2021年12月05日

宇宙論はワケワカメ リケンのワカメ なにそれ

宇宙は膨張している。。。重力は引力だから膨張のブレーキになるはずだ。だから膨張速度は徐々に下がるだろう・・・だが膨張は加速している・・・ うーむ、そのためにはエネルギーが必要だ。というわけでダーク・エネルギーがでてきた。

という話の中で重力が膨張のブレーキになる・・・というところが引っかかる。それはどのような前提で言うとるのかがわからないからだ。
宇宙は中心とか周辺とかの特別な場所はない。宇宙は一様等方である。という宇宙原理というものがある・・・・・らしい。
中心とか周辺とか特別の場所がないのであれば重力がブレーキの役割にならないとワタクシは思うのですねえ。
重力がブレーキ役になるのは領域を考えた場合であって。半径Rの球が宇宙だとして勝手に決めたら、周辺と中心が登場しまんねや。その球だけを考えると重力は内側を向くですねえ。だから、その球が膨張しようとするのに対して重力がブレーキ役を果たすですねえ。

だども、宇宙は中心とか周辺とか特別な場所はないという宇宙原理を考えると勝手に半径Rの球を設定した事が違反なんですぜ(笑)
領域をこのように決めてしまうと、この球の膨張に対しては重力がブレーキ役を果たすのは納得する。だが、宇宙は中心とか周辺とか特別な場所はないのが宇宙原理ですぅ・・・って言うとる人がいるだす。だったら、勝手に範囲を設定した事が違反なんだってば(´・ω・`)

ということに注意して宇宙論の入門書を読んでみようと思う次第である。そもそも宇宙原理って成り立つってどうやれば分かるかもワタクシは知り申さぬ。

考えると直ぐにドン詰まるワタクシである。考えないとドンづまらないが、それだとつまらんのですねえ。。。 ドンづまるってのが大事なんですねえ。そだねえ。

posted by toinohni at 08:27| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください