2021年12月02日

久しぶりにHDDでのPCを使った次第である 遅いのな

中古爺さんPC Core2-duo 2.4GHz 4GB RAM SSD240GB  HDD500GB×3  ツクモの2004年製だが、Win 11 Proが動く。SSDで。
HDD500GBの一つにDebianを入れた。Linuxってどんなん?  こんなんって感じがわかればいい。UbuntuやLubuntuは使った/使っている。
DebianがUbuntuの大元らしい。。。。で、デスクトップをLXDEにしたらLubuntuもDebianも同じじゃーーーん(笑)

で、言いたいことはそこではない。Debianの起動自体はさほど遅い感じはない。もちろんSSDからWin11が起動するよりは遅い。だか、そこはまあいい。
意外と遅いなあと感じたのはFirefoxだ。どっかのサイトをアクセスするとつながって画面に出るまで間がある。その間はHDDがガラガラガラガラ言うとるのだ。つまり大量のデータを取ってきてHDDに書き込んでいるのだ・・・・そこでSSDとの差が出る。
  例えば報知にアクセスする。Firefox下端に url表示と応答を待ってますとかの表示がくるくると出るのだが、HDDはそこでの処理がSSDより遅いのだなあ・・・・・・
ここ数年、Win 10, LubuntuともにSSDでの使用でありHDDでDebianというのは先日試したのであるぞーーーうさん。
HDDってこんなんだったけ?  って感じ。

これはDynabook R732/FでUSB3 からLubuntuを起動してFirefox使うよりも遅い。いやー、HDDだってSATAだぜ・・・・2004年製頃のSATAだから当時の速度は・・・・ USB2よりは高速だったろなあ、だがUSB3とはどうかなあ。。。。。
中古爺さんPC搭載のHDDも10年ぐらい昔のだけどな(´・ω・`)

SATA Ⅰ は 1.5Gbps。 USB3 は 5Gbps。そりゃUSB3の方が快適ってのも納得ですわっとん。
中古爺さんPCはIDEだった気がするなあ。SATAに換装した気がするぞーぅさん。昔のことなので忘れた。

ということは、DebianもSSDで使えばスイスイ快適になる・・・という事だな。うむうむ。ならばHDD500GBをSSDに換装しようか。。。SSD 128GBぐらいでいいやな。。。うむうむ。

ってかね。まあ使い道がない中古爺さんPCとDebianなのであります(笑)
Linuxの勉強してみっか、LPICとか受けてみっか・・・・・ ウソ

posted by toinohni at 09:19| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください