2021年06月14日

ベテラン芸タレが仕事激減しているってか   そーーなんだ

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12268-1109008/

週刊誌の記事だから話半分な。週刊女性って知らないけど。

 

「今後、地上波のテレビでは確実に数字を持っている大御所芸人と安くて小回りの利く第7世代の二極化が進み、中堅芸人が消えていく潮流が加速していきます」

と話すのはテレビ制作関係者。“コンビのギャラが100万円前後クラスの中堅芸人がリストラされる”というのだ。

------------------------------------------------------------------------
こういう状況の一因はワタクシにもある。テレビは10年ぐらい前に捨てた。液晶テレビ、ブルーレイ・レコーダーは中古屋に売った。そのカネで焼酎買って飲んだ。うまかった。。。
いや、そういう話ではなくてな。ワイはテレビ見たくない。みたい番組がない。お笑い番組つまらんし。そもそもNHKが気に入らん(笑)
ようするに、芸人が何しようがワシャ興味ないねんで。そこだな。

Youtubeで昔の たけしの番組、志村のコント番組など見ると面白い。最近はそういう面白さに匹敵する番組があるのかないのかも知らんけど。

つまり、ワタクシのような年齢になると芸タレに興味はなくなり、芸人のゴシップにも興味はなくなり、お笑い番組など10年以上前から ダメだなと思っていたし。

要するに視聴率が取れる芸タレなどいないって話の背景にはワタクシのように知的水準が上がった結果、テレビが非常に低俗でバカばかりが出ているし見ているのもバカタレばかりだろ、という認識に至ったのである。どーよ。知らんがな。

一時期はお笑い養成所経由で芸タレとして売れた芸人が続出した時代もあったろう。だが、それは飽和を通り過ぎて今後は減るだけだろうよ。テキトー。

しかし、よしもと新喜劇は面白い。あれはテレビ番組ではないけどね。TVerでやってるので見るのだが、KPPも座長引退で世代交代だろし。
よっしゃ、芸人は吉本新喜劇を目指せ!! ああいうのは生き残ると思われる。世代交代もするし固定ファンもおるおるおーーるず。だいたい、たまたまたまよーでーーす、が長く活躍しているのである。ああいうのでいいのである。で? 

中間芸人は仕事が減ったら何する?  自由時間ができるのだから思索いふける、何か新しい事に挑戦する、など考えて元気で行きたまへよ。

ところで、警視度の寅三先輩のコメディ・刑事ドラマに出ていたハゲのカレーばかり食う元・漫才家の人 いなくなったけどどないした?  何か悪いことやって干されてる?  
知るかよバカタレ。

posted by toinohni at 10:37| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください