2021年08月20日

下記の本  まーよーわからんのですけどね そーなんだ

Deep Mind社の天才 デミス・ハサビス 名前だけでも覚えましたね(笑)

で、ワタクシは囲碁についてはまったく知らないのでして、以後、気をつけるように・・・・囲碁だけに、以後って・・・・ ぷぶっ)
囲碁って オセロゲームみたいなものか?  オセロをでかくした盤でやるゲームか。黒と白しかないぞ。王様とか子分とかはいないのか。つまらんな。階級がないのはつまらんな。

で、この囲碁AIは何かに応用できるのか? 囲碁専用なのか。
アルファ碁のソフトを動かすにはCPUが1000を超え、GPUが数百であり・・・・いったい電気代いくらかかるんや(笑)

というわけでワタクシにはワケワカメなのでして、別の本で初歩的なところから学習したいと思う次第であります。上の本ではディープラーニング + 強化学習がキーポイントだなっと感じましたので、強化学習の入門書をまずは読むとして。

機械学習とかDeep Learningとかの本を読むとね、昔からあると書かれている。昔からあるのに、どうして2010年代に急速に性能が上がったんや?  そこだね。
シッタカでAI・機械学習・Deep Learningの数学は統計学であるとか書く物書きもいるのだが、知りたいのはそこではない。昔からある機械学習、基礎は統計学である、それはいいんだって。
そういう昔からあるものがどうして2010年代に急速に性能が上がったのか?  そこをキチンと書けるサイエンスライターってのが少ないのな。
その一つの解説が上の本であるが、ワタクシにはチンプンカンプン・・・と言うよりもワタクシは囲碁に興味ないのでして(笑)
そーだ、将棋のAIの解説本を探そう。ワタクシは将棋のルールなら分かっているし。アマチュア30級ぐらいのレベルだけど。最弱である(笑)

Deep Mind社の天才 デミス・ハサビス ----- Googleが買収したのだけど、Googleはこれで何をしようってんだ?  AI分野で覇者になろうってか。GoogleのAIサービスっかね、そういうものがあるんかーーーい。スパムメールのブロック?  知らんがな。

posted by toinohni at 07:44| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください