2021年12月05日

中古の爺さんPCであーーそぶ

Core2-duo 2.4GHz, 4GB RAM, 240GB SSD, 500GB HDD×3

非推奨PCであるがWin11 Proが走る。そこで500GB HDDにDebian入れてみたが、どうもFirefoxが遅い。ページ切り替えというか新たなURLへ飛ぶときに間ができる。応答を待っています、なんとかを解決しています、とかのメッセージが下端左にでるのが読める。SSDだと出てもすぐに消えるので読めない。

まあHDDでのOSってこんなものかとわかったのでして。SSDで使っているのでね。10年ぐらい。

で、次はDebianのHDDをWin 10から消去したらどうなるかの実験だ。 まーこれはエライコッチャ。Win 11のディスク管理でFormatしたのですなあ。すると、
Grub rescue -----ってのが出てWin 11が起動しないし。。。つーか、Grubが機能しない。
Grubのコマンドはいくつか使えるが、わけわからん。
DebianがインストされていたHDDを消した、Formatした。するとGrubはどのような影響を受けるのか。GrubとDebianとの関係はどうなのか。。。。 知らんもんね、わし。

で、Win11の復活のためにWin 10起動ディスクってものを作ってだな、それで再インストって形になって途中で修復って機能を使って。コマンド叩いて修復する。MBRの修復ができたのでWin 11は起動した。やれやれだ。

というわけでGrubの仕組み。。。。調べようっと。。。ちょっと思う次第である。

で、次にWin 11にVirtualBoxをインストールした。ゲストOSとしてDebianだ。これはどうなるか。

去年かな、別のWin 10 PCでVirtualBox + UbuntuはWSL2が有効であると使えなかった。Virtualboxは起動したがUbuntuは起動しなかった。kernel crashとか出た、
Win 10もその後のupdateでどうなったかしらんし、Win 11ではどうかな・・・・と試す次第である。

インストールには時間がかかるなあ・・・・ こんなの暇だからやるのだろうなあ。。。。。。。まあワタクシは暇なんですが。

Core2-duo マシーンPCは実験機なのであるですね。どしどし何かやってみませう。。。。

思い出した。玄人志向のRadeonが使えるかどうか。Debianでは画面真っ黒だったのでオンボードにしているのだった。
まーあしたやるか。

posted by toinohni at 19:39| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください