2021年10月07日

さすがは巨人である スカウト部長の人事が記事になる そりゃ報知だもん そーなんだ

https://hochi.news/articles/20211006-OHT1T51164.html?page=1

もう巨人がヤクルトに完封負けして書く記事がないのでスカウト部長の記事でも載せとけやあぁ・・・・・ (笑)

>>>
アマチュア選手にとって運命を左右するドラフト会議。その“運命の日”に、巨人が新スカウト体制で臨むことが判明した。水野氏が新しくスカウト部長に就任する。今季はスカウト部参与として、熱心にアマチュア野球の視察を重ねていたが、来季の戦力整備へ最重要なドラフト会議を前に、新体制をスタートさせる。
>>>

   甲子園で活躍してすでに知名度がある選手らは他球団も狙っているし、そもそもドラフトはくじ引きなんで欲しい選手が獲れるとは限らない。
そこでスカウトの目だ。全国行脚して高校野球を見て回るのだろうなあ。いいなあ、毎日 旅が出来て・・・・ こらこら。
スポーツ紙にまったく載らないが良い投手がいる、良い素材の打者がいる、・・・・そこらの発見、発掘がプロのスカウトの目利きなのだろうなあ。。。想像ですけど。
知名度抜群の清宮が伸び悩み、知名度無しだったヤクルト・村上が打撃開眼!! こういうのがスカウトの仕事冥利というものではなかろうか。ヤクルトのスカウト素晴らしい!!  たまには当たるサー。
すでに名前が知られている高校生・学生の選手らはクジ引きだが、どこの球団も指名しない無名の選手を巨人がドラフトで獲得して2,3年後に主力投手として活躍する・・・そこだね。
こういう若手が主力として活躍する・・・・待っているぞ
わたし まつわ いつまでも まーーつーーーーーわーーーーーー。

posted by toinohni at 08:40| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください