2021年12月02日

DeNA 宮国 どうかなあ なんだかなあ とにかく来年は注目だ そーなんだ

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/12/02/kiji/20211202s00001173315000c.html

DeNAの宮国椋丞投手(29)が2日、横浜市内で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸840万円でサインした。(金額は推定)
今季は3試合に登板して1勝1敗、防御率6・19。
------------------------------------------------------

8/30に支配下登録でこの成績。まあ様子を試した・見たというのが現況か。
防御率 6.19はあかん。ダメだ。

来季、どうなるか。怪我・故障がないのであれば練習するのみ。怪我・故障があれば治癒に専念すべきである。
まあ事情は外野が知る良しもないのであーーーーる。
投手陣が手薄なDeNAだ。来季、大活躍してくだされ球へよ 宮國くん。

沖縄出身となるとロッテを戦力外になった大嶺祐太が気がかりだなあ。肘の手術で昨年はリハビリ。今年は一軍で投げて1勝だが、登板は極めて少ない。これもリハビリ十分ではなくて・・・というのであれば引退かなあ。リハビリしてもそれだけ・・・なのだろ。
十分に回復していないのであれば全盛時の速球が戻るはずがない。苦しいところだが抑えで使える可能性はある・・・と想像する。

プロ野球選手は・・・に限らずアスリートは怪我・故障は付き物である。それをどのようにして最小限に抑えるか、どのようにしてとっとと回復に至るか、そこらは怪我・故障で悩んだ先輩らが多々おるおるおーーるず。
にも関わらず活かされていない気がするのだねえ。そだねえ。

日ハムを退団した斎藤佑樹も怪我・故障組でしたわなあ。松坂も投手人生の終盤は怪我・故障でしたなあ。。。。 うーーむ。
しかーーし、元・中日の山本昌のように長く一軍。ソフトバンク監督勇退の工藤も40過ぎても投げていて勝っていたし。落合は41歳で巨人の4番打ってたし。。。。。。。
ここら、コツをだな、教えろよ。どうしたら怪我・故障なく長く現役で活躍出来るんだ?  とっとと教えてくだされやあぁーーーーー!!

  それはね、知らん。

posted by toinohni at 15:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください