2020年11月29日

セ・リーグ 強化のためには各球団が内部でかき回して刺激を作らないといかん

https://hochi.news/articles/20201129-OHT1T50016.html

阪神が巨人の山本泰寛内野手(26)を金銭トレードで獲得することが29日までに分かった。

阪神は今季、チーム失策数がリーグワーストの85。課題の内野手の強化のため巨人側に獲得を申し出た。

山本は慶応高、慶大を経て15年ドラフト5位で巨人に入団。1軍通算186試合で打率2割3分4厘、3本塁打、22打点。今季は1軍出場がなかったが、2軍では61試合で打率2割8分2厘、3本塁打、32打点の成績を残している。

現在は2軍のみやざきフェニックス・リーグに参加中。すでに本人にトレードは通達され、最終日の29日の日本ハム戦も巨人の選手として出場する予定。

-------------------------------------------------------
   阪神も巨人も弱い。よわっちーーーぐらいに弱い。2年連続でセ・リーグ覇者の巨人が2年連続でパ・リーグ代表のソフトバンクに4縦食らったのだ。恥ずかしいから、みんな引退しろよ、責任とって辞任しろよ。そしたらセ・リーグは消滅で、これ以上は恥を書かないですむぞ(笑)

というわけだが、ようするにセ・リーグファンは怒っている。なんで、ちみいらは弱いんだ、バカタレ・・・アホタレ・・・・ 焼肉のタレ・・・

もっとセ・リーグをかき回すべきだ。巨人も阪神も安穏としていては衰退する一方だ。

てなわけです。セ・リーグを活性化するにはどうするか。。。そんなのワイがわかるかよ、バカタレ!!  ただ、見る側から言うと、プロ野球は見世物である。見ていて面白い・・・というのが大事だ。面白いというのは漫才やれとかコントやれとかの話ではないからな(笑)

セ・リーグは気づいているだろうが、巨人人気にぶら下がる商法、戦略では衰退するだけだで。巨人は強くならない。見ていれば納得したろうが。
すると巨人人気にぶら下がる戦略も立ち行かなくなる。強い巨人があって人気の巨人があって、その巨人人気にぶら下がる商法で食っていくというのは困難なのだよ、バカタレ。

では、どうするか。もっと真面目に練習してだな、球団のスケジュールどおりに練習するのがプロ野球選手ではないぞ、アホタレのバカタレの無能ども。。。。。 なんだとーーー。

などといっても直ぐに何かが改善されるわけでもない。来季もセ・リーグは弱っちいだろう。だが、地道に数年間頑張ればなんとか対等なレベルになりうる可能性はあるとは思うが、どうだろうか、って知るかよだよよよよおぉぉぉぉーーーん。

バカは何やっても無理。セ・リーグは何もやらんので当然 無理(笑) 稲 麦 たんぽぽ

posted by toinohni at 12:47| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください