibのグラフをいくつか貼り付けて投稿したのだが、その際にエラーが出た。文字数が制限を超えたとかいう。なんでじゃ?

と思ったが、OLWのエディターでSourceを見てわかった次第である。と、思ったが勘違いであった。上のハゲオヤジはワタクシの似顔絵ではない。(笑)
上のハゲ親父は pngである。BMPとPngとJpegでOLWは振る舞いが違うのであるか?

cos(0.01-5)_added

何が起きたかわからんのですね。

さっきは、画像をテキストに変換して何十行もずらずらと出てきたのに、sourceみたら。pc再起動してからは出なくなった。上のはコピペしたものだけど png になっとる。

men

あららら、正常になったぞ。

さっきは、画像がテキストに変換されてずらずらと数十行も、もっとかもなあ、それがseesaaの一回投稿の文字数制限を超えてエラーになったと思ったのに、上の画像はsourceみてもテキストに変換されていないである。うーーむ。
pcが何かへたったのかに。再起動したら正常になったところを見ると。python使っていて応答なしが何回かあったけどなあ。計算量が多すぎでメモリも95%ぐらいになって。

まあしかし、win 10が なんか変だジョーというときは 再起動するに限る、これ原則。

犯人がわかった!!

OneNoteで書いたものをコピペしたもの。
Source見たら、
  <br /><img src="data:image/png;base64,iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAAiIAAAAr 略ずらずらとtextになってましたわ。

この数式の部分をlibreOfficeに張り付けるには、形式を選択して・詳細オプションからHTML書式にしたら貼り付けられた。

ワードパッドでは貼り付けると記号列が出た。
ペイントプラシには貼り付け不可であった。

LibreOfficeに貼り付けたものをCopyしてOLWにPasteしたら次のように出た。これは png 画像である。

image


というわけで、OneNoteで数式書いてOLWにコピペする際には注意だ。一回LibreOfficeにコピペして、それをコピペするとかすると文字数が制限数を超える事はないであろう。たぶん。

posted by toinohni at 11:53| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出たる関数ってなんじゃら・・・ デルタ関数じゃ

お、Onenoteで書いてOLWにコピペしたらこんなんなったぞ。いいじゃん。

sin() は奇関数なので積分したら0になる。

 

積分だが、その前に単純化していろいろなωを足し合わせてみる。項数を増やしていけば傾向がわかり、項数を無限大にすればδ関数になるなあという感じがつかめれば良い。

cos(0) + cos(1) + cos(2) + cos(3) + cos(4) のグラフ

cos(0-5)

cos(1)の周期は2πなのでこれが一番長い。横軸の0に注目するとそこではどのcos( )も1 である。
これを足すとどうなるか。

cos(0-5)_added

一番長い周期は cos(1) なので2πの周期が出ている。そして、横軸0 のところは 1✕5 = 5 だ。
項数を増やせばピークはその項数になる。100万のcos()を集めるとピークは100万だ。これを無限大集めるとピークは無限大になる。
周期性はどうするか? cos(1)だから周期が2πなのであって、cos(0.1)にすれば周期は20πになるだろう。
cos(ωt)でωを0に近づけると周期は無限大に広がるであろう。
そして、横軸 0 のところでのピークは無限大になるだろう。だが、ピークの左右は0になるのか?

cos(0.01) + cos( 0.02) + ….. cos(1) までの例 100個なのでピークは100。周期は200π

cos(0.01-5)_added

なんとなくデルタ関数に近づいてきた感じがするぞ。cos(ωt)のωを0に近づけて、そこからωを1000ぐらい足してみるか。

cos(0.001)から1000個足した。

cos(0.01-5)_added2

cos(0.001)から2000個足した。水平線の太さが小さくなっている。

cos(0.01-5)_added3

ちなみにこれは積分ではない。刻み幅を掛けてないので積分の近似でもない。だが、ωを0に近づけ、そこからωをべらぼーに大きくすればδ関数に近づくぞ・・・という感触は得た。
実際にω= 10^-6 から項数として 10^6 ぐらいまで計算すれば線幅はもっと細くなりδ関数のような感じになると想像する。やらんけど。

Python + Scipy + Matplotlibを使用。項数増やしたり、ωを小さくしたりとやっていて気づいたが、計算量が増えるとPythonが応答なしになる。だいぶ時間がかかる。PCはDELL Optiplex 7010SFFでCore-i5の何とか、Mem 12GBだ。テスクマネージャで見ていたらメモリ96%使用とか出た。計算量が多い場合には工夫しないとイカンということだろう。

数式に無限大が出てくると毎回なんだこれと思う。上の積分も -∞ から + ∞までの積分だが、そこでは |-∞| =  |+∞|  を前提としているようで、これではまるで有限数値のようではないか。マイナスの∞とプラスの∞の絶対値が等しいってなんだよ(笑) –∞ + ∞ = 0 だってのかよ。
奇関数の積分は0になる・・・と書いたが積分範囲の正負の絶対値が等しい場合な。

てなわけで久しぶりにPythonを使った。ちなみにPythonはAnacondaから起動する。Pythonはversionがややこしい。Python versionとOpenCV versionの組み合わせもややこしい。動かない場合もある。そういう時にAnacondaは便利だ。

ちなみにδ関数は超関数の分類です。超関数ってのは、ちょう・恥ずかしい の ちょう とは違うのですねえ。信号処理の本ではデルタ関数について1,2ページの解説はあると思うよ。

posted by toinohni at 11:37| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

変なメールが来た Amazonかと思ったが詐欺らしい

image

確認用アカウント」をクリックするとつながらないのでした。Firefoxが警告出しましてん。まあ怪しいのは知っていたけど。

しかし、ブラウザが警告出さないようなものもあるのかね。どうなのかね。知らないけど。

posted by toinohni at 08:36| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

TVerというサイトがありまして ほー

Braveというブラウザがありまして。TVerの「どんぶり委員長」を再生しないぞ。なんでだ。

Firefoxでは再生する。今、見てるし。なんだよ、Braveって・・・・・

なんでだ?  再生するドラマもある。再生しないドラマもある。ワケワカランのでFirefoxで見るなのです。

Edgeではどうかなーーー。と起動したら、新しいEdgeがどーたらとか出てきた。なんだ、これ。
TVerの「どんぶり委員長」再生するぞ。。。。 うーーむ。Braveどうしたんだ、知るかよ。

posted by toinohni at 06:56| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

wxMaximaのPlot2Dでアーーソブっと

nticks ってなんだ? 図では Ticksってなってるけど。
image

   とりあえず変えてみる。 1にして、x^2 を描いた。

wxplot2d([x^2], [x, -1,1], [nticks,1])$

image

  おおお、折れ線グラフになったぞ。これかあ。じゃあ 2にしてみる。

wxplot2d([x^2], [x, -1,1], [nticks, 2])$
image

   なるほどね。ntikcsを大きくすると折れ線の区間が小さくなって滑らかな曲線になるんだな。・・・・って事はなんとなくわかるが nticks = 2 ってどういう意味なんだろう。
  -1 <= x  <= 1  の区間で 9点で計算しているようだ。
じやあ、nticks = 3 だと・・・・やってみたら13点で計算しているようだった。

が、defaultで滑らかな曲線が出るのでここの数字は気にしないことにする。終わり。

posted by toinohni at 11:37| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飲食店サイトの更新って難しいのか

企業サイトでこういうのどうして修正しないのかなあというものはある。漢字間違い等ではなくて。ボートフォリオにログインする画面でSSLが外れるのだ。他のページはSSL化されているのに、どうしてログインで外すのだ?  普通は逆だろに。これに気づいて2,3年だが未だに放置されている。その会社の人が気づかないのか・・・ そんなはずはない。ユーザーからも指摘されているだろうによ。
カネがかかるから修正しないって事だろな。

飲食店サイトでも開始時間の表示さえできないものがあったりして。年末・年始は異なる場合がありますとは書く。だが、店舗検索で出てくる店舗ごとに年末年始の開始時間を書けばいいじゃんよ。だが、できない。
カネがかかるから やらないって事だろな。

Web-Site構築屋と企業との契約がどのようなものか知らない。毎月のメンテ料金があるのか、初回だけの金額だけなのか、修正のたびにカネ払うのか。
こまめに修正できないところからカネがかかるのだろうと想像する。

すると飲食店の開始時刻等はその飲食店サイトに期待せずに別のサイトで探すか。。。となろう。そういう便利なサイトを作ればアクセス数は増えるであろう。既にあるのだろう。行った人が今日はやってませんとか、今日は10時からだって・・とか、今日はなになにが美味かったとか書けば・・・ すでにあるなあ。

もっとも開始時間が気になるなら電話して確認すればいいがなや・・・ ところがワイは電話するとカネがかかるので電話したくないのである。MVNOのスマホで30秒で何円だったかも忘れたけど。そーか、通話料が何分以内なら一日何回でもOKとかいうサービスがあった気がするなあ。探すか。そしたら用もないのに電話しまくりになってりして・・・(笑)

posted by toinohni at 06:44| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

Openlive Writer&ndash;&gt; Google Blogger あかんがな

OLWからBloggerに設定しようとしたら、

image

こんなんが出ました。以前とは違う文章ですね。

OLWでBlogger使うって困難ですね、こんなんが出て困難ですわ(笑)

posted by toinohni at 10:30| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Firefox 公告ブロッカー

これをオンにするとWeblioサイトの単語帳で表示が全部でなくなるので、そこを使う時は公告ブロッカーをオフにする。オフにして報知を見ると出面上部にでかい公告が出た。サイドにもいくつか出た。
公告ブロッカーってありがたいである。

公告でないを謳い文句にしているBraveでWeblioみたら正常であった。ブラウザは複数使うのが良い。という気がする。
Firefoxの公告ブロッカーをいくつも試したわけではないので中にはWeblio表示が正常なのもあるかも知れないけどね。探す気力はないのである。

スマホでブログを見ることはほとんどないが試しに見たら公告がでやがった次第である。PCでは公告でない設定ができるのによーーーと思ったのである。
スマホのブラウザを使うこともあまりないである。画面が小さいので矢田亜希子 ヤダもんね。

先日、スマホでMaximaが動くとか知ってワイはちょ~・びっくりした。なんで小さな画面で?  PC使えよ、バカタレ・・・と思ったのだが世の中にはPCを持たない、インターネットも光を引かずスマホだけという連中が多数いるらしい。
ワイは貧乏・金無しであるがインターネットは光だぜ・・・VDSLだけど(笑)

てなわけだが、公告があるからこそタダのアプリをワイは使えるのであると、TOEFLアプリで公告が出ても我慢する次第である。
この公告がな、最近は5秒間出やがる。しかも音量がでかい。巨人の監督は はらたつのりぃ・・・ ワイははらがたつなりぃ・・・・

posted by toinohni at 08:20| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

PDIC + 英辞郎 なのである

画面のアイコンクリックでPDICを起動。Firefoxの英字サイトで単語にカーソル当てて、Alt + 右クリックすると 単語の意味がカーソル下に出る。いいぞ。。。だが、同時にもう一つのPDICが起動しますね。
最近、気づいた。以前はそうではなかった。多重起動はしなかったと思う。タスクトレイにPDCIアイコンが2つあって・・・あららと気づいた次第である。

Firefoxで使う際には、先に手動で起動したPDICではなく新しくPDICを起動して単語検索するって仕様なのか。知らんけど。いつからかもわかりませぬ。別に害があるわけではないが、すると手動で起動するって意味がないわなあ。
Firefoxで起動するのは一回だけね。

新しい辞書 欲しいところである。今使っているのは第五版かな。ブックオフで200円で買った。もっと新しい版が200円ぐらいであったら買ってもいいぞなもし・・・・
ただ、ブックオフは立ち読みダメらしいので行く気にならん(笑)

posted by toinohni at 06:41| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

VScode + Python は Anacondaから使うでし

AnacondaからVScode起動してPyhton使うのが楽である。。と気づいた。Anacondaの起動にもたつくけど我慢だ。Python仮想環境が楽だし、Modulesの管理も楽である。
これがVScodeだけ起動してTerminalでPyhton使おうとすると、先日はMicrosoftストアが起動してPython 3.9.1をインストールしやがれ・まさいましと出た。それやったが、他のModulesはどうすんの、3.91で動くの、どうなの、知らんがな。。。。

なのでPythonはAnaconda経由のVScodeで使うことにした。C++他はVScode直接起動して使うのでもよい。もっとも年に数回、例題見るだけなんだが。

では、WSLのUbuntu20.04LTSでのVScodeではどないすんの・・・・ 起動する事はわかったが別に使わないのでいいす。UbuntuのVScodeからWin 10のDirectoryアクセスできるのな、ちょ~・便利。 使わないけど。

かくして、コンピュータ言語も開発ツールもタダの時代、FPGA開発ツールも制限付きでタダの時代、英語教材は広告付きだがpCアプリ、スマホアプリでタダでいくらでもある時代・・・・であるのですけれども、ワタクシの能力が向上しないなのです。
こういうのばかり漁っているとバカになるのではないか。昔、テレビばかり見ているとバカになると思って捨てたのだけどな。10年ぐらい前に。既にバカになっていたのでどうしようもないところなのである。
まー趣味の暇つぶしなので良しとする。なむうぅ・・・・・

posted by toinohni at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする