2022年08月16日

おお 西武の内海の記事が なあぁにぃぃみつけちまったな

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/08/16/kiji/20220816s00001173062000c.html

西武・内海哲也投手(40)が今季限りで現役を引退することが15日、分かった。すでに球団側にも伝え、了承された。16日にも正式発表される。
--------------------------------------------------

5年ぐらい前か、西武は投手力の整備が急務であるとワタクシは主張していた。ところがGMのハゲのナベQは中日からポンコツ・松坂を獲得し、炭谷がFAで巨人に移籍する際の人的補償としてベテラン・ロートルの内海を獲得した。
西武、やる気ないじゃん!!  バカタレ。と思った。事実、それから数年は西武の投手陣の防御率はとっても悪かった(笑) デブの二人がようけ打つので投手陣が10点取られても打線が11点取って勝つ、という体質。
だが、ポンコツ・松坂が去り、ロートル・内海が兼任でほとんど登板無くなったら西武の投手陣の防御率はパ・リーグいちだ。すばらしく改善した。失点は最少だ。すばらしい。だからこそ首位にいるのだ。
つーわけだ。ポンコツ・松坂、ロートル・内海のせいで西武が数年は低迷した・・・とわしゃ考えている。

だが、ここはものは言いようであってな。松坂、内海らの指導のおかげで投手陣が成長したとも書ける。
まーーーすきにしたまへ、ワタクシは5年ぐらい前のナベキューに失望したのだった。

今年優勝したら許してあーーーげる。勝つとね、ワタクシはすぐに手のひら返すのであるばい。
ポンコツ・松坂、ロートル・内海も成績さえ良ければ文句は言われなかったであろうばい。プロはな、成績次第なのだよ、そしてプロの評価はカネだ、年俸だ、カネだ。カネダマサイチは400勝投手!!    で?  

しかし、プロ野球選手の引退って最近はスパッとしたものがないなあ。王が余力を残して引退、小林繁、江川らは13勝した年に引退。40年ぐらい昔か。

まー他人の事だ すきにし球へーーーーーってか。

ここは お疲れちゃーーーんって言うべきところか。それ インスタントジョンソンかよ。
来季は投手コーチするのかどうか知らないが、辻監督は今年で終わるし西武の来季の監督・コーチ人事ってちょっと気になるね。
監督はだーーーれかなーーーーっと。

posted by toinohni at 07:33| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください