2021年11月28日

東芝Dynabook R732/F 四苦八苦してますの そーなんだ

Win 11である。非推奨PCである。それはいいとして、今朝は電源ボタン押してF2連打でBIOS画面が出ない。
電源ボタンを押すと普通は dynabook というLOGOが表示され次にWindowsの四角い小さい窓が4つ出る。
だが、今朝はdynabook というLOGOが出ない。ただ、多分LOGOが出ているのであろう時間・・・数秒は画面に何もなしだ。左上にカーソルが点滅していたか。そして次にWin 11の画面になりPW入力するど。。。。

で、BIOSに入れない。よってUSBメモリからLubuntuも起動できんのですね。

これは何かワタクシが悪いことをしたのであろうか。昨夜はLubuntuにしといて更新かけた。Lubuntu 21.04を21.1にしたのだ。。。その後にカバー閉じて寝た。
今朝、カバーを開けるとLubuntuの画面であり。cat /etc/os-releaseでUbuntu21.1を確認したのだった。
その後、シャットダウンした。そしてWin 11を起動した。。。。。 ここらで何か悪さした?  BIOSに対して何か悪さした?   知らんがな。
何かやると何か副作用が、弊害が出る。何も出ない・・・何もトラブルがないということは実は何もやっていないという事なのである。わっはっは。

というわけで楽しいGooglingの時間ですよお・・・ こういう現象は多々あるはずである。東芝のノートPCってたくさん出ているし。

それはそれとしてUSBメモリ利用してLinux試すっての、BIOS画面が出ないとできんので別のPCで試す。使い道がないデスクトップPCがありまして。Core2-duo 2.4GHz 2004年のツクモ製。500GB HDD 3機搭載でSSD240GBなのでHDDにDebian入れてだな。いろいろ実験しませうね。

ここらのHDDも10年選手だもの。。。。初めのHDDは容量小さいので買い替えた次第であるのだもん。

で?

解決 Win 8.1の例で次のがあったので試したら正常になった。
image

SHIFT キーを押しながら クリックだった。

これは高速起動を有効にしているので生じた現象なのだろう。高速起動を有効にするとキチンと電源切れるのではないらしい。。。。高速起動のために何か情報を維持するためには電気がいるってかね。詳細は知らない。

ならば高速起動をオフにすればいいんでないのか?  と思って設定を見た。すると摩訶不思議。ちぇっくが入った状態になっていて灰色だ。ようするにオフに出来ないのである。なんで?

Win 10では次のようにしても良いらしい
image

これは一回きりの話。これで次の起動は高速起動ではなくなる。

 

だが、設定の灰色はどないしたらいいのだ。ずーーーと高速起動オフでいいじゃんという場合にはどないすんのだ。のぉしてぇ不親切なのぉ???   なんで灰色なのおぉぉぉ。のぅしてぇ?
  志村と伊藤蘭のコント思い出すわ。

東芝Dynabook R732/F Win 11で灰色だった。DELL OPTIPLEX 7010SFF Win 10を見たら灰色だった。選択できないのはなんでじゃーーーぶ? 

ワケワカラン。
現在利用可能ではない設定を変更しますをクリックします。
  そしたらでけた!!

ようするにHDDの場合にはメリットある機能だって。だけどSSDの場合には高速化といっても数秒なのでメリットはないとか書いてある人がいるなあ。なので試しにオフにしてみる。
ワタクシの中古PCは全部SSDなので高速化はオフにしておくぞーーーぅさん。

posted by toinohni at 07:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください