2021年06月07日

うちの VDSLの速度  なんかヘン     そーーなんだ

image

12:33 昼の。 うーーむ。これは奇跡か。VDSLの上りの理論値は50Mbpsぐらいだと思っていたのだが、遥かに超えているぞ(笑)

別サイトでの測定はどうかと言うと。うーーむ。すげーな。上りがワタクシの理解を超えている。

image

 

さらに別のサイト
image

 

 

VDSLの上りがこんなに早いのはなんでじゃー 教えろ・バカタレ!!  

VDSLはその構成上、上りは速度が下りより遅くなると理解していた。だが、うちのは賢くて頑丈で気合が入っていて、あまり差がない。

Wikiでも読んで再勉強だなあ。

https://en.wikipedia.org/wiki/VDSL
VDSL offers speeds of up to 52 Mbit/s downstream and 16 Mbit/s upstream,[3] over a single flat untwisted or twisted pair of copper wires using the frequency band from 25 kHz to 12 MHz.[4]

確かに 下り 52Mbps, 上り 16Mbpsと書いてあるが、続きを読んだら次の記述があったばい。

Second-generation systems (VDSL2; ITU-T G.993.2 approved in February 2006)[5] use frequencies of up to 30 MHz to provide data rates exceeding 100 Mbit/s simultaneously in both the upstream and downstream directions.
   なんと 、なんと、南斗水鳥拳!!    ちがーーーう!!   なんとVDSL2という規格が昔からあるでばらん。上下同時で100Mbps超えるとも書いてあるでばらん。
なんだよ、非対称なのは最初のVDSLかよ。すると今のワタクシが使っているKDDIのVDSLの装置はVDSL2なのか。
10年以上前はユーセンのVDSLを使っていたのだが、その頃は非対称だったぞ。上りは数字低かったぞ。記憶しているぞ、画像はないぞ。ばーーか、記録しておけよう、そういうのが大事だろ、あーーーほ。 すまん。

規格としてこういうものがあるようだ。
image


しかし、国内の回線業者がどのような性能のVDSL装置を設置しているかはワシは知らん。
KDDIがG.fastというのサービス始めたと聞いたが2018年に。うちにはまだこない。旧公団の新しい集合住宅では導入が始まっているとかだが、下り 660Mbpsとか言うとるから上と合わない。

ワタクシの生息している集合住宅にはUSEN金属箱とKDDI金属箱とNTT金属箱が入り口近くにある。どっかに形名書いてあるか見てくるか。

とにかく、ワタクシの記憶ではVDSLは上下速度が非対称であってだな。USENのとき確認しているし。KDDIにして5,6年にはなるのに気づかなかったとでも?   いやー、なんちゅーか、回線速度は何度も測定したが下りだけ注目していたかもねー。そだねぇ。

では、国内のVDSL装置の仕様を検索してみようずら。。。。なむう。

posted by toinohni at 13:03| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください