2021年06月24日

プロ野球はチビシーのである なあぁにぃぃみつけちまったな

https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12133-1123056/

ベテランでは松坂や雄平、岩田らも1軍未出場となっている

-----------------------------------------------------------
球団がこういうのクビにする決断が出来ない場合にはグダグダ、グズグズと続けるのであろう。松坂などメジャー戻りだが給料泥棒の典型だ。まあ金満のソフトバンクだったからなあ。その後の中日では復活したかのように見えて、その一年だけで終わり。西武に拾われて戦力にならないものの知名度で球団は儲けようとしたんだろ、ナベキュウはとっとと松坂をクビにする決断をしろってばよ。

阪神が鳥谷や福留を出してから調子がよくなった。これは鳥谷や福留といったベテランがいなくなったことでチームにはベテランに頼るという甘えが無くなったと考える。いると有名ベテランは頼られる。これがダメだ。いなくなって頼るベテランがいなくなって、若手は自分らが頑張るしかない状況になった。なので頑張る。

有名なレジェンドのベテランがいると、つい頼ってしまう。その甘えが阪神はなくなったのである。そこだぜ。
西武もな、そういう決断をしない限り優勝はないで。未だに、松坂や内海に学ぶところがあるとか、妄想を語るバカ経営陣がいるかもだがな、無能ってのは罪だぜ。松坂、内海を首にしない限り西武の復活はないとワタクシは予想している。ハゲのナベキュウが決断できないのだ、器が小さいからな。ハゲだし。ワタクシもハゲだけど(笑)

  言いたいのはな、ベテランのロートルが活躍すればいい、活躍しないベテランのロートルがいると、つい遠慮してしまう若手がいたり、頼ったりするのがいたりする。ソレダメだって。

長嶋は39,40歳まで現役続けたかったが引退させられて、監督をさせられた。という例もある。いたらいたでファンは楽しいだろうが、もはや打てない長嶋がいても意味はない。川上監督は決断したんだ。
そういう決断ってのは勇気がいるんだよ。ナベキュウのハゲにはできない。もっとも監督は辻だけどな。

巨人はヨシノブが監督の時に、チームの若返りが課題だと語った。ところが球団は高橋、上原、岩隈とロートルを獲得した。バッカじゃねーのとワタクシは思ったのである。高橋、上原、岩隈が活躍しましたか?  (笑) 稲 草 タンポポ

ここだね。

経営陣は勇気を持って決断できると良い経営者だ。波風立たぬようにして自分の人気をこなして去るという、メシウマーだけが目的の連中もいる。
何かをやる、、、という時は嫌われる場合があるという覚悟が必要だ。

それを考えると原監督は素晴らしい。批判され、嫌われ、腹たつなりい・・・と揶揄され、どのような批判があっても動じないふりをする。そこだぜ。
批判が強まると場合によっては監督休養とか、たまにあるだろ。パ・リーグでき特に(笑)
太っ腹の原監督は神経も太いのである・・・と考える。まあそういう演技であるかも知れないが、実際はともかく、プロ野球は観られてなんぼ・・・という事が分かっている。
原監督は偉人である。素晴らしい。

宮國を戦力外にし、沢村をトレードでロッテに出し、チビシー決断を何度もこなしている。これだよ。この決断できるかどうか。そこだよ。つまり、なんだよ。しらなよ。

もうワイは何を書いているのか知らんもんね、

ところでワタクシはAVの神宮寺**って大好き。顔が普通であり、おめかししないで、ああいう顔であり、そして、何よりも ニガリがよい。ニガリってなんだよ?  ヨガリ かよ。知らんよ。

posted by toinohni at 13:07| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください