2021年09月27日

Windows 10の次の 11が出るとかだが、問題はな   そーなんだ

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1331284.html

しかしWindows 10のメインストリームのサポート期間が2020年10月13日まで、延長サポート期間が2025年10月14日までというのは、2015年7月のWindows 10リリース時点で決定されていた。

また、Windows 10については、これまでのOSと違い、継続的にサービスとサポートが提供される製品およびサービスを対象としたモダン ライフサイクル ポリシーが適用されており、このまま開発が継続されれば、サポート期間は2025年10月よりも延長される可能性もある。

------------------------------------------------------------------

1995年末にWin 95が出てからワタクシはWindowsを使ってきた次第である。直ぐに98になり、Meになり、2000になり、NTになり、XPになり・・・ Versionが変わったのであるが、それはさほど問題はない。カネかからんし(笑)いや、かかったのもあったけど。
Win 7以降はWin 10にタダで移行したし・・・・うむうむ。

なので今度のWin 11の発表も、ああまたかよって感じであった。だが、どっひーーー、今度は事情が違うのである。
今まではOS Version upがあっても既存機種が使えたのである。ところが今度は使えない機種が多々あるのである。どないしょーーー。

ワタクシが持っている数台の中古PCはWin 11がインストールできないのである。ドッピーーーん。
こういうのヤダーーー。OSの入れ替えがハード依存するってーーのは、これはもう儲けたいだけの・・・・・こらこら。
Win 11が欲しかったら買い換えろや、バカタレども(笑) ってかね。

ワイは買い換えない。Win 11がWin 10よりも素晴らしいOSであると分かるまでは・・・とは言っても2025年まではWin 10で行くで。。。

ちなみにワタクシの中古PCは10年~15年選手である。どーよ。壊れないのだ、故障しないのだ。2010年あたりのノートPCが故障しないのだ。デスクトップPCは2004年のツクモのものだで、Core 2 DUoだで゛゛゛。 故障しないので捨てないもんね ワシ。

まあしかし、2025年にMicrosoftがどういう手を打つか、まーどうでもいいけど、その頃にはWin 11マシンが中古で低価格で手に入るようになっているであろう。そうなっていたら買い替えてあーーーげーーーる、と。

そして、今、Win 11にすると何がよいのか、Win 10との比較記事を探すのである。
ブラウザ、メール、2ch・・・ぐらいの用途であれば今ので十分だし。
Core i5 3GHz, 8GB Mem, SSD 240GBであれば、開発にも使えるで・・・ハイレベルを除くけどさー。
とにあえず、量販店にWin 11マシンが展示されるようになったら 物欲しそうに見物するけどさ(笑)

posted by toinohni at 18:43| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください