2023年11月27日

おお 相撲はモンゴル人力士と幕下 以下が支えている なあぁにぃぃ気づいちまったな

https://hochi.news/articles/20231127-OHT1T51038.html?page=1image

モンゴル出身の横綱 朝青龍、白鳳、鶴竜、日馬富士、照ノ富士。日本人の横綱は稀勢の里で途絶えた(笑) 笑っとる場合かバカタレリ!!
どうして日本人力士の横綱は出てこないのか?  それはね、強くないからである。どっひゃーーー。

強い力士が育たないのである。多分。いや、モンゴル人と日本人は体躯的に何かが違うのではないか?  遊牧民のモンゴル人はカラダの中に何か強さの遺伝子があるのではないか。知らんけど。
大鵬も純粋の日本人ではなかったからなあ。ロシア系だったし。

モンゴル人と日本人は遺伝子レベルで微妙な違いがあってな。知らんけど。

同じ相撲部屋で同じ稽古をしていてモンゴル人力士は伸びる。日本人力士はさほど伸びない。これは根性があぁぁとか、素質があぁぁとかと違う原因があるのではないか。

それだったらモンゴル人は他の格闘技でも傑出しそうだがな。そだねえ。

ハングリー精神とか何とかいうけども。若貴がハングリー精神あったか。裕福な環境だったろがよ。ここはな、人を駆動するものが何か?  という問題だろなあ。知らんけど。

もっとも人を駆動するものが何か?  に対して◯◯である、という回答があっても意味はない。〇〇が駆動したからと言って成功するとは限らないからだねえ。そだねえ。

ハングリー精神が人を駆動する例は多々あろう。それで成功するとは限らないのだ。そこだよなあ。なにが? 

とにかくモンゴル人力士は強い。日本人力士も見習いなはれや(笑)

posted by toinohni at 12:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください