2021年02月21日

英語できんのでツールでアーーソブ次第である

英語できんのでスマホのTOEIC,TOEFL出題アプリで勉強続行中である。文法問題だけね。リスニングは放棄しとる。
そんで間違う問題はよく間違う。句動詞、前置詞、冠詞はよく間違う。なので間違った問題を集めて復習するばいいがなや・・・・と思った次第である。
その際に、スマホの画面見てPCのキーボードを叩いて問題文を写経だ!!  という方法を採用した次第であるが。今日、気づいた。
スマホのアプリによっては、Google Driveに問題文をuploadできるのである。OneDriveでも良い見たい。他にも何とかドライブってかね、クラウドサービスが利用できるみたい。

そこで試したのだが、2つの種類があった次第である。
一つは問題文をテキストでuploadする。もう一つはスマホの画面をイメージとしてuploadする。以下に例を示す。

  あるアプリはこのように画像としてuploadしましたね。

image

  別のアプリの例
--------------------------------------------------------------------
* Your feedback here:
* Question:
- Q: For the first time in the history of the country, the person which was recommended by the president to replace a retiring justice on the Supreme Court is a woman.
- A1: which
- A2: was recommended
- A3: to replace
- A4: retiring
- R: 1
- I chose: 1
- App Version: 3.5.3.2

---------------------------------------------------------------------
Google Driveに TOEIC_Test というフォルダー作ってそこにuploadするようにした。なので20問を解答して結果を確認して、間違った問題はuploadする。
そのフォルダーに溜まった問題は間違った問題である。

うーーむ。これがワイはドシドシ問題をこなして、間違った問題は原因を調べてだね、ますますワタクシの勉強がはかどるであり、数カ月後にはTOEICの読む方に関しては かんぽき カンポキ になるのである・・・・という妄想を持つ次第である。

で、OneDriveにuploadした際にはワタクシの場合にはうまく行かなかった。理由は分からん。調べる気はない。Google Driveが使えたのでそれでやる。

スマホアプリは○か✗かは分かるが、どうしてこれが正解なのか、どうしてこれは間違いなのか、という英語の屁理屈(英文法とも言うらしい)については解説がない。解説があるアプリもあるけど。
そこで英語の屁理屈に関して Grammarly で確認しつつ進めることにする。Grammarlyが100%正しいと盲信しているわけではないですぜ。

英単語にしても間違った問題はGoogle Driveにuploadする。間違った単語、屁理屈等が貯れば、それらを優先して理解する・覚えるようにしよう。
うーーむ。今日は久々にワタクシのIQ88のちょう・頭脳が冴えているぞ。

posted by toinohni at 09:32| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください