2021年02月26日

プロ野球 日ハムの例の人 なんですとーーー

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202102260000759.html

キャンプ前の予想を、大きく上回る回復ぶりだった。キャンプ中の実戦登板を見据えていたほど右肘の経過は良好。「スピード(球速)を見ても、分かりやすく日々、上がっていた。肘の状態なのか、気持ちのリミッターなのか、それを感じました」。3月中の打撃投手登板を見据え、2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷でリハビリに励んでいく。

--------------------------------------------------------------------------
いつまでリハビリを続けるんだい? 

3月中に打撃投手として投げる・・・・ で、試合で投げるのはいつなんだい。

ワイは一軍のレベルにはない斎藤佑樹がどうして戦力外にならないのかって不思議でんねん。それは観客動員力があるからクビにはできんだろなあ。
ほんで、今季、斎藤佑樹が一軍で投げる事ができて、1勝でもすれば球団としては御の字であろう。
万年リハビリにならんように、ある時期で決めろよと思うのである。戦力外になってもバッティング投手として生きる道はあるとか・・・やらんと思うけど。
球速が日々、上がっていったとは行っても140キロ未満ぐらいだろに。

とはいうものの、これが復活劇を果たせば賞賛の嵐。日ハムの辛抱強さも賞賛されよう。

さーて、西武の松坂とか内海とかはどうかなー。まーそのうちYoutubeで見るかも知れないが、デブっていたら論外。体を絞っていたら少し期待する。
が、今の所はキャンプ情報でも記事が出ないところを見るとダメなんだろっさて思う。
斎藤佑樹のように肘の手術後のリハビリではないからなあ。松坂に内海。

昔の栄光を持つと長生きできるね。うむうむ。

ん?  松坂もリハビリ中らしいぞ。これも万年リハビリの可能性があるなあ・・・というか、万年リハビリのベテランですがな。
ある時は肘が痛い、次は肩が痛い、次は腰が痛い・・・とかの・・・ すでにプロのレベルではないだがに。

万年リハビリを囲っておける余裕がある球団かよ、西武は。そんなカネがあるならば西武新宿線を高架にしやがれ・くださいm(_ _)m

posted by toinohni at 19:34| 東京 | Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください