2022年11月27日

英語できんのでツールでアーーソブ なんちゅーて

Weblioという英語学習支援サイトがある。辞書がある。翻訳機能もあるるるるるる。ワタクシは無料会員である。いいのだ、それで。
で、語彙力診断機能がある。総合診断、TOEIC診断、英検用診断、TOEFL要診断とある。すばらしい。
総合診断でワタクシは東京都100位 以内に入る。どーーや。(笑) プチ自慢。得点が100ぐらいだと東京都で100以内になる。するってーと参加者は200人ぐらいか?   
参加者数が分からないので順位は意味がないのだがな。意味があるのは得点だ。100点ぐらいだと語彙数が1万前後と出る。まー実力はもっと低い。毎日やっているので同じ問題が出ると正答率が上がる。少しは記憶の定着に役立っているかも知れぬ。
順位をみると300点満点が数人もいて驚く。ビックラギュータン!!   全問正解かつ短時間でやっとるのだ、彼らは。いったいどういう職業なのだろなあ。
だが、ワタクシは高望みはしないのである。Level12が英検1級とか英検1級後に覚えるべき単語と出ているので、L12まで覚えたらいいと思う次第である。そのレベルでは点数として120ぐらいか。ワタクシは点数は60~180でばらつくのである。だって、Level28とかの単語が出たら知ってるわけないじゃあーーーーん!!   
そして、TOEICだと950突破 A 判定が多々あり。英検だと1級レベルでB判定が多々あり。大学入試だと簡単なので放棄、TOEFLが100突破はA判定が多々ありなので109突破に挑戦するもC判定が多々。100突破と109突破はレベルが違うわ。難しいわ。こりゃたまらんわ。

これはな、毎日やっていると同じ問題が出る場合があって得点が上がるのだよ。しかも問題が単純。つまり、単語で複数の意味がある場合に出題されるのは一つの意味だけだ。ここら工夫すべきだろなあ。毎日やっていると同じ問題が出てくる場合はラッキーで得点は上がるですのよ。
決して実力を測っているのではないがな。だが、やらないよりはまし。記憶の定着には役立つかもしれない。

そして東京都100以内のワタクシが存在する。わっはっは。
参加者が150人だっりして(´・ω・`)

image

2022/11/27 7:30頃の数字。これが30日後にどれだけ増えるか。そこから一日当たりの回数を割り出せば・・・参加者は分からないか。一人で一日100回診断にトライするヤツもおるかも。
とりあえず一日当たりの回数がわかれば。。。。 わかったところで意味はないか。うむ。

posted by toinohni at 07:43| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください