2021年04月10日

超入門ベイズ統計 KBB

  Amazonのレビュー見てワロタ。カワイソス。・・・・ (´・ω・`)
ただ、ワタクシの場合には図書館から借りたので購入して悔しい!!  ってこともないので気楽に読むだすばい。
実は他にも読み物としてのベイズ統計の本を借りてまして。
さらにYoutubeでベイズ統計の解説を探して数本は見た。なんだか最近は有名になった感じの よびのり のKPPのアンパンマンの・・・・ なにが? 

上の本は借りるの2回目。初回は数ベージでやめた。物語風の仕立てを目論んでいるのだが、ワタクシはつまらないと思った次第である。
ただ、今度は全部読む。というか、終盤に第二部 数学編という章があり30ページぐらいだが、さっき読んだ。内容はすでにYoutube等で知ったものばかりである。

ところで、ワタクシはベイズ統計をマスターしようという志もないし、そういう高望みもしない。単にベイズ統計というものはこういうものである、という感触を得ることができれば良しとする。さらに勉強すべきだ!!  なんてこたー なかろう(笑)
で、別の本の例題とか動画での例題とかを見ていると、面白い!! という感じが少ししたのであるが、どうもなんだか 屁理屈 こねすぎじゃね?  とも思う。それはワタクシの理解が浅い証拠なのてあるね。

そういえば機械学習の本でベイズ統計があぁーーとか書いてあったの見た気が少ししたりして。。。。 ほんまでっか。

蛇足 読了 面白い読み物だった。うむ。これでベイズ統計の入り口がどこにあるか、ぐらいは知ったぞ。入り口に立ったかもなあ。まだ足を踏み入れてはいない気がする。いや、片足ぐらいは・・・・ なんちてね。
なるほどなあ、犯人はX氏,Y氏,Z氏ではなかったんだ。これはあれだな、つまりそれだ。

刑事モノのドラマでいかにも犯人であるかのような演出なのだが、終盤に犯人はあなたよ、って時に、なんでこの人が犯人?   って感じの。意表をつく、って事ですね。
なあ、捜査一課長の黒岩さん。見落としたんだよ、あんたは。その他 10%  という項を!!

どうよ。何がよ。

さてと、次は別の本を読みたい次第である。ちょっとばかし計算問題が出てもワタクシは苦にならない。RStudioをインストしてあるし、wxMaximaもあるし、Pythonもある。さらにカシオの電卓もある(笑)

posted by toinohni at 08:29| 東京 ☁| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください