2021年10月18日

テンソルってなんだべや  なあぁにい知らんのか うむ

最近の大学ではテンソルを1,2年で習うのか? 理工系で。ワタクシの頃はそんなの知らんかったぞ。そもそも電磁気学の教科書にテンソルが出てこない。
手持ちの「電磁気学」高橋秀俊、「電磁気学」スレイター・フランク、「バークレー電磁気学上下」飯田監訳 を見ても書いてない。テンソルという言葉はあるが解説はない。
これらの教科書は大学初年級レベルのものだからか。いやーーー、2,3年次あたりの教科書だと思うぞ。
ってことは最近の電磁気学の教科書を探そう・・・・レッツラゴー 図書館。

しまった、今日は月曜日だ。図書館は休館日だあぁ・・・・・

計量テンソル・・・・うむうむ相対論で出てきましたね、夢の中で(笑)
電磁気学でも出てくるとしたら・・・・J = σ E という式でσはスカラーであるのだけれども、これがベクトルになったらどないだ?  行列になったらどないだ。・。。 テンソルって概念の登場はそこらからだで、電磁気の場合には。

と言う気がするの。

しかし、そもそもテンソルとはなにか、どうしてこんなの使うのか、何が便利なのか、って初歩的なところがまったく理解できておらんうーたん。

浅学非才!!   不勉強が身にしみる秋 !!    くっそー、焼酎飲んでやる・・・ なんで?

posted by toinohni at 12:19| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください