2021年10月17日

夕刊フジの記事だけに話半分・・・その半分・・・ そーなんだ

夕刊フジは北京オリンピックの頃から、いや、その前からか、中国不動産バブルは崩壊する崩壊する崩壊する・・・と毎年書いて来たぞ・・・・という気がするぞ。
毎年書いていたらそのうち当たるよと思っていたのだが、そろそろ当たるのかね。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/211016/for2110160001-n1.html

中国の不動産業大手「中国恒大集団」の巨額債務返済危機。中国共産党は不動産バブルの崩壊を巧みに避けてきたが、庶民の不満をそらすために恒大集団などを見捨てる方向へかじを切ったとみられる。

恒大集団の危機が表面化し、各地で取り付け騒ぎとなり、一部で暴動となった。危機が表面化した9月以降、世界の金融・株式市場を震撼(しんかん)させている。

-------------------
中国共産党は不動産バブルの崩壊を巧みに避けてきた・・・・・うむむむ。そうだったんだ。北京オリンピックの頃から 巧みに崩壊を避けてきたんだ。そーなんだ。

そして、もう避けることが出来ないほどの状況になちまったというのか。

>>>
中国の金融危機は、リーマン・ショックの10倍程度の規模となることが予想され、国際金融界は恐怖におののいている。
>>>
  おいおい、リーマン・ショックでもエライコッチャだったのにその10倍となると、これはもーもーなんだぜ。どないしょう。

まあ夕刊フジが書くことだから話半分な…(笑) 笑ってる場合かよバカタレ。

つーわけで、中共という独裁体制国家がこれをどう処理するか・・・世界に影響で出ないわけはないってかね。まあ夕刊フジが書くことだから話半分な…(笑)

posted by toinohni at 12:33| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください