2021年09月15日

おおおお、首位戦線が動き出した なあぁにぃぃ気づいちまったな

https://hochi.news/articles/20210914-OHT1T51210.html

巨人は5位のDeNAに痛い逆転負けを喫した。4回に1点を先行したが、先発の山口が6回に桑原に同点ソロを許し、7回1死からソトへの頭部死球で危険球退場。2番手の田中豊が続く牧に勝ち越し2ランを浴びた。5か月ぶりに3番に坂本を置いたオーダーも実らず、DeNA戦は8戦勝ちなしで6連敗となった。ヤクルト・阪神戦が引き分けたため、首位・阪神とは3・5差の3位転落となった。
ヤクルト・阪神戦が引き分けに終わり、首位とは3・5差の3位転落となった。原監督は常に「打線は4点以上、投手陣は3失点以内」を試合でのノルマに掲げる。そこから得点は平均で1点以上、足りていない。ここに来て「サカオカマル」にばかり重荷を背負わせるのは酷だが、それでも主役が活躍するチームの形で勝ってこそ、勢いが生まれるというもの。逆境をはね返してほしい。

----------------------------------------------------
巨人が自滅コースか・・・・ 投打ともにあかん。巨人病が慢性化したのか(笑) なんで投打ともに悪くなるんだ。それは巨人病・・・テキトー。
原は打線が4点以上、投手は3失点以内を・・・というのだが、9月で2勝しかしてないのだぜぇ。。。。原の掲げるノルマが達成できん。日曜に菅野先発で勝った試合は打線は2点だった。失点1で投手陣らが踏ん張って勝ったのだった。
投手陣が失点1を維持すれば勝てる!!  そこだぜ!!  原くん。
それは無理ね。中田翔を獲得して打線の刺激になるかと思いきや、変わらず。助っ人外人頼りという伝統の巨人の手法でも変わらず。
年俸は高い巨人である。二軍に高年俸の選手がゴロゴロしとるど(笑)

で、セ・リーグもパ・リーグも首位戦線が動き出した。ワタクシは阪神は息切れしてズルズルと下がると予想したのだが、少しズルズル下がってから盛り返したのである。逆に息切れしたのは巨人であった。ムカッパラが立つのはオリンピックで試合がなかった一ヶ月、巨人の選手らはキチンと練習してなかったのではないか・・・という事。一ヶ月も試合がなかったのだ、調整期間として十分だろう。今、疲労とか疲弊とか言うなバカタレ。
セ・リーグは阪神が抜け出し、パ・リーグはロッテが抜け出した。

image

   とは言ってもセ・リーグは3.5差に3チーム。これはまだまだわからない。ただし、巨人は9月に2勝しかしとらん。この調子で行くと3位から落ちる可能性もある。最近は貧打・中日がどういうわけかようけ打ち出したし(笑)
パ・リーグは5差に3チームだが、オリックスがズルズルと下がるのかロッテが独走するのか、そのうちロッテも息切れするのかわからぬ。ロッテ・オリックスの首位争いに楽天が割り込めるか・・・可能性は低いと見る。

9月に2勝しかしとらん巨人が奇跡の盛り返しを見せるか、このままズルズル下がるか。阪神が優勝すると関西圏はエライ騒ぎになるぞ。密密密で人が集まって新コロ感染拡大はは間違いない!! 
  間違いない!!  の芸人はどこに消えたんだ? 

大相撲もやっとるし、スポーツの秋ですね。そして台風も・・・まだ関東には来てないか。

さてと、スポーツは見るものであってやるものではない。記録狙い・カネのためのスポーツはカラダに悪いし健康に悪いというのがワタクシの信条である。見るに限る(笑)
で、散歩がちょうど良いがなや うむうむ。

posted by toinohni at 07:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください