2022年09月19日

おお なるほどなあ 巨人V逸の反省・復習って必要だよね そーなんだ

https://hochi.news/articles/20220918-OHT1T51268.html?page=1

◆JERAセ・リーグ 巨人1―3DeNA(18日・東京ドーム)

今季を象徴するように、もう一本が出ず、もう一踏ん張りができない試合だった。DeNA先発の大貫がいい投球をする中で先に点を取られた。しかし、その直後に岡本和の一発で1点差とし、さあこれからとなったところで次の1点が奪えず、逆に9回に1点を加えられた。流れを引き込めなかった。
好調バラバラサカマルオカ 残り9試合。逆転CSへ、状況によっては代打起用や継投など、どんどん仕掛けを早くしていく必要があるだろう。大勢の回またぎや、初の3連投も視野に入ってくるのではないか。リリーフ陣を惜しみなくつぎ込める状況にするためにも、菅野と戸郷には長いイニングを投げてほしい。19日のDeNA戦は先発する菅野が1人で投げきって勝つのが理想だ。そうすれば20日以降の試合でリリーフ陣を使いやすくなる。(野球評論家・清水隆行)
----------------------------------------------------
今日は菅野。DeNAは今永。菅野が完投勝ちすれば20日以降が投手陣は楽になる・・・そりゃそうだ!!   そりゃそうだがねえ。
まあどうだろなあ。だいたい、巨人はここ数年、終盤は失速するのが常だからサー。ここに来て調子上げる選手って…・いないのではないかと想像するけどね。ま新コロで休養したと捉えたら疲労は抜けているかもなあと都合の良い解釈でもするか。
そんなことより、ワタクシはDeNAが2位におるおる、それが奇跡じゃああぁぁぁと思う次第である。

セ・リーグは勝率5割を超えているのはヤクルト、DeNA。パ・リーグは勝率5割を切っているのがロッテ、日ハム。この対照!!   5位のロッテが借金1なのでして。つまり、パ・リーグは日ハムが星を配給している構図だ。日ハムは借金23。これが上位4チームに白星として分配されとる。
これ、ふざけた構図なので来季はなんとかしろよな、パ・リーグ!!  日ハムだけの問題かあぁぁぁぁぁ!!   知らんけど。

セ・リーグはヤクルトが貯金20、DeNAが7。合計27は下位の4チームが配給しとおったのだす(笑) これもふざけた構図だがや。来年はなんとかしやがれ・ください、セ・リーグ。

これというのも巨人が弱っちーのが原因だぜ(笑)なんとかしやがれ、原 なんちゅーて。

たぶん、巨人は原監督が残り2年続ける。3年契約でないと巨人の立て直しはできない、そして全権をくれ・・・として原が要求したのだろ。妄想だけど。

昔、落合が中日の監督になる時に、3年かけないとこの球団はどもならんといって監督就任したというのYoutubeで見たぞの。
そのぐらいの期間をかけないと巨人の立て直しはできないのだ。よってに原監督が全権監督として残り2年を全うするであろう。今年はBクラスか運が良くて3位かのレベルなのだが、良い兆候はある。若手の投手が何人か一軍経験した。戸郷の成長もあった。
投壊・貧打の現状だがね。打撃陣は中田・岡本を中心に強力打線が実現するであろう。
とにかく、全権監督の原に3年間任せた巨人なのだ、じっくりと傍観しようではないか。1200勝監督の原だ。なにかやらかす!!   想像・妄想ってたのしー(笑)

posted by toinohni at 09:13| 東京 🌁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください