2021年01月19日

おお、貴景勝 左足負傷できましたか

https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202101190000234.html

休場するには診断書が必要だ、らしいので昨日は発表なかったが今日は左足負傷ですか。

>>>
大関貴景勝(24=常盤山)の休場理由について、師匠の常盤山親方(元小結隆三杉)が電話取材に応じ、3日目の北勝富士戦で左足首を負傷したと明かした。
>>>

で、診断書は出したのかい。診断書がないと休場できないって先日、デブの芝田山が言うとったで。なー、医師の診断書出したのかい。きちんと病院に言ったのかい。なんかテキトーすぎることやってるよなあ、相撲協会。

で、ワイが考えるに、貴景勝はデブすぎて自滅のコースだ。昔もデブすぎて自滅ってのいたけどさ。自滅ってのは大関以上になれず、大関にもなれずっての。
ちょー・デブのオウロラは論外としても。水戸泉、デブすぎた。なんちてね。
今は多くがデブばかり、石浦のような小型力士が珍しい。千代の富士のような力士はもう出てこないのかね。
ただ、朝青龍、白鳳、鶴竜などはデブではないのだ。そのぐらいが最適なのではないか。昔の輪島・北の湖の時代だって北の湖はちょーデブだったが160kgぐらいだったと思うし。
曙や武蔵丸は規格外としてだな。貴乃花も無理に増強・増量したつけがきたなあと思ったし。

というわけで、今の大関は朝乃山、正代、貴景勝と揃ってデブ過ぎる。大関陥落した高安もデブすぎる。琴奨菊もデブすぎた。

各部屋の師匠はデブはデブでも160kg台を上限とするような方針でもってやってくれんかねぇ。。。。とおもっちゃう。

デブすぎて怪我・故障が多いのだろ。貴景勝の体躯はちょう・デブ過ぎて、手が短く見えて、どうしてもマワシとって相撲取れるタイプではない。大関維持も困難で陥落候補だ。
肝心の押し相撲も今場所は弱かった。怪我したの3日めというが、初日、2日めも負けとるで。

両横綱不在、新コロで休場力士が多い。優勝するには大チャンスだが自滅しちまった貴闘力。運も実力の内というからな。今後の精進に期待するだけですわっとんとん。

ただ、この体躯の力士は珍しいので存在価値は高い。デブはデブでも高安や正代とは体躯のバランスが違う。存在価値は高い。それだけで長く活躍するだろう。まー上がったり・下がったりするとは思うがね。

てなわけです。

で、デブの芝田山は九重の感染が発覚しても続行表明みたいだが、もっと広がったらどうすんかね。

posted by toinohni at 15:23| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください