2021年06月24日

宅地化 戸建て建設 盛んなんですわ なあぁにぃぃみつけちまったな

圃場の宅地化の工事、そして戸建て住宅の建設。不動産屋・建築業はミニバブルか。

上とは別の近所で去年の春頃から30棟の戸建て建築が始まった。いま、2,3の工事中だ。そして引っ越してきた人たちがたくさんいる。売れるのだ。この時代に30年のローンを組めるって・・・・きっと良い会社で働いているのだろう。。。。うむうむ。子供らが小さいが、近所の小学校は児童数激増しているんじゃ?  だってこの30棟だけではないからね、近所での戸建ては。
いやー、ローン組める信用がある人達がたくさんいるんだなあ。

ワタクシは貧乏・金無しであるぞ(笑) 笑ってる場合かバカタレ。

そして気付いた事がある。5,6年前は新築工事の家の屋根にソーラーパネルが乗っかったのがチラホラあったが最近は新築でソーラーパネルは皆無だ。近所の場合ね。新築の保育園等では屋根にソーラーパネル乗っかっているの見たけど。
つまり、太陽光発電ビジネスは収束したのである。

ワタクシは暇だったので「太陽光発電アドバイザー」の勉強して合格したである。去年。なのでワタクシはアドバイスできる・・・・かも知れない・・・・気がする(笑)
FITがどーたら、という問題で太陽光発電ビジネスは終焉か。もっとも民家の屋根に乗っけるタイプのものはカネにはならん。もともと投資という意味合いは弱い。10kW未満はそうだね。

それよりでかい50kW未満の太陽光発電は買取20年だったこともあり、まだ道半ばである。買取価格は低い。毎年下がる。もーもー、牛が啼く。最近は中古市場もあるらしい。維持すれば毎年一定のカネが入ってくるはずなのに手放すってのはメリットがさほどないからであろう。
土地付きで2000万円から3000万円前後から、とかの価格があるみたい。詳細は知らんけどね。中古だからもっと安いか。たまには検索してみるか。

さてと、今年の夏はオリンピックもあるらしいし、電力需要が高まり、都知事あたりが省電力を呼びかけるかね。どうだかね。
ちなみにワタクシはエアコン持ってないので夏場はチビシー次第である。もうどうしようもなく暑い時はスーパーやコンビニに涼みに行くもんね。
ワタクシの済んでいる鉄筋コンクリートの集合住宅は冬は室内の温度が15℃ぐらい。暖房なしで。ところが夏場は暖房もしてないのに30℃を超える日が数日あるばい。暖房も使ってないのに30℃を超えるってあんた、それ。。。。 夏だからなあ(´・ω・`)

ベランダの窓を開けて廊下側の部屋の窓も開けて風が通るようにしている。風があると涼しいである。ところが、無風で外気が35℃とかなるとエライコッチャ。室内の扇風機の風が温風である。。。。 そういう時は2時間毎に水風呂に入る作戦である。
このようにして真夏を耐え忍ぶワタクシであるが、最近、気が弱くなってエアコン買う・・・・と思っている次第である。
どないしよーーー。エアコンの前に冷風扇を試す。次に冷風機を試す。次にスポットクーラーを試す。次に窓型エアコンを試す。そして最後に壁かけエアコンを試す。このようにいろいろトライすることでノウハウが蓄積でき、自分が生きるための経験値を積み上げる事ができるのである。
うむ、で、圃場や宅地化や30棟の話はどこに?     知らんもんね。

posted by toinohni at 08:31| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください