2021年11月22日

英語できんのでツールでアーーソブ PDICってアプリがあるんどす

PDIC + 英辞郎。Firefoxで英字サイトを読むときは活用、英単語にカーソル当ててAlt 右クリックで訳が出る。便利である。
これ、アルクの英辞郎は不可能なので買うなよ(笑) ワタクシは知らずに買ってしまった。アルクの英辞郎は付属のPDICでしか使えない。既存のPDICは使えない。既存のPDICは更新可能だがアルクのPDICは更新しないぞバカタレ (笑) 買ってしまってからムカッパラがたった次第である。これでワタクシはアルクの本は絶対に買わないと決心した次第である。どーよ。

で、PDICは検索した場合に履歴が残る。検索欄に apple と叩いて検索した後でESCを押すと消えるのだが、その時にhistory.txtに保存される。さらにブラウザでAlt 右クリックで調べた単語もhistory.txtに保存される。Menuから検索履歴を表示すると次のように出る。
image

頻度が出る。左の見出し語にカーソル当てると意味が表示されるのである。その頻度に注目だ。例えば頻度が5と出たら5回も検索したのだ、そして覚えていないのだ。
頻度が3以上を優先的に覚えようという戦略で行こうではないか。。。。テキトー。
URLがあるのは英字サイトの場合。ないのは自分で手動で入力した場合。

うむうむ。素晴らしい。こういう機能があったなんて・・・数年前も知っていた気がするが活用しなかったなあ・・・・・ だって英単語はWeblio総合診断で試すだけだもの。
並び替えを頻度順にすればワタクシの目論見は達成されよう Open-mouthed smile

やっぱ、あれだな。こういうのを活用するってのも能力の一つだな・・・・ワタクシにとっては宝の持ち腐れ、猫に小判、豚に真珠ってか・・・・ なんだとぉ!!  

これを活用してWeblio総合診断で語彙数15000を目指す。今10000ぐらい。英語の聞き取り能力はまったく向上しないのだが語彙力は改善できる。英語の屁理屈・・・すなわち英文法に関してはTOEIC Part 5ができればいいや・・・に達したのである。素晴らしい。・。自画自賛Embarrassed smile

あらら、らら。ひょっとして、リスニングに関しても別のアプリで良いものがあるかもしれないなあ・・・・活用方法をワタクシが知らないだけかもなあ。ツールを活用するってのも能力の一つだよなあ。PCとかスマホとかの強力なツールがあるのになあ。2ch読むだけかよSteaming madOpen-mouthed smileCrying face


蛇足・・・・すなわち 蛇の足 なんですねえ
Weblio語彙力診断は間違った単語をMy単語帳に保存できる。タダの会員・・・ワタクシは200単語までの制限がある。有料会員になると制限はないらしい。
だが、考えてもみろ。
間違った単語はブラウザ上でカーソル当てて Alt + 右クリック でPDICのhistory.txtに入るのだぜ。それでいいじゃん。何度も間違うと頻度が増えるのだぜ。ちみぃはこの単語を10回も間違えてますよってわかるのだぜ。ってかね、WeblioのMy単語帳って意味なくね?  わーーえいぎょうぼうがーーーーーーいだぞーーうさん!!

posted by toinohni at 08:49| 東京 🌁| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください