2021年10月12日

こりゃすごいや  そーーなんだ

巨人から4位指名が決まると、東海大相模・石田隼都投手(18)は緊張の面持ちで記者会見に臨んだ。巨人の印象を聞かれると「良い選手がいる印象。周りといい勝負できるように頑張りたい」。甲子園優勝左腕が巨人入りすれば、57年センバツVの王貞治(早実)以来。王は1年目から野手として7本塁打を放った。石田も「すぐ投げたい。1年目から1軍で活躍したい。勝ち続ける投手になりたいし、取れるタイトルは全て取る」と意気込んだ。

----------------------------------------------------------
そういえば思い出した。東海大相模は夏の予選では新コロ感染者が出て途中で出場辞退したのだった。寮内でのクラスターが流行った時期があったな。
というわけだが、大型左腕となると辻内を思い出すなあ。まあ芽が出なかったけど。
東海大相模・石田隼都投手(18)がどうなるか、巨人は育てるのが上手ではないし(笑)

で、東海大相模ってプロ野球選手をたくさん出してんの。大阪のPLとか桐蔭とかに勝るとも劣らないプロ野球予備高でもあるなあ・・・ こらこら。

こういうのもある。王は投手だったんかーーーー!!   昔の話ではジャイアント馬場も巨人の選手で投手だったらしいぞ。どのような経緯でプロレス入したのか知らないけど。昔の昔の昔の話だけど。

image

これ見ると巨人で活躍したのって水野、桑田だけじゃんって感じ。王は打者に転向したからパス。柴田も投手ではなく野手で活躍した。うーーむ。水野・桑田って83年となると28年も昔の話であるぞ。ちがーーーーう!!  38年も昔の事であーーーる。

吉岡、三沢、西村に関してはワイは記憶がないのである。まー。というわけで、東海大相模・石田隼都投手(18)は今日は覚えているが数年後はどうか知らんぞ。
活躍すれば記事が出てワタクシのボンクラ頭でも記憶に残るであろう。活躍しないと しーーーらないっと。それがプロ野球ってもんだーね。
でひでひ、新人王とってくだされやがれまし。
とは言っても最近の高卒ドラフトの投手では直ぐに活躍するって超・少ないからね。今年はヤクルトの奥川、オリックスの宮城が大活躍しているが。
ただ、こういってはなんだが彼らは続くかどうかが来年以降は問題になる。高卒1,2年でこんなに活躍するとは・・・とビックリした投手が過去に何人もいたのだがその後に低迷した。怪我・故障が原因である。

広岡のジーサンは言う取る。

怪我するっちゅーことは自分のカラダを正しく使っていないちゅーことなんだす。怪我したら医者行けば良いと思っとる。そじゃなくて怪我しないよな正しい練習とかな、・・・それを教える人がおらんうーたん。特に若い選手には正しく教えんといかん。それが教える人もおらんうーたん。

まあ想像ですけどね。怪我・故障なく長く活躍して大金を手に入れましょう。プロはカネだ。プロの評価は人気じゃない、カネだ。カネ何だよ。カネダマサイチは400勝投手(笑)

posted by toinohni at 09:41| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください