2021年09月20日

最近のスマホとか・・・わけわからん

ワタクシは中古品に興味がある。スマホもPCも、だ。昔、カネがある頃は10年ぐらい昔か、松下電器がレッツノートR-2だっけな、小型でファンレスでデスクトップを持ち歩くという宣伝で売り出したの、買ったぞ。20万円ちょいだった気がする。
あれは意欲的なPCだった。ファンレスだ。素晴らしい・・・そして、日進月歩のノートPC業界で性能向上するとCPUが知恵熱だすのでファンを省くことが出来ず、ある時点でファンがついたのだった。
その後、各社から目新しいノートPCが出るとアッキハバラに行って買ってですね、2,3ヶ月使って、まあこんなものかなと分かるとソフマップに持っていく。売却したカネを元にして別の新しいノートPCを買う・。・・ってな楽しい日々が続いたのであった。。。 10年ぐらいは。

そして、ワタクシの収入が減る頃にソフマップも衰退し、創業者は追い出され、今はどっかの小会社になっているようだ。最近はアッキハバラに行かないので店舗がどうなっているか知らぬ。

というわけで、ワタクシは貧乏・金無しになってしまったのだが(´・ω・`)。そこで中古スマホをみると、1万円強の中古スマホがオクタコア、4GB RAM, 64GB ROMが多々ある。すっげーーー。そして画面は6インチ強でありFHD+である。すっげーー。中古とは言え、1万円ぐらいでスッゲー高性能!!  

買わないけど(笑) ワタクシが持っている2つのスマホは4GB, 32GB ROMでがす・・・6インチぐらいだが、細い。一つはFHD+であるが別のはFHDでもない。
まー中古の選択で失敗したのだな。

で、実はrスマホが4GB RAM, 64GB ROM, オクタコアってさ・・・ジーサン・バーさんに必要か? 
ワタクシには必要ない。

だいたい、家では光回線で光モデムにぶら下げている。スマホがキャリアの電波を使う事もない。なので楽天のデータ1GB以下ならばゼロ円というのが素敵!!

スマホに64GB ROMは必要ないわな・・・という連中向けにそれなりの端末を出せば・・・と思ったのだが、実はそうでもない。
製造する側からすればROM 64GBも32GBも変わりはないのだろ。価格の差は出る可能性はあるが、32GB ROM, 64GB ROMで製造を切り分ける必要がある。部品の手間暇。
そうなると高性能に見えるスマホであってもジジババならびにワタクシ向けとしては、・・・うむうむ。
ようするにROMサイズを小さくすれば安くなる・・と考えるのは貧乏人の発想なのであり安くはならないのだ。部品代が安くなっても製造工程で費用がかかるであろう。

牛刀で野菜炒め用の野菜を切る・・・ なんちゅうこっちゃなんだが、いいのだ、それで。野菜切りようの包丁を買うより手間暇かからんで。。。って事で。

過剰スペックに見える・・・のは貧乏人の視点だからだね。ワイは貧乏人である。

SDカードが16GBと64GBで価格がどうか・・・16GBが安いだろ・・・ではないのだ。ここだで。

で、何の話だっけ? 

posted by toinohni at 16:15| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください