2021年10月03日

うむうむ  なるほどなあ ドラゴンズーー

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202110020001434.html

中日は失点がセ・リーグ最少。つまり防御率の数字が最も低い。ところが得点も最少。なので勝てない。投手が2失点で抑えても3点取らないと勝てないのであーーーーる。そんなこたー分かっていてもどうにかなるものではない。
そこで中日は考えた。監督 変えようかなあ…・

DeNAは逆に得点能力はあるのだが防御率が悪い。打撃陣が5点とっても投手陣が6点取られて負ける。投手陣の整備が急務である。

DeNAは三浦が監督一年目であり、すぐにどうにかなるものでもないと思っている次第であるが来季は投手陣の補強をするであろう。

ま中日の監督交代がほんまかどうかは知らんが立浪という知名度のある元・中日の選手が新監督になるのはニャゴヤ人が歓迎するであろう。知らんけど。

西武は防御率が悪くても優勝した事がある不思議なチームである。こんなに防御率が悪いのにどうして投手陣の整備をしないのだ、ナベキュウは?  と思っていた。だってポンコツ・松坂を獲得するしロートル・内海を獲得するし。誰が見ても戦力にならんだろというのがあってもハゲのナベキュウは獲得したのだった。そして、なんも活躍しとらん(笑)
だが、西武はデブの二人を中心とした山賊である・・・らしい。投手陣がボロボロで10点取られても打撃陣が11点取って勝つ。そういう体質だった。そしてデブの二人が調子落とすとBクラスで暮らすのであーーーーた。やっぱバランスが大事だなや。

守りだけではダメ、攻撃だけではダーーーミ。バランスが大事なんでや。そんなこたー誰もがわかっているサー。
しかーーし、中日はセ・リーグ1の防御率だ。失点が最少だ。そのチームが来季から打撃が上向くとすれば優勝候補として挙げられるのは間違いない!! 

間違いない!!  の芸タレっていまどこに?   知らんわい。

だが、こいつ問題。
https://hochi.news/articles/20211002-OHT1T51252.html
阪神は鳥谷や福留を放出して上向いたのであるぞ(笑) 中日はこういうベテラン・ロートルをなんとかしろや。とっとと戦力外にしろや。その方が若手が育つだぎゃー。来季はコーチ兼任なのまか。知らんけど。

posted by toinohni at 07:14| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください