2022年05月28日

ゴーヤをプランターに 苗買って来て 一つだけね するとね

  弦 つる 蔦 ツタ どっちじゃ。ツルというらしい。弦だ。巻き付く前はヒゲという人もいるみたいだが。
こういうの小学校理科の観察日記かーーーーい(笑) ワタクシはまったく興味がなかったのだが先日ゴーヤの弦に気づいた次第である。ゴーヤ食いたい・・・ならば苗買うよりスーパーでゴーヤ買えやバカタレ!!   なにを !!

などと言うとる場合ではない。ベランダのプランターにゴーヤ一つ、ナス2つ。もちろんゴーヤ食いたい、ナス食いたい・・・という気持ちもあるのだが、毎日こいつらに水をやるという行動が大事なのである。なにしろ運動不足だからなあ。。。
で、進行方向に対して左回りが途中で反転して右回りになっている。これまたなんで。
巻数が4回に見えるが回数は何で決まる?  棒に巻き付かない場合にはヒゲはツルはどうなる?  右回りと左回りを繰り返して棒に当たるまで伸びるのか?  うーーむ。

これは毎日観察しなくては(笑) 既に巻き付いているヒゲ・ツルではなく、まだ棒に達していないヒゲを毎日観察じゃ。デジカメで写真撮っとけ。

まあね、コンクリートの集合住宅のベランダに緑があっていいじゃないか。そこだぜ。たまにパンツ干しているけど(笑)

というわけで小学生でなくても興味を持つのであるぞーーーー。検索したらいくつかヒットしたぞーーーー。

https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=4512
もし時間的に余裕があり、入手可能であれば、下記の書物を読んでみられることをおすすめします。古い本ですが、つる植物についての鋭い観察の結果が記載されているので参考になると思います。
----------------------------------------------------------
あかん。これは本格的すぎた。わし、降参・・・・・

http://blog.livedoor.jp/norinorinoribu/archives/51885785.html
これは気がついてという話。つ~か、小学生の二女が・・・・ってか。ワタクシ 小学生と同じレベルの疑問ですぜ・・・・ いいじゃんかよーーー!!

  ちなみに右巻き・左巻きという場合にはきちんと定義が必要でして。棒の上から見て左巻きとか説明があって当然なのですね。上から見て左巻きは下から見ると右巻きなのでして。
そして、これは物理の素粒子論では進行方向に対して右回りとか左回りとか言う。ワタクシは進行方向にたいして・・・というのがわかりやすいのである。
ツルの場合には伸びていく方向に対して左回りとか言えばよろしい。伸びていく方向 = 進行方向なのであーーーーる。どーーーや。

で、途中で向きが逆転するとツルとしては引っ張られても切れにくくなる、頑丈になる・・・という説明があった。うーーむ。そうなの?  どうやって実験するであるか。
重りぶら下げて実験するであるか?  小学生でそこまでやったらエライ!!  

巻数回転は何回が多いか。棒にたどりつかなかったらどうなるか。うむうむ。ワタクシのゴーヤは一つしかないので近所の小学校でゴーヤで緑のカーテンを作っているから観察に行こうって。。。。 校庭開放の日に行くぞ。普段の日に勝手に入ったら通報されるだろからな。まさか、ゴーヤの観察したいので・・・と校長に相談しろてか?  

実は夏になって観察したいのが別にある。ミンミンゼミの鳴き声だ。みーーーーん みんみんみん みーん という感じで鳴く。最初 みーん 最後も みーん。間が みんみんみん である。 この みんみんみんが何回かに注目している。
だいたい 4,5 回である・・・・と思っている。中には10数回も鳴くセミがいる。
みーーん みんみんみんみんみんみんみんみんみんみんみん みーーーん。よっしゃ、今年は録音するぜ。スマホで録音しようっと。。。。。。
ワタクシのテキトーな感じでは、鳴きはじめに10数回がありうる。つまり、初回だけだ。なんて観察するぞ。

ゴーヤのツルの巻き方、みんみんぜみの鳴く回数・・・・・

日常で小さな好奇心があれば人生は少しは楽しいものになるだろう。by 近所の塾のニセ講師

蛇足 つまり蛇の足 最近 野菜が安いね。ピーマン。人参。うまいね。ビタミン CとビタミンAはこれで摂るね。まー高い野菜もあるけどね。買わないのね。安定して安いのはモヤシだね。うむうむ

posted by toinohni at 09:03| 東京 ☀| Comment(1) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Google Photoのリンクでの画像表示がこけている。なんでじゃ。
Posted by といのに at 2022年05月28日 09:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください