2021年09月29日

英語できんのでツールでアーーソブ てかね

スマホの英語学習アプリの傾向と流行りと様子見・・・なんちーて。

実はそういうのいくらでもあるぞ。。。ってかね、Google Play見るとどれがいいのかワケワカラン。なので評価というかレビューというか見て4点半ば以上をインストールしてみた。4点以下は無視であるし、レビュー見てダメだと思ったものもインストールしないワタクシである。

そして、気づいた。良いアプリがいくつかある。これは素晴らしい!!  いいぞ、これだぞ。。。。。。
というものは直ぐに有料版への移行を勧めてくる。今、SANTA TOEICを2巡目だがタダのバージョンはPart 2,5の問題を1日10問ずつ学習できるのである。有料版は全パート学習できるし解説も豊富である。。。。らしい。
だが、高いのでわしゃ やらん。タダのところだけ学習する次第である。そしてビックラギュータンだがSANTA TOEICの評価が低い。4点未満である。。。なんでだろ。いいアプリだと思うのだが・・・つーか、ワタクシがインストした時は4点台半ばだったと思うがなあ。
つーわけで評価が下がったようであるが、内容は良いと思うよ。ただ貧乏・金無しのワタクシは有料版には進まぬ・・・買えぬ・・・びこーず あいあむ びんぼー。

びんぽー びんぽー なみだあぁのびーーんぼーーー。昔、元気が出るテレビでMr.オクレや村上ショージらが東京ロス・プリモスのコーラスをバックに歌っていましたわ。

でな、カネだしてもいいなと思えるものがいくつかあるのである。でも出さない。Because…..

つまり、言いたいことは最近の学習アプリはレベルアップしているものが多々ある。素晴らしい・・・ そして、直ぐに有料版を勧める。制作側は広告収入があるはずだが、それは大した学ではないのだろう。ユーザー一人から月に数千円吸い上げる事ができたら、それはすっげーーぞ。
ユーザーが1万人いたら、一人から年間1万円吸い上げるとして1億円になるぞ。。。制作側のスタッフが5人だったら。。。これ食っていける可能性高いで。
もっともカネ出すユーザーが1万人いるかどうか知らないけどね。
いかにして客を釣るか?   そこだろなあ、連中が知恵を絞るところは。教材として良いだけではなくて。。。 うむうむ。

  そーだ。スマホではなくてPCで探そう。。。。 まずはPCのYoutubeで良いモノ探してだな・・・・これも去年探したが結局は長続きしなかったし、講師が講釈を垂れるばかりで学習の内容としての素材が少なすぎ。講師の講釈ではなくて、これこれを学習しなさいなっとかで例文をたくさん出して音声も出して、とかのものが・・・・・ そういうのがタダであるとでも思うのかちみぃは・・・
講釈垂れて結局は自分が運営する塾等の宣伝だったりしてな。ここもどのようにして客を釣るかってところに知恵を絞っているようである。
まー、そう簡単に釣られるとは思わないが(笑)

それはそれとして、Part 2で聞き取れないものをGoogle Chromeの音声認識に食わせると、認識できないのがたまにある。これは音声認識側の問題なのか、問題制作側のアナウンサーの発音が問題なのか わしゃわからぬ。そして、そういうものは聞き取れなくてもいいやと放棄しちまう。

ワタクシは文法はGrammarly OKならばOKとする。このgrammarlyもタダのバージョン使っているのだ。有料版にするともっとアドバイス出てくるらしいが月に数千円も払えるかバカタレ。
そして、Google翻訳の音声入力が認識できない発話は、ワタクシが聞き取れなくて当然だとして放棄だ。
Google翻訳の音声入力の精度の高さを知ると通訳機ってすぐにでも出来そうな気がするのだがな。日本語の音声入力もかなり精度高いよ、日本語の文章として出てくる。英語の音声入力もかなり精度高い。
通訳機ってあるんだろなあ・・・・・誰がタダで使わせるかバカタレ・・・・こっちは開発で相当カネかかってんだ・・・ってのが現実か 知らんけど

posted by toinohni at 09:15| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください