2021年02月21日

何かやれば副作用がある・・・・ それを考慮して何かをやれって事だけどなあ

原発は廃止しろという連中がいる。だが、電力を火力・風力・太陽光発電で増やすとなると、それも問題が出る。
火力発電は排気ガス、風力発電は環境との問題・音がウルセー・安定しない発電、太陽光発電は東北の大地震以降に勢いが増したが問題は出ている。

日本の地形は水力発電に向いている・・・だが、水力発電のためにダムを作ろうとすると環境団体が大反対運動を始める。
日本は火山がたくさんある。なので地熱発電に適している。だが、地熱発電の設備を作ろうとすると環境団体が大反対する。
太陽光発電は環境に優しい・・・というのは宣伝文句であり、実際は記事にあるように環境問題が生ずる。
結局は石油・LPGガス・原発などのポートフォーリオの最適化ってところを考えるしか無い。ジャストな解決策は、ワタクシが永久機関を発明するしかないのである。うむ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/46aa86be254587fde60acbd19cae8b0a7ae160c5

何かやれば弊害が出る。何もやらなければ衰退・低迷が続くだけだ。てなわけで、物事は多様であり、それをまとめるのが政治の仕事であろう。
だが、わがニッポーーーンの政治家は野党は政府に脊髄反射で文句いうだけであり、打開策を提示することもない。肝心の政府は関係する利益業界の顔色を伺う。
そこだで。

やはり、北斗の拳のように拳王・ラオウの強権で統治するのがベストだぜ(笑)
イラクがフセイン亡き後に民主化が進むという甘い期待はとっくに消えた。
リビアのカダフィが亡き後にリビアに民主化が進むか・・という期待は泡と消えた。リビアはカダフィ亡き後は内戦状態である。
アラブの春・・・という民主化を進めるかのような妄想は消えた。

ようするに、何かやれば何か弊害が出る、副作用が出る。そこも考慮して全体としてどうかという視点を政治家はもっと主張して欲しいのである。野党は脊髄反射で文句いうだけで食っていける楽な商売だが、少しは知恵を出したまへよ。文句いうだけなら、ワイではねできとるぞ。このブログのようにな。誰も読まないけど(笑)

何かやれば何か弊害が出る、副作用が出る。だから、なにもしないほうがいい、という主張をワタクシはするのではない。

覚悟してやろうや。そう思う。なにもしないとなにもかわらない。衰退するのは確実だろう。

てなわけでね、太陽光発電はもうビジネスとしてピークはとっくに過ぎたと思うのだが、今後に何か大規模に造成等があるのであれば、よほど慎重にせねばなるまい。ここ10年ぐらいでノウハウとか問題点とか、いろいろと経験値を積んだはずだ、この業界は。うむうむ。
珍しくワタクシがマトモな事を書こうとしている気がする(笑)

全体としてはどうか、という視点だな。こういうと、じゃあ個人が犠牲になってもいいのかと文句たれる奴らが出てくる。そこらだな、政治家の力量は。
ワタクシは強権・ラオウのようにピシッと決めるのがよいと妄想している。これは独裁政権以上の超・独裁である。ようするに、ワタクシが神である。ワタクシの言う通りにしなはれや、ちみぃらは・・・ なのである。そういうスーパー・権力を持つ。夕方に居眠りしていて、そういう夢を見たのである。ワタクシは神になりたい(´・ω・`)

posted by toinohni at 18:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください