2021年10月24日

なんと なんと 南斗水鳥拳! ! 原巨人が続くぞ

https://hochi.news/articles/20211023-OHT1T51203.html?page=1

巨人・原辰徳監督(63)が来季も指揮を執ることが23日、決まった。今季の本拠東京D最終戦となったヤクルト戦で勝利し、3位でのクライマックス・シリーズ(CS)進出が決定。山口寿一オーナー(64)が、今季が3年契約最終年となる指揮官の去就について「続投を要請して、内諾を得ました」と明言した。通算16年目の指揮は球団歴代トップとなる。10月に2軍監督から配置転換となった阿部慎之助作戦コーチ(42)も1軍コーチとなる方針。来季は原監督のそばで、帝王学を伝授される。

------------------------------------------------------------------------
またしても来年 巨人戦が楽しみになったである。うむうむ。これだけグダグダしてから来季をどうするのか楽しみである。うむうむ。
来季はベテラン・ロートルを減らして若手主体がやり球へよ、原くん(笑)
中4,5日で先発陣を回すにはキャンプから練習量を増やすのだぜ 原くん 麦
選手のデブ化を防いだほうが怪我・故障は減るのだぜ 原くん たんぽぽ
選手の目が飛雄馬や左門のようにギラギラ燃えるようにするんだぜ 原くん 草

というわけで、ワタクシは巨人の選手らに覇気がないと感じて久しい。それはここ2,3年の話ではない。その前、ヨシノブが監督だった時もそうだ。その前、あららら 原が監督だったねえ。そだねえ。。。。 そこだよなあ。原が監督やってた頃から感じたんだなあ。10年以上も前からなんだで。
選手らは原とはやりたくないって本能が感じているのではないかい。知らんけど。

そういう邪推は巨人がCSで下剋上を果たすと消え去るのであるばい。巨人がCSでボロ負けすると再びバッシング・邪推が飛び交うであろうなのです。負けるとチビシー。風当たりが強くなるばいのばい。

で、12球団で60代の監督は巨人だけってか(笑) チームの若返りが課題です・・・ならば監督も・・・・

posted by toinohni at 08:45| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください