2021年09月20日

9月のキーボードは打ち止めである

購入して試したキーボードは次の通りである。
SANWA SUPPLY SKB-SL18BKN
image

 

BSKBU300WH  BUFFALOね。近鉄じゃないよ(笑)

 

 

 

image

 

 

 

TK-FCM108KBK Elecomね・・・・

image

 

 

2000円以下で最良のKEyBoard1は・・・(ワタクシにとって、という限定だが)

 
   これが最終的にはフルキーボードになる・・・TK-FCM108KBKをメインで使うのだが、

打鍵の感触はBSKBU300WH  BUFFALOが最良である。

パンタグラフ方式はテンキー無しの二つだが、SANWAはバランスがよいというかなんというか。
BSKBU300WH  BUFFALOはキー配列でなんじゃこれわああ!! というものがあって、打鍵の感触は一番好きなのだが、使いづらい。キーボードの設計の技術者はほんまに自分で使って試したのかね、試作段階で。

SANWAはバランス良い。ノートPCのキーボードとして最適だとしておく。

上のElecomのフルキーは・・・ キータッチが軽すぎる。が、慣れだろな。
量販店でキーボード叩いて確認した時は、さほど軽い感触はなかった。だが、家で設定して使うと、キータッチが軽すぎる。

 

というわけで、ワタクシにとって最適、最良なキーボードは未だにない。

キーの打鍵でいうと上の白いの、BSKBU300WH  BUFFALO。これのフルキーボードがあれば良い・・・つーか、ある。だが貧乏・金無ののワタクシはキーボードに2000円支払うのが上限であるる。。。。。
つーか、今までの3台、合計したらいくらだよん。

5000円ぐらいか・・・・ しまったーーーーー。ばーーーか。

posted by toinohni at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください