2020年11月27日

プロ野球 時代はとっくに変わってら・・・・・

https://hochi.news/articles/20201126-OHT1T50356.html

ワガハイはいつまでも「巨人の星」の巨人のイメージがあるのだ。もっとも星飛雄馬が活躍したのは監督が長嶋であり、V9の栄光の後の低迷した時代である。それでも巨人は輝いていた。
星飛雄馬は長嶋・巨人が勝つために魔球を生み出し、ついに右腕を壊して球界を去ったのであった。そういうフィクションさえもが当時の巨人人気に合致していたのである。

巨人は長嶋監督の頃には全盛期の選手らがとっくにピークを過ぎ、かといって台頭する若手も目立たず他球団と同レベルのドングリコロコロになっていた。それでも過去の栄光が忘れられず常勝・巨人という妄想に駆り立てられて他球団から大砲やエース級投手を次々と獲得して、その場しのぎ をする伝統を作り上げたのだった。どどーーーん。どーよ。なにがよ。

もっとも巨人人気にぶら下がる球界、特にセ・リーグの体質というものも問題だがな。

てなわけで、ソフトバンクに4縦を2年連続して食らった 弱っちい巨人 なのです。掛布や高木豊や桑田らがナニ言おうが巨人は強くならないしセ・リーグは強くならない。
球団経営陣をつつけ。もっと球団経営で儲けるんだという姿勢をつくりやがれ・なされ。ファンあってこそ成り立つ商売なのです。ようするに、見世物なのだ。エンターテインメントなのです。

ひょっとこして、来季も日本シリーズに巨人が出て惨敗するのではなかろうか。来季、巨人が強くなる可能性はない。今と同じレベルだろう。菅野がメジャー言ったら投手陣の整備は急務になるが、代わりに誰を・・・どっかから獲得するかに? 
パ・リーグはソフトバンクもロッテも強い。楽天も西武も強い。日ハムもオリックスも適度に強いと思われる(笑) 特にロッテはソフトバンクに唯一勝ち越している。選手層はソフトバンクが圧倒的に厚いと思うが、それでもロッテはソフトバンクに勝ち越している。
そこだよなあ。パ・リーグは強いチームどうしが切磋琢磨しているのだひでき。
それに対してセ・リーグは巨人人気にぶらさがるぜ作戦だから巨人の優勝を他球団の経営陣は願っているのだろ(笑) ここらをなんとかしないとセ・リーグは 弱っちい 状態のままであろう。

もはや、選手がどーたらこーたら、だけの問題ではないのであるなのです。どどーーん。

まあなんというか、カネだ。年俸だ。そりゃ選手からすれば高いほうがいいですなのです。いいですはんそん って人いなかったか。

まーなんというかね、屋根付き球場の差ね。セ・リーグ負けてるし。阪神は甲子園に屋根つけるぐらいの思い切ったことやって欲しいですわ。

でな、甲子園で活躍した高校球児らがプロ入って、甲子園のときはチョーチン記事ばかりだったことがバレとるし。スポーツ新聞はチョーチン記事ばかりで笑うしかないわ。

posted by toinohni at 08:02| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください