2021年11月28日

相変わらず元気なホラ吹きじーさんか・・・・と思ったりして

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202111260001193.html

発明家のドクター・中松氏(本名・中松義郎=93)が26日、都内で会見を開き、小笠原諸島の海底火山の噴火により沖縄周辺に大量に押し寄せている軽石について、解決策となる新たな発明をしたと発表した。

研究、実験を行い、既に実用化のメドも立ったという。ただ、その詳細については「沖縄県と打ち合わせ中で、具体的なことは言えない。密接に打ち合わせしている最中で、明かされると困ると言われている」として、明言を避けた。

---------------------------------------------------

相変わらずの楽しいホラ吹きじーさんだなあ。。。。93歳となるとワタクシの父親(故人)と同年齢だが、これだけ元気であると何か楽しい。
よくぞ短期間で研究・実験から実用化の目処まで来たものだ(笑) ホラ吹きも楽しいで。

そのうち沖縄県が何らかの行動を起こすか。とっとと始めないとまずいのではないか。

発明をしたというのであれば特許申請もしているはずで、それだと一定期間後に公開されるで。1年6ヶ月後たったか忘れたけど。その時までに実用化して、これはすごいと社会から称賛の嵐が・・・・・ 出るわきゃないだろ、こんなほら話に(笑)

posted by toinohni at 17:06| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください