2021年10月08日

この事件・事故の詳細は その後は?

https://www.mbc.co.jp/news/article/2021100700052152.html

6日午前、沖永良部島の海岸に男性の遺体が漂着しているのを警察が発見しました。
奄美海上保安部によりますと、6日午前11時ごろ、知名町の屋子母海岸の砂浜に男性の遺体が漂着しているのを探していた警察から連絡がありました。
男性は70歳代で、長袖と短パン姿に片足にはダイビングなどをするときの足ひれが着いた状態で発見されており、奄美海上保安部では、ダイビング中に何らかの原因でおぼれた可能性が高いとみて、身元や当時の状況を調べています。

男性は5日午前9時ごろ、和泊町のレンタルバイクショップからスクーターを借りており、6日の午前中になっても連絡がつかなかったことから探していました。
----------------------------------------------------------------

ダイビング中に溺れたとして、その後に浜辺に打ち上げられた・・・として、どうして他のダイバー等が気づかないのだ?  そこは無人の砂浜なのか。ダイビングで人気がある場所ではないのか。
島民であれば身元はすぐに分かるだろなあ。島民ではないのでバイクをレンタルしたのだろうなあ・・・となるとバイクのレンタル屋で免許証提示してコピーされているだろから身元はわかるだろよ。
5日にバイクレンタルして、6日の午前中になっても連絡付かず。・・。。本来ならば5日夕方に返却だったんだろなあ。
しかし、ダイビング、シュノーケルにしてもだが、道具は何よ?  スクーターで十分なんだろな・・・・となると、観光客である可能性はある。
だが、観光客となると宿泊しているホテル等でも騒ぐはずだ。客が戻ってこない、客と連絡が取れない、と。
じゃあ島民か。。。うーーむ。

この島では4日にも知名町の屋子母海岸で島民が溺死している。趣味のシュノーケルらしいが、それは妻・知人がいて身元はすぐに分かった。
6日午前の事故は・・・・ これ一つの事故を新聞社が間違えて書いているのではないか?
と邪推するね。

続報を待ちますわ、わたしまつわ。

posted by toinohni at 12:28| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください