2023年08月29日

Julia言語 本

Juliaで作って学ぶベイズ統計学

図書館にあり。で始めの方の文法解説のところを読んでいて気づいた。
a = [ 0,1,2,3] と a = [ 0 1 2 3 ]は違うのだって。コンマの場合は縦ベクトル、スペースの場合には横ベクトルだってさ~
掛け算は[*]だが、要素ごとの演算は[ .* ] のようにドットが作ってさ~。

そこで思い出そうとして思い出せないのだがPythonの場合にも行列の演算で要素ごとの演算をする場合と行列積の場合には記号が別だった・・・・
ここらコンピュータ言語によって違いがあるようだし。
2 * [0 1 2 3] = [0 2 4 6] と単純に2倍になるコンピュータ言語もあれば、この定数倍がエラーになるコンピュータ言語もある・・・・うろ覚えだがGo言語がそうか。

てなあたりに注意してJulia, Python, Go, C/C++などを復習したいと思う次第である。

で、上の本がベイズ統計学の解説書であるかどうかはワタクシはわからんのでした。どうも違うぞって思っておるおる。
それと例題がサイトにない。なので写経しなければならぬ。ワイ 嫌い。

ま~軽くJulia言語を知るって事には役立つであろうと信じましょう!!  世の中にはな、無駄なものはないのだよ、ちみい。あらゆるものが考えるための材料になるのだよ、ちみい。
知らんけど。

posted by toinohni at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください